Top  Feedback (Main, Sub)  Tips  Software  My Mac  No!CCCD  Link  更新日:2008年02月01日

その他のTips (2)


greenその他のTips (2) 一覧


AppleClamXav(フリーウェアのアンチウイルスソフト)

green ClamXavのリンク集 (2007/02/13)

ClamAVというオープンソースのアンチウイルスソフトがあります。様々なOSで動作し、ウイルス定義ファイルの更新も早く、もちろんMac OS Xでも動作します。ただし、ソースを自分でコンパイルしてコマンドラインで操作するものなので、一般的なユーザには導入しにくいソフトでもあります。

そんなClamAVを導入しやすくしたものが、ClamXavです。普通のGUIのあるMac OS X用アプリケーションで、Mac OS X標準のインストーラを採用し、誰でも導入できます。

ClamXavの入手先

Webページは英語ですが、ソフトは日本語に対応しています。

ClamXav.com("Download" > "Download ClamXav"の順にクリック)
…フリーウェアですが、気に入ったらカンパしましょう。

ClamXavのインストール

インストールは簡単です。中級以上の方には説明不要でしょう。ですが初心者を自任される方は、下記のページをご覧ください。ステップごとに画面例入りで説明してくれます。

ClamXavのインストール(ページの上端にある"Install - 2", "Install - 3"などを順にクリック)

ClamXavの使いこなし

使いかたは簡単です。ですが、もっと使いこなしたいという方には、下記のページをお勧めします。

ClamAV と ClamXav: 第一回 ClamXav の環境設定(Virexの代わりに使うなら、これでOK)ClamAV と ClamXav: 第二回 ClamAV による定期スキャンと更新(本ページでVirexについて書いたような使いこなし方法)

ClamAV と ClamXav: 第三回 ウィルス定義ファイルの自動更新(さらに安全に使う方法。ホームサーバに使うなら必読)

ClamAVについてもっと知るには

ClamAVのページ

yellow ClamXav 1.1.0でCPUに負荷がかかる (2008/02/01)

ClamXav 1.1.0を使っていてCPUに負荷がかかりすぎる場合、次のように設定すると負荷を下げることができます。ただし、監視先フォルダに「ウイルス入りのフォルダ」が作られた場合、ウイルスを発見できないと思います。ご注意を。


AppleVirex(.Mac付属のアンチウイルスソフト)

以下に、Virex 7.2.1でリアルタイムスキャンを行う方法を書いているものの、正直なところ、Mac OS Xのウイルス対策にリアルタイムスキャンは不要と思います。特にClassic環境を使わない場合は、感染しうるウイルスが1つもなくウイルス対策そのものが不要です。Windowsと併用する場合でも、Windows側でウイルスを発見してからMac側を検査するだけで十分でしょう。

green Mac OS X 10.4でVirexを使う (2005/05/04)

Virex 7.5.1はMac OS X 10.4非対応です。また、現時点では対応版のリリースは予定されていません。アップル社からほかのアンチウイルスソフトが提供される予定もありません。

けれども、旧バージョンVirex 7.2.1が配布されていますので、ウイルス定義ファイルの提供が終了する2006年4月末まで、これでしのげるはずです。

最新版ウイルス定義ファイル:McAfeeダウンロード

ウイルス定義ファイルの更新頻度を改善するには:VirexのeUpdateをMcAfeeのサーバーに変更する

Virexをアンインストールするには:.Mac: Virexのアンインストール方法(記事ID:301291)

関連するフィードバック:Virex 7.5.1:Mac OS X 10.4 Tigerに対応していない

追記 (2005/06/18)

いつの間にか、Virexの配布が終了されていました。.Macページには、次の記述があります。なお、アップル社によるウイルス定義ファイルの更新頻度は非常に低いので、上記のリンク先を参考にすることをお勧めします。

現在、Appleでは、既にVirexをダウンロードしたメンバーの皆様に対して、ウィルス定義(DAT)ファイルをひき続き提供しています。Virex 7.2.1はMac OS X v10.4 "Tiger"に対応し、Virex 7.5.1はMac OS X version 10.1.5から10.3.9までのみに対応しています。


さらに、ウイルスの予想侵入経路に罠を張ることで安全性を向上できます。

ウイルスの予想侵入経路

下記のフォルダが最も危険です。しかし、すべてに罠を設置すべきかどうかは、使い方によって異なります。

罠の設置方法

以下の2種類の方法があります。好みによって使い分けてください。

そのほかに、罠を張るのではなく、場所を指定して定期的に検査する方法もあります。(ただし、起動ディスク全体を検査すると、何時間もスキャンし続けます。上記のSystem Eventの暴走が気になります。)

留意点

green フォルダを自動的に検査する(アプリケーション版) (2004/03/27)

下記のAppleScriptをフォルダアクションとして指定しておくと、指定したフォルダにファイルが加わったときに、Virexで自動的に検査できます。ウイルスの予想侵入経路に指定しておくことをお勧めします。

on adding folder items to this_folder after receiving added_items

try

set fileList to added_items

if 1 is equal to length of fileList then

tell application "Finder" to set the_alias to added_items as alias

else

tell application "Finder" to set the_alias to this_folder as alias

end if

end try

tell application "Virex 7.2" to open the_alias

tell application "Virex 7.2" to activate

end adding folder items to

--このAppleScriptはVirex 7.2用です。ほかのバージョンを使う場合は、文中のVirex 7.2 を変更してください

フォルダアクションの使いかた

フォルダアクションを添付アプリケーションフォルダにあるスクリプトエディタを立ち上げ、上記のテキストをコピー&ペーストします。これを「スクリプト」フォーマットで、次の場所に保存します。
/Library/Scripts/Folder Action Scripts/

Mac OS X 10.3以降では、controlキーを押したままフォルダをクリックして「フォルダアクションを添付(フォルダアクションを関連づける)」を選び、先ほど保存したスクリプトを指定します。
(Mac OS X 10.2.xでは、/Library/Scripts/Folder Actions/のスクリプトを使って指定します)

green フォルダを自動的に検査する(コマンドライン版) (2005/05/04)

下記のAppleScriptをフォルダアクションとして指定しておくと、指定したフォルダにファイルが加わったときに、コマンドライン版のVirexで自動的に検査できます。バックグラウンドで動作するので、煩わしさがありません。

フォルダアクションを設定する

  1. 圧縮ファイルVirexFolderActions.zip(容量:約4KB)をダウンロードし、解凍します。
  2. 次のファイルが現れるので、それぞれをFolder Action Scriptsフォルダ(/Library/Scripts/Folder Action Scripts/)に保存します。
    • Virex auto scan.scpt (ウイルス検出用)
    • Virex virus report.scpt (レポート表示用)
  3. ウイルスの予想侵入経路のそれぞれに、Virex auto scan.scptをフォルダアクションとして指定します。
  4. ホームのライブラリのLogsフォルダに、VirexReportフォルダを作ります(~/Library/Logs/VirexReport)。そこに、Virex virus report.scptをフォルダアクションとして指定します。

フォルダアクションについては、「フォルダアクションの使いかた」をご覧ください。

設定を確認する

Virex virus report.scptの報告テスト用ファイルeicar.comをダウンロードし、Virex auto scan.scptを設定したフォルダに入れます。
ウイルスを検出したとダイアログで表示されれば、設定は成功です。VirexReportフォルダ内のUsersフォルダを削除してください。

動作の仕組み

Virex auto scan.scptが、発見した感染ファイルをVirexReportフォルダにコピーします。さらに、コピー元のファイルからウイルスを駆除します。最後に、Virex virus report.scptがウイルスを検出したことをダイアログで知らせます。

感染ファイルを確認したら

VirexReportフォルダ内のUsersフォルダには、感染したままのファイルが入っています。感染ファイルを確認したら、Usersフォルダごと削除してください。

コピー元の感染ファイルからはウイルスが駆除されています。しかし、駆除できないウイルスもあるので、感染ファイルをVirexアプリケーションで再検査することをお勧めします。

使用上のご注意

green 【Mac OS X 10.4.xまで】場所を指定して定期的に検査する (2003/05/28)

Virexには、Macの起動時にホームディレクトリを検査する機能があります。しかし、時刻を指定して検査する機能はありません。また、ホームディレクトリ以外は手動で検査するしかありません。

これらを行なうには、Mac OS Xのcron機能を用います。cronは、本来ならTerminalから設定するものですが、CronniXを用いると比較的簡単に設定できます。

green ほかのユーザのホームディレクトリを検査する (2003/05/28)

Virexアプリケーションでほかのユーザのホームディレクトリを検査すると、アクセス権がないと表示されます。

これを回避して検査するには、Terminalでsudoコマンドを用います。


AppleFont

green MSフォントを無料で使う (2005/02/28)

Windows標準のMS明朝、MS P明朝、MSゴシック、MS Pゴシックなどを、マイクロソフト社のWebページより無料で入手できます。これにより、Windows環境とのあいだで文書の互換性が向上します。

  1. Microsoft Office 2004 for Mac体験版のディスクイメージをダウンロードする。
  2. ディスクイメージをマウントし、FontsフォルダOffice 2004 Test Drive/Microsoft Office 2004/Office/FontsをHDDへコピーする。
  3. コピーしたFontsフォルダの中身を、ライブラリのFontsフォルダ/Library/Fonts/へ移動する。
    (Internet Explorerをインストールしていると、同名のフォントがいくつかあります。これらはバージョンが古いので、上書きして構いません。
    一人で使う場合は、ホームフォルダ内のFontsフォルダでも構いません。)
  4. これらのフォントを使うアプリケーションを、再立ち上げする。Macの再起動でもOK。

Safariの環境設定で等幅フォントに指定すると、良い感じです。>MSゴシック

上記の行為がライセンス違反になる可能性を懸念していましたが、アップル社のDiscussion Boardsに下記の投稿されたことにより、ライセンス違反になる恐れはないものと判断しました。

体験版そのものは30日で使用期限が切れてしまいますが、期限後のフォントの使用についてフォントベンダーのリコー社に問い合わせたところ、
「体験版MacOffice2004のMSゴシック・MS明朝はデモ使用期限後もそのままお客様の環境でご使用いただいてかまいません」とリコー社を通じてマイクロソフト社からの回答がありました。

マイクロソフト社のご好意に感謝。これでMac OS Xは、Windowsと並んで、MSフォントを合法的に無料で利用できるプラットフォームになりました。

情報源:アップル社のDiscussion BoardsMSフォントの合法的な入手が可能です

関連するフィードバック:Safari 1.2:Osaka-等幅フォントで表示できない


AppleAppleWorks 6

green AppleScriptを使って計算する (2003/03/29)

AppleScriptを使うと、AppleWorks 6のワープロ画面に計算させることができます。


Get QuickTime

  1. 下記のScriptファイルをScript Menuに登録する。
    (画面解像度によっては、AppleWorks 6が最前面あるとScript Menuが隠れることがあります)
  2. AppleWorks 6のワープロ画面で計算式を入力し、計算式を選択します。
  3. Script Menuから「選択範囲を計算する」を選択します。
    ダイアログが表示されますがすぐに消え、選択範囲の表記が必要に応じて整形されて、計算結果が追記されます。(ムービー参照)

なお、AppleWorks 6の表計算画面で使った場合は、選択したセルが計算結果で置き換えられます。クリックするとムービーを表示

AppleScript「選択範囲を計算する.scpt」のダウンロード

下記の圧縮ファイルをダウンロードしてください。StuffIt Expanderで解凍できます。本ScriptはAppleWorks 6が存在する環境のみで動作します。本Scriptの使用に際しては、自己責任でお願いいたします。

CalculateScpt.sit(約15KBの圧縮ファイル)

作者:KAPPAさん


AppleCaptyTV & CaptyTV/FireWire(MPEGキャプチャ装置)

ピクセラ社の「CaptyTV」および「CaptyTV/FireWire」を購入し、MacをHDDビデオデッキ替わりに使っていました。

green MPEG-2形式のファイルから音声を分離する (2002/12/14)

[登録ファイル]-[MPEG書き出し...]CaptyTVはMPEG-1とMPEG-2専用のハードウェアエンコード装置です。ほかの形式で取り込むことはできませんし、単独ではほかの形式に変換することもできません。

ほかの形式に変換するには、付属ソフトPixeDVのアルバム画面で、MPEG-2ファイルを選択して「MPEG書き出し」を行います。MPEG-2ファイルが映像と音声(AIFF形式)に分離されて書き出されます。

ここで作成した映像ファイルと音声ファイルは、Final Cut Proで扱えるほか、MPEG-2からQuickTime形式へ変換するときにも役立ちます。


AppleCaptyDVD(DVDオーサリングソフト)

iDVDがアップル製以外の記録型DVDドライブに対応しなかったので、ピクセラ社の「CaptyDVD」シリーズを使っていました。

green 【CaptyDVD 2.0.xまで】4GB以上のMPEG-2ファイルを記録する (2004/04/07)

CaptyDVDでは、総容量が4GB以下のMPEG-2ファイルを素材にして、DVDビデオをオーサリングできます。しかし、次の手順で操作すると、4GB以上のMPEG-2ファイルをCaptyDVDに登録できます。

  1. 登録したいMPEG-2ファイルと同じフォルダに、小容量のMPEG-2ファイルを用意する。
  2. 小容量のファイルをCaptyDVDに登録する。(このファイルのマーカー画面を表示してはいけません)
  3. 小容量のファイルの名称をFinderで変更し、元のファイル名を登録したいMPEG-2に付ける。
  4. 以後、通常のオーサリング操作を続ける。(マーカー画面を表示しても大丈夫です)

CaptyDVDはパス参照でしかファイルを把握しておらず、さらにファイルの登録時にしかファイル容量を調べないようです。このTipsは、CaptyDVDのそんな仕様を利用しています。なお、片面一層DVDビデオの最大容量は、約4.37GB(4,700,000,000 bite)です。DVDに記録する前にDVD ImageファイルやVIDEO_TSフォルダを作成し、総容量が4.36GB以下であることを確認するようお勧めします。

情報源:アップル社のDiscussion Boardscanopus ADVC-55

追記 (2005/04/04)

CaptyDVD 2.5.1へのアップデータが、3/29付けでリリースされました。このバージョンから片面2層ディスクの作成に対応し、7.96GBまでのDVD Imageファイルを作成できるようになりました。

2層ディスク用といっても、従来の1層用のDVD Imageファイルと同じものです。総容量が4.37GB以下であれば、Toastやディスクユーティリティを使って片面1層のDVDに記録できます。

4.37GB以上になった場合は、Roxio PopcornDVD2oneXを使うと、片面1層の容量に圧縮できます。

green ToastがなくてもDVDビデオは記録できる (2004/01/24)

CaptyDVDの対応ドライブは、アップル社の内蔵SuperDriveとピクセラ社の外付けドライブのみです。その他の記録型DVDドライブを使う場合は、CaptyDVDでDVD Imageファイルを作成し、ピクセラ社のPixe Burn!、またはロキシオ社のToastを使うことになっています。しかし、これらのソフトを使わずに済ます方法があります。

純正SuperDriveドライブの同型ドライブを使う方法

純正SuperDriveの同型ドライブであれば、内蔵するとほぼ確実に純正SuperDriveドライブとして認識されます。外付けにしてもCaptyDVDに認識されることがあります。DVR-A05-JをFireWireケースに入れたところ、CaptyDVDでDVD-Rに記録できました。

ディスクユーティリティを使う方法

他社製ドライブであっても、ドライブによっては、Mac OS Xのディスクユーティリティ(Disk Utility.app)でDVDにファイルを書き込めます。非対応ドライブを対応させる技もあります。方法はともあれ、ディスクユーティリティで書き込めるのなら、Toastは不可欠ではありません。

あまり知られていませんが、ディスクユーティリティはToastのDVD Imageファイルに対応しています。イメージメニューの「ディスクを作成」を選び、CaptyDVDで作ったDVD Imageファイルを指定すると、DVDビデオを作成できます。(Mac OS X 10.3.2で確認)

…とはいえ、Toastは便利なソフトです。持っていれば役立つこと間違いなしです。

補足

Toastで作ったDVD Imageファイルの場合、拡張子を「img」に変更すると、ディスクユーティリティで扱えるようになります。(Toastがあるのにディスクユーティリティを使う意義を思いつけませんが)

CaptyDVDやToastで作ったVidoe CD Imageファイルについても試してみました。しかし、Video CDとして認識されない異常なディスクになってしました。


AppleEverio(MPEG2ビデオカメラ)

日本ビクター社のHDD内蔵ビデオカメラ「Everio GZ-MC500/MC200/MC100」は、Windows 2000とWindows XPにしか対応していません。しかし、動作保証はありませんが、Macでも利用できました。なお、新型のEverio GZ-MG7O/MG50/MG40はMacに正式対応していますので、こちらのほうが良いでしょう。(追記:2005/07/15)

green Everioのメディアをマウントする (2004/12/11)

付属USBケーブルでMacに接続したところ、リムーバブルディスクが2つマウントされました。一方は、SDメモリーカード。もう一方は、マイクロドライブです。

マウントされないディスクがある場合は、OS付属のディスクユーティリティを使ってマウントします。

green Everioの動画ファイルを再生する (2005/04/08)

拡張子「MOD」の動画ファイルは、拡張子を「mpg」などに変更すると通常のMPEGファイルとして扱えるようになります。再生用のアプリケーションとしては、VLCがお勧めです。

有料のMPEG-2再生コンポーネントがあればQuickTime Playerでも再生できますが、音声が再生されません。これは、AC3コーデックの音声にQuickTimeが対応していないためです。

QuickTimeで再生するには、MPEG Streamclipを使って、音声がMP2コーデックのMPEG-2ファイルに変換します。また、このソフトを使うと、QuickTimeムービーやDVストリームにも変換できます。(MPEG-2再生コンポーネントが必須です)

なお、MPEG Streamclipを使う場合、動画ファイルの拡張子は「MOD」のままで構いません。

green Everioの動画ファイルを編集する (2005/04/08)

MPEG Streamclipでカット編集できます。

編集後に別名で保存したMPEGファイルは、拡張子が「mpeg」になります。ピクセラ社のCaptyDVDを使ってDVDビデオを作る場合は、拡張子を「mpg」に変更します。CaptyDVD 2.xを使う場合、音声はAC3コーデックのままで構いません。

エフェクトを加えて編集するには、MPEG StreamclipでDV形式に変換します。DV形式ならiMovieで編集できます。DVDビデオを作るにはiDVDを使います。ただし、MPEG→DV→MPEGと変換を繰り返すので、画質が若干低下するかもしれません。


Apple記録型DVDドライブ

green 内蔵SuperDriveドライブ:パイオニア「DVR-A05-J」…のFireWire化 (2002/11/15)

次世代のSuperDriveになるであろう、パイオニアの内蔵用DVD-R/RWドライブを買ってみました。

4倍速Cubeで使うため、外付けに挑戦しました。これまで使っていたFireWire接続CD-R/RWドライブを分解し、ケースの中身をDVR-A05-Jと交換しました。

Apple System Profilerの表示
流用元の外付けCD-R/RWの場合 流用ケース+DVR-A05-Jの場合
RauhWelt RW7200A RauhWelt DVR-105A ?

ご注意

使用する外付けドライブケースによっては、OSやToastに認識されない可能性があります。同じことを試みる場合は、あくまでも自己責任でお願いします。

製品仕様:パイオニア DVR-A05-J

ケースを流用した外付けドライブ:Rauh Welt CDX2010RW(Mac対応のCDX2010DUOでは、部品が異なるかもしれません)

ベンチマークテスト:ATO's Macintoshコラム

green 外付けDVD-RAM/Rドライブ:ピクセラ「PIX-DVRR/FW2」 (2002/11/15)

記録型DVDドライブでMacに正式に対応したものは、ごく少数しか販売されていません。そのなかから、ピクセラのFireWire接続DVD-RAM/Rドライブを買ってみました。

製品仕様:ピクセラ PIX-DVRR/FW2


Tipsメニュー − (トラブルシュート / OSとFinder / ファイル共有 / iPhone / その他 (1) (2) / ゴミ箱) top
文責:野尻隆裕 (Twitter @TakaNojiri)