Top  Feedback (Main, Sub)  Tips  Software  My Mac  No!CCCD  Link  作成日:2010年03月06日
更新日:2010年06月27日

コラム:iPhoneを考える(第6回)
〜 iPhoneを買い換えるなら、料金プランはどれ? 〜

iPhoneの日本での普及に大きく寄与した「iPhone for everybodyキャンペーン」は、2010年1月一杯で終了しました。同キャンペーンを契約したユーザーがiPhoneを買い換える場合、どの料金体系が適用され本体価格は幾らになるのか。ソフトバンクモバイルに問い合わせてみました。以下に、その回答を整理します。

フィードバック・メニュー | 第1回 | 第2回 | 第3回 | 第4回 | 第5回 | 第6回 | 第7回 | 第8回 | 第9回

green第6回の目次

green iPhone 3Gから買い換えるなら(2010/04/27〜) (更新:2010/06/27)

2010/04/27からホワイトプランが改定され、2年契約の制度になりました。

なお、機種変更時にプランを変更する場合、「iPhone for everybodyキャンペーン」の契約解除料(9,975円)は免除されます。しかも、旧契約のホワイトプランの利用者は、新契約に変更する必要がありません。ソフトバンクショップの店員によっては、後述の「バリュープログラム(i)」に新契約が必須と誤解している人がいるので注意してください。新契約にすると、契約更新月以外に解約する場合に契約解除料(9,975円)を要求されます。

「バリュープログラム(i)」+「パケットし放題フラット」への切り替え

iPhone for everybodyキャンペーンでパケット料金が上限4,410円に貼り付いていた人、つまりほとんどのiPhoneユーザーにお勧めします。

ソフトバンクのオンライン料金案内で「月月割契約内容」を見ると、「月月割額(上限)」が「1,372円 (税込1,440円)」と表示されることがあります。ソフトバンクモバイルのサポート窓口曰く、契約時はこのように表示され、翌月からは480円が加算された金額が表示されるとのこと。(わかりにくいって…。)

「標準プライスプラン」+「パケットし放題forスマートフォン」への切り替え

月月割が減るため、iPhoneを使わない月が2年間で4ヶ月以上ある人にしか、お勧めできません。

備考

2010/04/27時点の記事では、「iPhone for everybodyキャンペーン利用者が買い換えるなら」と「Phone 3Gを発売当時に買って、そのままの人が買い換えるなら」の2つに分かれていました。その後、iPhone 4への機種変ではホワイトプランを新契約に変更することなく上記の両料金プランを選択でき、デメリットもないことが判明しました。そのため、キャンペーン利用者と非利用者で条件が同じになり、6/27に統合した記事に更新しました。

red iPhone for everybodyキャンペーン利用者が買い換えるなら(2010/02/01〜2010/04/26) (作成:2010/03/06)

注意:料金プランの変更により、2010/04/27以降は意味がなくなった記事です。

最初はシンプルだったiPhone用の料金プランですが、次第に複雑になってきました。そこで、ソフトバンクモバイルに問い合わせてみました。

個人的には「Wi-Fiバリュープラン(i)」に切り替えるつもり(でした)。同プランの欠点が気にならないためです。

「iPhone for everybodyキャンペーン」の継続

既に「iPhone for everybodyキャンペーン」に加入している場合、機種変更時に自動的に継続されます。

「Wi-Fiバリュープラン(i)」への切り替え

本プランで機種変更すれば、「iPhone for everybodyキャンペーン」は解約されます。この場合、同キャンペーンの契約更新月でなくても、契約解除料(9,975円)は免除されます。

「標準プライスプラン」への切り替え

これについては、ソフトバンクモバイルに問い合わせていません。下記の理由により、切り替える意味がありません。(もちろん、キャンペーンに未契約の場合は、検討する価値があります。)

キャンペーン契約の解除

これについても、ソフトバンクモバイルに問い合わせていません。下記の理由により、契約を解除する意味がありません。

red iPhone 3Gを発売当時に買って、そのままの人が買い換えるなら(2010/02/01〜2010/04/26) (作成:2010/03/06)

注意:料金プランの変更により、2010/04/27以降は意味がなくなった記事です。

「iPhone for everybodyキャンペーン」の開始前にiPhone 3Gを購入し、同キャンペーンに加入しないまま使い続けている人もいることでしょう。その場合の機種変更時の選択は、前述の場合より単純になります。

「Wi-Fiバリュープラン(i)」への加入

パケット料金が上限の5,985円に貼り付いている人は、本プランで機種変更しましょう。

「標準プライスプラン」への加入

パケット通信を行わない月が4ヶ月以上あるなら、本プランで機種変更しましょう。本体価格が高くても、パケット料金で取り返せます。

現状のまま

ソフトバンクモバイルを近日中に解約する方は、こちら?


フィードバック・メニュー | 第1回 | 第2回 | 第3回 | 第4回 | 第5回 | 第6回 | 第7回 | 第8回 | 第9回
top
文責:野尻隆裕 (Twitter @TakaNojiri)