Top  Feedback (Main, Sub)  Tips  Software  My Mac  No!CCCD  Link  更新日:2014年10月25日

その他のTips (1)


greenその他のTips (1) 一覧


AppleWeb共有/Apache

OS X 10.7 Lionまでは、システム環境設定の「共有」に「Web共有」があり、Webサーバを動かすことができました。OS X 10.8 Mountain Lionで使えなくなりましたが、下記の操作で復活させることができます。

Web共有は、Webページの動作/表示確認などには便利な機能です。しかし、Webページをインターネットに公開するには充分な知識が必要です。不十分な設定のまま公開すると、SPAMの踏み台サーバなどにされてしまいます。ご注意を。

green OS X 10.10 YosemiteでWeb共有を有効にする (2014/10/24)

Web共有を復活させる操作は、OS X 10.10 Yosemiteでは更に面倒になりました。

Web共有を開始する方法

  1. ホームディレクトリ内に「Sites」フォルダを作り、アクセス権を以下のように設定する。
    • 自分:読み/書き
    • staff:読み出しのみ
    • everyone:読み出しのみ
    (または、OS X 10.7 Lion以前の「サイト」フォルダをコピーしてきます。「サイト」フォルダの本当のフォルダ名は「Sites」ですが、不可視ファイル「.localized」が入っているため、「サイト」と表示されます。)
  2. 「Sites」フォルダ内に「index.html」ファイルを用意する。
  3. Finderの移動メニューの「フォルダへ移動」で「/etc/apache2/」へ移動し、「httpd.conf」ファイルを複製する。
    (失敗したときのために、複製を残します。これ以降の操作では、管理者のユーザ名とパスワードが必要となります。)
  4. 「httpd.conf」ファイルをデスクトップなどへコピーし、テキストエディット等で開く。
    (元のフォルダ内では、ファイルの内容を変更できません。)
  5. 次の2つの行を検索し、行頭の「#」を削除して保存する。
      #LoadModule userdir_module libexec/apache2/mod_userdir.so
      #Include /private/etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf
  6. 保存した「httpd.conf」ファイルを「/etc/apache2/」へ戻し、元のファイルを上書きする。
  7. Finderの移動メニューの「フォルダへ移動」で「/etc/apache2/extra/」へ移動し、「httpd-userdir.conf」ファイルを複製する。
  8. 「httpd-userdir.conf」ファイルをデスクトップなどへコピーし、テキストエディット等で開く。
  9. 次の行を検索し、行頭の「#」を削除して保存する。
      #Include /private/etc/apache2/users/*.conf
  10. 保存した「httpd-userdir.conf」ファイルを「/etc/apache2/extra/」へ戻し、元のファイルを上書きする
  11. 次の内容のテキストファイルを、デスクトップなどで作成する。
    ユーザ名部分は、自分のホームディレクトリ名である英文字です。)
      <Directory "/Users/ユーザ名/Sites/">
    	Options Indexes MultiViews
    	AllowOverride None
    	Require all granted
      </Directory>
  12. ファイル名を「ユーザ名.conf」に変更する。
  13. Finderの移動メニューの「フォルダへ移動」で「/etc/apache2/users/」へ移動し、「ユーザ名.conf」ファイルを入れる。
  14. 純正アプリの「コンソール」を起動し、次のコマンドを入力してreturnキーを押す。管理者のパスワードが要求されるので、それも入力してreturnキーを押す。
      $ sudo apachectl start
  15. ブラウザを起動し、アドレス欄に以下を入力する。
    (用意した「index.html」ファイルが表示されます。)
      localhost/~ユーザ名

Web共有を終了する方法

純正アプリの「コンソール」を起動し、次のコマンドを入力してreturnキーを押します。

  $ sudo apachectl stop

Web共有を再起動する方法

純正アプリの「コンソール」を起動し、次のコマンドを入力してreturnキーを押します。

  $ sudo apachectl restart

情報源:Stack Overflowosx - Apache localhost/~username/ not working

green OS X 10.8〜10.9でWeb共有を有効にする (2014/10/25)

Web共有機能はOS X 10.8 Mountain Lionで使えなくなりましたが、次の操作で復活させることができます。

Web共有を開始する方法

  1. ホームディレクトリ内に「Sites」フォルダを作り、アクセス権を以下のように設定する。
    • 自分:読み/書き
    • staff:読み出しのみ
    • everyone:読み出しのみ
    (または、OS X 10.7 Lion以前の「サイト」フォルダをコピーしてきます。「サイト」フォルダの本当のフォルダ名は「Sites」ですが、不可視ファイル「.localized」が入っているため、「サイト」と表示されます。)
  2. 「Sites」フォルダ内に「index.html」ファイルを用意する。
  3. 次の内容のテキストファイルを、デスクトップなどで作成する。
    ユーザ名部分は、自分のホームディレクトリ名である英文字です。)
      <Directory "/Users/ユーザ名/Sites/">
    	Options Indexes MultiViews
    	AllowOverride None
    	Order allow,deny
    	Allow from all
      </Directory>
  4. ファイル名を「ユーザ名.conf」に変更する。
  5. 移動メニューの「フォルダへ移動」で「/etc/apache2/users/」へ移動し、「ユーザ名.conf」ファイルを入れる。
  6. 純正アプリの「コンソール」を起動し、次のコマンドを入力してreturnキーを押す。管理者のパスワードが要求されるので、それも入力してreturnキーを押す。
      $ sudo apachectl start
  7. ブラウザを起動し、アドレス欄に以下を入力する。
    (用意した「index.html」ファイルが表示されます。)
      localhost/~ユーザ名

Web共有を終了する方法

純正アプリの「コンソール」を起動し、次のコマンドを入力してreturnキーを押します。

  $ sudo apachectl stop

Web共有を再起動する方法

純正アプリの「コンソール」を起動し、次のコマンドを入力してreturnキーを押します。

  $ sudo apachectl restart

情報源:Macとかの雑記帳OS X 10.8 Mountain Lion 向け、Web共有を手動で有効にする方法


AppleSafari

OS X 10.8 Mountain Lionと共にリリースされたSafari 6では、いくつかの機能が失われました。

green Safari 6:フォントを指定する (2012/07/30)

Safari 5までは、表示フォントのデフォルトを指定できました。しかし、Safari 6では指定できなくなりました。そのため、Webページでフォントを指定していない場合、日本語はヒラギノ明朝で表示されます。

Safari 5までのようにフォントを指定し、文字サイズを調節するには、スタイルシートを使います。

  1. テキストエディットなどに以下を入力する。
      @CHARSET "UTF-8";
      * {
    	font-family: "Lucida Grande", sans-serif;
    	font-size: 98%;
      }
      pre, code, kbd, samp, tt {
    	font-family: "Courier", monospace;
      }
  2. 保存時のフォーマットは「標準テキスト」。拡張子を「.css」を付けて任意のフォルダに保存する。
    (文字コードを指定できるエディタを使っている場合は、「UTF-8」に指定します。)
  3. Safariの環境設定の「詳細」タブの「スタイルシート」で、保存したファイルを指定する。

上の例では、英字は指定した"Lucida Grande"になり、日本語はsans-serif指定によってヒラギノ角ゴになります。日本語を任意のフォントに指定するには、赤い「Lucida Grande」部分をフォント名に置き換えます。例えば、ヒラギノ丸ゴを指定するには「Hiragino Maru Gothic Pro」に置き換えます。

上の例では、文字サイズを縮小しています。縮小率は、青い「font-size: 98%;」部分の数字で調節できます。縮小しないときは、この行を削除します。(私は縮小しません)

green Safari 6:ファイルをダウンロードする (2012/07/30)

Safari 5までは、「構成ファイル一覧」を使って、Webサイト内の任意のファイルをダウンロードできました。しかし、Safari 6には「構成ファイル一覧」がありません。

任意のファイルをダウンロードするには、Webインスペクタとダウンロードシートを使います。

  1. Safariの開発メニュー(隠し機能)の「Webインスペクタを表示」を選ぶ。
  2. Webインスペクタで任意のファイルを選び、「場所」欄からURLをコピーする。
  3. ツールバーの「ダウンロード」ボタンをクリックし、表示されたシートにURLをペーストする。

これで、任意のファイルをダウンロードできます。


AppleQuickTime Player

QuickTime Playerでファイルの保存や書き出しを行うには、QuickTime Proへのアップグレードが必要です。

green ログイン時に音や映像を再生する (2006/02/24)

Mac OS 7〜9の時代に、Macintoshの起動時に音声を鳴らすという遊びがありました。やりかたは簡単で、System7サウンド形式の音声ファイルを作って、システムフォルダの起動項目に入れておくだけでした。Mac OS Xにも起動項目に相当する「ログイン項目」機能がありますが、System7サウンド形式のファイルは再生できません。

その代替手段として、QuickTimeムービーを使う方式を紹介します。音声や動画をログイン直後に再生できます。

自動再生の設定

スタートアップ・サウンド/ムービーを作る方法

  1. 音声ファイル(または動画ファイル)を、バージョン7以降のQuickTime Playerで開く。
  2. ファイルメニューの「別名で保存」を選び、「保存」をクリックする。
  3. ウインドウメニューの「ムービーのプロパティを表示」を選ぶ。
  4. 一覧からファイル名を選び、「プレゼンテーション」タブをクリックし、以下をチェックする。
    • ムービーを開いたときに自動的に再生する
    • ムービーを開いたときにフルスクリーンモードにする(動画ファイルを使う場合)
    • 再生後に自動的に閉じる/再生後に自動的に終了する
  5. 「オーディオ設定」タブをクリックし、「音量」を調節する。
  6. プロパティのウインドウを閉じ、ファイルメニューの「保存」を選ぶ。

ログイン時に自動再生する方法

  1. システム環境設定の「アカウント」をクリックし、「ログイン項目」タブをクリックしする。
  2. 上記の方法で作成したファイルを、一覧にドラッグ&ドロップする。

Mac OS Xにログインする際に、QuickTime Playerが自動的に起動して、上記のファイルを再生します。再生後にファイルを閉じるか、QuickTime Playerも終了するかは、「プレゼンテーション」タブの設定によります。


オンラインソフトを使う方法

SystemSound Extension(フリーウェア)もお勧めです。

「SystemSound.prefPane」を"(ホーム)/ライブラリ/PreferencePanes"フォルダに入れると、システム環境設定に「SystemSound」が加わります。ここでログイン時の音声やログアウト時の音声を設定できます。System7サウンド形式のままでも再生できます。なお、動画は再生できません。

付属する「SystemSound Converter」を使うと、System7サウンド形式のファイルをAIFF形式やWAVE形式に変換できます。

green MP3ファイルを編集する (2002/10/01)

QuickTime PlayerではMP3サウンドも編集できますが、「保存」や「別名で保存」をするとQuickTimeムービー形式で保存されます。「書き出し」するとAIFF形式などにできますが、MP3形式にはできません。

再エンコードする方法

まずサウンドファイルをQuickTimeムービー形式で保存し、次にiTunesに取り込みます。iTunesでは「選択項目をMP3に変換」でMP3形式にエンコードできます。

ただしMP3エンコードの際に、若干ですが音質が劣化します。

再エンコードを避ける方法

QuickTime 2.5のムービープレーヤ(Classicアプリ)があれば、原音を保つことができます。(…多分)

まずサウンドファイルをQuickTimeムービー形式で保存します。使用するツールはQuickTime Playerですが、バージョンは問いません。ムービープレーヤでも構いません。

次に、QuickTime 2.5付属のムービープレーヤでファイルを開き、「別名で保存」します。保存する際には、「Mac OS以外でも再生可」のチェックを必ず外しておきます。これでMP3サウンドを再エンコードせずに編集できます。

情報源:アップル社のDiscussion Boards音声トラックをMP3形式で保存するには?

追記 (2006/02/13)

以下のソフトウェアもお勧めです。

green MPEG-4ファイルを編集する (2002/12/14)

MPEG-1およびMPEG-2のファイルと異なり、MPEG-4ファイルはQuickTime Playerで編集できます。しかし、ファイルメニューの「保存」および「別名で保存」を選ぶと、MPEG-4ファイルではなく、QuickTimeファイルとして保存されてしまいます。

MPEG-4ファイルのまま保存するには、ファイルメニューの「書き出し」を選び、「オプション」の設定で「ビデオトラック」と「オーディオトラック」を「そのまま」にします。(「そのまま」にしないと、再エンコードの時間がかかり、品質は劣化します)

同じ方法で、ビデオや音声にMPEG-4コーデックを使ったQuickTimeファイルも、再エンコードせずにMPEG-4ファイルに変換できます。

詳しくは、Desire for wealth(11月13日の記事)をご覧ください。

green MPEG-1およびMPEG-2からQuickTime形式へ変換する (2004/10/22)

サウンドなしMPEG-1形式やMPEG-2形式のファイルをQuickTime Playerで開き、QuickTime形式(またはMPEG-4形式)に変換して書き出すと、音声トラックが失われます。これを防ぐには、MPEG Streamclipをお勧めします。

なお、MPEG StreamclipでMPEG-2形式のファイルを扱うには、MPEG-2再生コンポーネントが必要です。

以前はQuickTime Playerを使う方法を紹介していたのですが、MPEG Streamclipを使うほうが簡単で、画質も優れているので、本ページから削除しました。古い記事は、Tipsのゴミ箱に移しました。

情報源:アップル社のDiscussion BoardsVOBをQTへ変換

追記 (2009/02/15)

QuickTime 7.6にて音声トラックを書き出せるようになりました。
MPEG-2形式のファイルの場合、上記のMPEG-2再生コンポーネントを入れることで、再生と書き出しができるようになります。ただし、音声がAC3コーデックのときは映像しか再生できないので、音声を書き出せません。上記のMPEG Streamclipを使うと、AC3コーデックでも再生と書き出しができます。

green ムービーをフルスクリーン再生する (2004/05/13)

Proバージョンへアップグレードした場合

QuickTime Playerでムービーを開き、ムービーメニューの「ムービープレゼンテーション」を選びます。

参照先:Apple - QuickTime - Theater - Full Screen

標準バージョンのままの場合

以下の方法でフルスクリーン再生できることを、QuickTime 6.5.1で確認しました。

  1. 下記のサイトからQuickTime Scriptsをダウンロードする。
  2. スクリプトエディタ/Applications/AppleScript/Script Editor.appで「QuickTime Scripts」内の「Present Front Movie.scpt」を開き、「-- CHECK FOR QUICKTIME PRO」以下の段落をひとつ削除して保存する。
  3. 改変した「Present Front Movie.scpt」をScript Menuに登録する。
  4. QuickTime Playerでムービーを開き、Script Menuの「Present Front Movie」を選ぶ。

参照先:Scriptable Applications: Quicktime Player

正直迷いましたが、載せることにしました。クラッキングには当たりませんから。

Script Menuの使い方

  1. メニューバーにScript Menu(図参照)がない場合は、Install Script Menu /Applications/AppleScript/Install Script Menu.appを実行する。
    (OSのバージョンによっては、Script Menu.menuになります)
  2. Script Menuから「スクリプトフォルダを開く」を選び、メニューから使いたいAppleScriptを、表示されたフォルダ~/Library/Scriptsへ入れておく。
    Script Menuの「スクリプトフォルダを開く」
  3. Script Menuから使いたいスクリプト名を選ぶ。

green Webページ内のムービーをQuickTime Playerで開く (2004/05/11)

アップル社のMovie Trailersのように、QuickTimeムービーが埋め込まれているWebページがあります。これらのムービーをフルスクリーンや2倍のサイズで再生したくても、Webページ内で指定したサイズしかで再生できません。HDDに保存してからQuickTime Playerで再生すれば、再生サイズを変更できます。しかし、保存できないムービーもあります。

次の手順で操作すると、ダウンロードできないムービーであっても、QuickTime Playerで再生できます。(例外アリ)

  1. ムービーを含むページをSafariで表示する。
  2. ウインドウメニューの「構成ファイル一覧」を選ぶ。
  3. 一覧から拡張子movのファイルを選び、ダブルクリックする。
  4. ウインドウが表示されるので、そのURLをコピーする。
  5. QuickTime Playerのファイルメニューから「新規PlayerでURLを開く」を選ぶ。
  6. URLをペーストし、OKをクリックする。

かなり面倒です。しかし、下記のAppleScriptを使うと、同じ操作を簡単に実行できます。メニューバーのScript Menuに登録してお使いください。詳しくは、下記のAppleScriptを開いて「説明」欄をお読みください。

AppleScript「ムービーをQTPlayerで開く.scpt」のダウンロード (2004/06/07)

下記の圧縮ファイルをダウンロードしてください。

作者:KAPPAさん


AppleiPod

green アーティスト・アルバム・曲を「読み」の順に並べ替える (2007/03/07)

iPodでアーティスト名・アルバム名・曲名などをスクロールする際、もっとも苛つくのが、これらの並び順です。英字、かな&カナ、漢字の順に並ぶため、曲名などの「読み」を念頭に置いて探すと、あさっての場所を探すことがあります。その上、漢字の並び順は文字コード順なので、(概ね音読みの順になっているものの)どこに並んでいるか探すのが大変です。

iTunes 7.1から、曲の情報に「並び替え」タブが追加されました。アーティスト名・アルバム名・曲名などの読み仮名をここに入力しておくと、アーティスト名・アルバム名・曲名などが読み仮名の順にソートされるようになります。(iPodの全モデルで有効かどうかは確認していませんが、初代iPod nanoで有効であることを確認しました。)

関連するフィードバック:iTunes 5:曲情報に読み仮名が欲しい

iTunes 7.1以降の場合

iTunes内の全曲に入力するのは大変ですが、省力化の手段があります。1曲にこれらを入力したあと、その曲を右クリックして「並び替えフィールドを適用」を実行すると、アーティスト名が同じすべての曲にアーティスト名の読み仮名が、アルバム名が同じすべての曲にアルバム名の読み仮名が、曲名が同じすべての曲に曲名の読み仮名が、それぞれ適用されます。

iTunes 8以降の場合 (2008/09/17)

複数の曲を選択して情報画面を表示すると、「並び替え」タブを一括して設定できます。

green USB1.1端子に接続する (2004/07/27)

Mac OS X 10.3.4での機能改善には、次の項目があります。

USB 2.0経由で接続されたiPodがiTunesとiSyncで認識可能

ところが、USB 1.1端子しか持たないMacでもiPodは正常にマウントされ、iTunesとiSyncで同期できました。充電中マークも表示されます。(ただし、充電に何時間かかるか、そもそも電力消費に充電が追いつくのか、調べていません)

iPod miniや第4世代iPodには、FireWireケーブルとUSBケーブルが付属します。ACアダプタと接続できるのはFireWireケーブルだけですから、目的に応じて2本を使い分けてみると面白いかもしれません。

参照先:Advanced SearchiPod: USB 1.1 接続を使用する(記事ID:61935) (2004/09/08追記)

green 音声ファイルをオーディオブック形式に変換する (2004/12/05)

オーディオブック形式の音声ファイルには、iPodで再生を中断した位置を記憶していて、次回は続きから再生できるという特徴があります。そのため、本の朗読を録音したものはもちろん、学習教材の音声をiPodで聴くときにも役立ちます。映画の音声を録音して通勤中に聴くという使い方も楽しそうです。

iTunesで扱える音声ファイルなら、次の操作でオーディオブック形式に変換できます。

  1. AAC形式ではない場合、まずAAC形式に変換します。(環境設定の「読み込み」でAACエンコーダに設定し、曲を選んだ状態で詳細設定メニューの「選択項目をAACに変換」を選びます。)
  2. Macの場合:ファイルタイプを「M4B」に変換します。(フリーウェアのAAC変換 for iTunesを使うと便利です。)
    Windowsの場合:拡張子を「.m4b」に変更します。

iPodに転送済みの曲の場合、iTunes上で変換してもiPodに反映されません。いったんiPodから削除し、改めて転送しなおしてください。

追記 (2006/02/14)

iTunes 5以降では、曲の情報ウインドウの「オプション」タブに「再生位置を記憶」という項目が加わりました。これをチェックすると、MP3形式やAAC形式であっても、再生を中断した位置を記憶してくれます。

参照先:Advanced SearchiTunes 5 以降のバージョンで、オーディオおよびビデオファイルをブックマークする(記事ID:302250)


AppleiTunes

green AppleScriptで歌詞の有無を調べる (2006/04/17)

下記のAppleScriptを使うと、iTunesの「ライブラリ」内の「ミュージック」にあるファイルのうち、歌詞のあるものだけを抽出したプレイリストや、歌詞のないものだけを抽出したプレイリストを作成できます。

使い方は簡単。Zipファイルを解凍し、中のファイル「プレイリスト作成:歌詞有無」をダブルクリックして開きます。AppleScriptエディタが起動するので、「実行」ボタンを押すだけです。次に表示されるダイアログでボタンを押すと、選んだボタンに応じてiTunesに「歌詞なし」または「歌詞あり」プレイリストが作成されます。

ただし、このAppleScriptをそのまま実行すると、「ミュージック」内のすべてのファイルをチェックします。短時間で処理を終えるには、対象となるプレイリストをあらかじめ指定することをお勧めします。この場合、AppleScriptエディタで開き、文中の3箇所の"ミュージック"を任意のプレイリスト名に変更します。

応用版:自動的に歌詞を埋め込む方法

次の操作をすると、歌詞のない曲に効率的に歌詞を埋め込むことができます。(要Mac OS X 10.4以降)

  1. ポッドキャストや動画ファイルを含まないプレイリストを作成する。
  2. このAppleScriptを手順1のプレイリストに使い、「歌詞なし」プレイリストを作成する。
  3. TunesTEXTまたはSing that iTune!をインストールする。
  4. Dashboardを開発者モードにして、手順2のWidgetをデスクトップに常駐させる。(操作については、下記の「関連するTips」を参照。)
  5. iTunes Music Store Playerを使い、手順2の「歌詞なし」プレイリストの曲を短時間ずつすべて再生する。

関連するTips:WidgetをDashboardの外で使う


このAppleScriptの作成にあたって、下記のAppleScriptを参考にさせていただきました。

追記 (2011/05/22)

iTunes 7〜10で動作するように、AppleScriptを改良しました。同時に上記の記事を加筆しました。

green 裏技キーボードショートカット (2004/06/16)

iTunesには、メニューに載っていないキーボードショートカットがあります。これらはiTunesのヘルプに載っていますが、何故か載っていない裏技キーボードショートカットもあります。

要するに、Safariの編集メニューの「Google検索」と、履歴メニューの「ホーム」に相当するキーボードショートカットです。Safariと同じように操作できるようにしたのでしょう。

隠しメニューの英語表示この隠し機能は、iTunes 4.6をMac OS X 10.2.xで動作させたときに表示される隠しメニューによって明らかになりました。(Mac OS X 10.3.4では隠しメニューを表示できませんが、裏技は有効です)

情報源:アップル社のDiscussion Boardsメニューのバグ?

green PDFをメタ情報で管理する (2005/03/06)

PDFをiTunesウインドウにドロップすると、音楽ファイルと同じようにPDFを登録・管理できます。

PDFを属性でソートした例ジャンルを「PDF」に設定し、アーティスト・アルバム・コメントなどの属性に、作成者名・配布元・キーワードなどを入力することで、これらを使って検索できるようになります。(何をどの属性に割り当てるかは、工夫してください)

PDFを開くには、ファイル名をダブルクリックします。Adobe Readerやプレビューなどのアプリケーションで表示されます。

なお、音楽の再生中にPDFを開いても、音楽の再生に影響しません。再生時間0秒の曲ファイルとして扱われるので、プレイリストなどに混ざっても誤って再生(?)される心配はありません。

この機能はバグではなく、iTunes Music Storeでアルバムを買うと付いてくるCDジャケットのPDFを、アルバムの曲と共に管理するためにあるそうです。

Mac OS X 10.4 "Tiger"のウリのひとつ「Spotlight」。これを疑似体験できるTipというところでしょうか。PDFに十分なメタデータがなければ、自由に属性を入力できる点でSpotlightよりも役立つかもしれませんね?

情報源:Slashdot JapaniTunesでPDFファイルの管理ができる

green メニューからプレイリストを選んで再生する (2004/08/07)

下記のAppleScriptを「パーティーシャッフルを再生」といった名前でScript Menuに登録すると、メニューからプレイリストを選んで再生できるようになります。iTunesウインドウを縮小表示したままでも、ほかのアプリの背面に回したままでも、プレイリストを切り替えられます。

tell application "iTunes"

play playlist "パーティーシャッフル"

end tell

--このAppleScriptはパーティーシャッフル再生用です。文中のパーティーシャッフル を、任意のプレイリスト名で置き換えてください

iPodを接続すると、「ソース」リストのiPodが自動的に選ばれます。そこで、元のプレイリスト(私の場合は「パーティーシャッフル」)を選びなおすために使っています。

green iTunesについてのAdvanced Search (2003/12/13)

アップル社のAdvanced Searchの情報のなかで、個人的に便利だと思ったものを紹介します。


AppleClassic

green 【Mac OS X 10.4.11まで】Classic環境にNetBoot用のMac OS 9を使う (2003/12/24)

用途

製品付属のリストアCDからClassic環境をインストールできる場合は、この手段は必要ありません。次の場合に自己責任でお使いください。

方法

下記の手順でインストールします。

  1. アップル社よりNetBoot for Mac OS 9のディスクイメージをダウンロードし、マウントする。
  2. なかにあるNetBoot_J.pkg(日本語の場合)をダブルクリックし、インストールする。(エラーがおきても無視します)
  3. NetBootInstallationフォルダの情報ウインドウを表示し、オーナーを自分に変更してアクセス権を「読み/書き」に設定する。
  4. NetBootInstallationフォルダにあるNetBoot HD.imgをマウントする。
  5. なかにあるシステムフォルダとApplications (Mac OS 9)フォルダを、HDDへコピーする。
  6. システム環境設定のClassicで、Classic環境に指定する。
  7. NetBootInstallationフォルダを捨てる。
  8. Classic環境を立ち上げる。
  9. アップル社よりMac OS 8.6/9用のQuickTime 6.0.3をダウンロードし、インストールする。(付属のQuickTimeはバージョン5です。Mac OS X 10.3の付属文書によると、Classic環境のQuickTimeは6.0.3以降なければならないそうです)

制限

上記の方法でインストールしたMac OS 9をClassic環境として使うことについて、アップル社による動作保証はありません。また、起動ディスクに指定したときに何が起きるか、私は調べていません。通常の方法でMac OS 9やClassic環境をインストールするのが一番確実です。本来のインストール方法が使えない場合の緊急避難措置として、自己責任でお使いください。

インストールに必要なMac OS Xが使える機種で、Mac OS 9が付属しない機種はほとんどありません。しかし、そのような機種をお使いで、Mac OS 9を購入したことがない方は、必ずアップル社より正規のMac OS 9を購入してください。(Mac OS 9の別売サービスは終了しました)

green 【Mac OS X 10.4.11まで】ユーザごとにClassic環境を独立させる (2002/08/27)

Classic環境用のシステムフォルダを全ユーザで共用していると、セキュリティホールの一種になります。セキュリティの心配なくClassicを使うには、システムフォルダをユーザごとに独立させる方法が有効です。また、ユーザごとに異なる言語のシステムフォルダを使いたいときにも有効です。

アカウントの「許可される操作」次の手順で操作します。

  1. 管理者でログインし、Classicを使う各ユーザの「ドロップボックス (~/Public/Drop Box)」フォルダにシステムフォルダをコピーする。
  2. 管理者も含む各ユーザでログインし、「ドロップボックス」フォルダから各自のシステムフォルダを「書類 (~/Documents)」フォルダに移す。
  3. システム環境設定の「Classic」の「起動/停止」タブで、各自のシステムフォルダを指定する。(下図)
    システムフォルダを指定
  4. Classic環境で使うアプリケーションは「Applications (Mac OS 9) (/Applications (Mac OS 9))」フォルダにすべて移す。
  5. システム環境設定の「アカウント」の「ユーザ」タブの「許可される操作」で、ユーザごとに利用できるアプリを指定する。(右図)
    (同様に、OS X ネイティブアプリは「アプリケーション (/Applications)」フォルダに入れると、ユーザごとに利用を許可できます)

以上の設定がすべてのユーザで完了すると、手順4の手段で他人のシステムフォルダに切り替えることができなくなります。

Mac OS X 10.2からボリューム内にシステムフォルダを複数持てるようになったため、このTipsを安心して使えるようになりました。

システムフォルダのアクセス権ホームの直下にシステムフォルダを起きたい場合

システムフォルダの「情報を見る」画面で、次のように設定します。(右図)

オーナーを変更する際に、管理者のユーザ名とパスワードが必要なので、ちょっと面倒です。

green 【Mac OS X 10.4.11まで】ユーザごとにClassic環境を【半ば】独立させる (2002/08/26)

システムフォルダは1つで済ませたいが、初期設定などの環境はユーザごとに独立させたい。そういう場合は、上記の方法より手軽な方法があります。

システム環境設定の「Classic」の「詳細設定」タブにある、「ホームフォルダの環境設定を使う」をONにします。システムフォルダのアクセス権は次のように設定します。(普通はこのように設定されています)ホームフォルダの環境設定を使う

こちらもMac OS X 10.2から可能になりました。

green 【Mac OS X 10.4.11まで】CarbonアプリをClassic環境で起動する (2002/03/01)

Carbonアプリには、Mac OS 9でも使えるものと、Mac OS X専用のものがあります。前者はClassic環境でも使えますが、あらかじめ次の手順で設定する必要があります。

  1. アプリケーションのアイコンを選択し、ファイルメニューの「情報を見る」を選ぶ。
  2. 「Classic環境で開く」にチェックを入れ、情報ウインドウを閉じる。

これでClassic環境で起動するようになります。使用しているプリンタがMac OS Xに対応していなくても、Classicアプリとして起動すればMac OS X用のドライバで印刷できます。

Acrobat Reader 5の不思議

Acrobat Reader 5はCarbonアプリです。しかし、Mac OS Xに付属するバージョン5.0はMac OS X専用で、Adobe社のWebページからダウンロードできる最新版はMac OS 9とMac OS Xの両方に対応しています。

2種類のAcrobat Reader 5
バージョン5.0 バージョン5.0.5
Mac OS X専用 「Classic環境で開く」がある

green 【Mac OS X 10.4.11まで】Classicアプリを強制終了する (2002/01/22)

commandoptionesc」のキーボードショートカット(またはアップルメニューの「強制終了...」)で「アプリケーションの強制終了」ダイアログを表示できますが、Classicアプリを選択して[強制終了]ボタンをクリックすると、Classic環境ごとすべてのClassicアプリが強制終了されてしまいます。

クラリスワークス4を強制終了しかし隠し機能を利用すれば、Classicアプリも個別に強制終了できます。Dockのアイコンを「commandoption+クリック」し、そのまま押し続けるとポップアップメニューに「強制終了」が表示されます。

このTipsで個別に強制終了できたとしても、すぐにClassic環境を再起動することをお勧めします。…所詮はMac OS 9ですから。

情報源:pierre design bbs(pierreさんの書き込みより)

追記:ΨホルホルΨさんのご指摘を受け、表現を見直しました。ありがとうございます。(2002/04/22)


Tipsメニュー − (トラブルシュート / OSとFinder / ファイル共有 / iPhone / その他 (1) (2) / ゴミ箱) top
文責:野尻隆裕 (Twitter @TakaNojiri)