Top  Feedback (Main, Sub)  Tips  Software  My Mac  No!CCCD  Link  更新日:2011年11月21日

OSとFinderのTips


greenOSとFinderのTips一覧

green 目的別 圧縮ツール (2003/11/07)

Mac OS X 10.3になって、Finderにzip圧縮機能が加わりました。これと、既存の圧縮ツールとを比較し、独断で目的別に分類しました。

Mac用のおもな圧縮ツールとその特徴
ツール名 拡張子 分析 結論
長所 短所 用途 留意 推奨
Finder 10.3/10.4/10.5 zip リソース領域やタイプ・クリエータ属性を保ちつつ、Windowsでも扱えるように圧縮する。 Windowsでは日本語が文字化けし、リソース領域やタイプ・クリエータ属性を保存したファイルが専用のフォルダに解凍される。 主にMac OS X用 なし
StuffIt 9.0.1/10.0.1/12.0.2 (Zip形式:要設定) Windowsでは日本語が文字化けし、リソース領域やタイプ・クリエータ属性を保存したファイルがファイル本体と同じ場所に解凍される。
StuffIt 9.0.1/10.0.1/12.0.2 (Zip形式) Windowsでは不要なリソースを含めない。 Windowsでは日本語が文字化けする。
リソースが必須のファイルは壊れる。
Windowsへの送付用 ファイル名
CleanArchiver 2.3.1 Windowsでは不要なリソース、.DS_Storeファイル、アイコンファイルを含めない。
MacWinZipper 2.3.4
WinArchiver Lite 2.3.4
文字化けの心配がない。
Windowsでは不要なリソース、.DS_Storeファイル、アイコンファイルを含めない。
リソースが必須のファイルは壊れる。 なし
DropLHa 3.0.2 lzh 文字化けの心配がない。
Windowsでは不要なリソースを含めない。(.DS_Storeファイルとアイコンファイルを含めない設定も可能)
MacLHA 2.24 リソース領域やタイプ・クリエータ属性を保つ。 圧縮時に留意しないと、Windowsで扱えないMacBinary形式になる。
Mac OS Xのファイル属性を保持できない。
Mac OS Xでの解凍にHappyLHAが必要。
Mac OS 9用 Classicアプリ
StuffIt 7 (旧StuffIt形式) sit 本形式を作成できるソフトは配布が終了した。
Mac OS Xのファイル属性を保持できない。
なし ×
StuffIt 9.0.1/10.0.1/12.0.2 (StuffIt形式) sitx リソース領域、タイプ・クリエータ属性、Mac OS Xのファイル属性を保持する。 Windowsでの解凍にスタッフイット デラックス11 for Windowsが必要。
Mac OS 9用の解凍ソフトにStuffIt Standard Edition 7が必要。
汎用 相手側に準備が必要
ディスクユーティリティ (OSに付属) dmg WindowsとMac OS 9では、解凍不能。 Mac OS X用 なし

Finderのアーカイブ機能には、二度驚かされました。日本語の扱いで他環境と互換性がないという欠点に一度。アーカイブ内にリソース領域などを保持しつつ、他環境で解凍したときも正常なファイルになる(MacBinaryにしない)という優れた工夫にもう一度です。

関連するフィードバック:解凍できないzipファイルがある (Mac OS X 10.3〜10.4.5にはzip解凍に問題があります。)

関連するフィードバック:zipファイルが他環境で文字化けする

追記1 (2006/04/23)

全面的に記述を更新しました。StuffItについては、Standard版について調べました。Deluxe版については、未確認です。

追記2 (2009/01/08)

全面的に記述を更新し、MacZip4Winとディスクユーティリティを追加しました。StuffItについては、Standard版について調べました。Deluxe版については、未確認です。

追記3 (2011/11/21)

MacZip4Winのサイトが消えたため、MacWinZipperとWinArchiver Liteを掲載しました。WinArchiver Liteは、MacWinZipperのMac App Storeでの名称です。多機能な有料版のWinArchiverもあります。

green 【Mac OS X 10.6.8まで】Exposéでアプリを切り替える (2003/11/19)

Mac OS X 10.3の新機能Exposéには、「すべてのウインドウ」「アプリケーションウインドウ」「デスクトップ」の3種類のモードがあります。

「アプリケーションウインドウ」をExposéしている場合、tabキーを押すたびにExposéするアプリを切り替えることができます。

「すべてのウインドウ」をExposéしている場合も、tabキーを押すと「アプリケーションウインドウ」モードに切り替わり、さらにtabキーを押すことでアプリを切り替えることができます。

情報提供:S.Horio 様

green インスペクタを使う (2002/08/26)

Mac OS X 10.2からMac OS風の「情報を見る」を使えるようになりましたが、Mac OS X 10.0〜10.1.5の「インスペクタ」を使うこともできます。前者は同時に複数の情報ウインドウを表示でき、後者はファイルなどを選択するたびに単一の情報ウインドウの表示を切り替えます。

インスペクタを使うには、optionキーを押したままFinderのファイルメニューをクリックします。(つまり、command+option+i

green ファイルコピーの簡略化 (2002/01/12)

Finderでファイルやフォルダを選択すると、編集メニューのコピー(command+C)でそれらをコピーできます。その後フォルダやディスクを選択すると、編集メニューのペースト(command+V)でコピーしたものをペーストできます。取り消し(command+Z)やそのやり直し(command+Z)も可能です。

Windowsと同じ操作のようですが、カット(command+X)ができない点で異なります。

(Mac OS 9までと同じように、optionキーを押しながらドラッグしてもコピーできます)

また、複数のファイルやフォルダをコピーして、テキストエディタにペーストすると、ファイルやフォルダのリストを得ることができます。

Windowsの挙動について誤りを修正しました。ありがとうございます。>Kenichi Maehashi 様(2005/04/29)

green ディスク間でファイルを移動する (2002/03/08)

同一ディスク内でファイルやフォルダをドラッグすると、ファイルやフォルダを移動できます。しかし、別のディスクへドラッグすると、今度はファイルやフォルダをコピーすることになります。

ディスク間でファイルやフォルダを移動するには、commandキーを押しながらドラッグします。誤って移動したときは、移動中に[中止]をクリックするか、移動後に編集メニューの「移動の取り消し」を選びます。

なおカラム表示では、commandキーを押しながらアイコンをクリックするとドラッグできません。ドラッグを開始してからcommandキーを押すのが秘訣です。

(Mac OS 9でcommandキーを押しながらドラッグすると、ディスク内では普通の移動、ディスク間ではコピーになります)

情報提供:daimac 様

green アプリケーションをより確実に強制終了する (2002/01/22)

アプリケーションを強制終了するには、一般に「アプリケーションの強制終了」ダイアログを使用します。しかし、このダイアログからでは強制終了できない場合もあります。そのようなときでも、ProcessViewer(またはアクティビティモニタ)で終了したいアプリケーションを選択してプロセスメニューから「プロセスを終了」を選ぶと、強制終了できることがあります。

IM(ことえり, ATOK, EGBRIDGE)やSnapz Pro Xは「アプリケーションの強制終了」ダイアログに表示されないので、これらが暴走したときはProcessViewerに頼るしかありません。

ただし、ProcessViewerにはCFMベースのCarbonアプリを識別できない欠点があります。これらはすべて「LaunchCFMApp」と表示されます。CPUの使用状況などから目当てのアプリを判断してください。

green CDから曲をコピーする (2001/12/02)

CDから曲をコピー(リッピング)するには、iTunesやQuickTime Playerなどのアプリケーションを使うまでもありません。Finderでコピーするだけです。Mac OS 9より簡単になりました。

SoundAppによるとAIFF-Cリトルエンディアン(つまりIntel方式)と表示されます。Mac OS 9時代のAIFFはビッグエンディアン(つまりMotorola方式)なので、Classicアプリケーションの多くでは扱えません。もちろん、SoundAppやiTunesなら大丈夫です。

ファイル名とデータ形式の確認
Finderの「情報を見る」 SoundAppのステータス画面
Desktopにコピー済 SoundAppでAIFF-Cと確認

上の画面はMac OS X 10.1当時のもの。この頃は拡張子cddaでした。その後、拡張子はMac OS X 10.0当時のaiffに戻りましたが、データの並び順はリトルエンディアンのままです。(追記:2005/09/07)

green CDトレイを開く3つの方法 (2002/08/31)

PowerMac G4 (Quick Silver)やiMac (Flat Panel)では、CDドライブに排出ボタンがついていません。そのためCDなどを入れる際は、次の3通りの方法を利用できます。

メニューエクストラを使うには、Eject.menu(/システム/ライブラリ/CoreServices/Menu Extras/Eject.menu)をダブルクリックしてメニューバーに登録します。ただし、ときどき音楽CDを取り出せないことがありました。そんなときは、CDを選択して「取り出し」command+Eます。

DVD-ROMドライブを開く/閉じるAudio CDを取り出すガンパレを取り出す

green メニューバーの時計に日付を加える (2005/05/22)

移動中ターミナルで下記のコマンドを実行すると、メニューバーの時計に日付を加えることができます。コマンドの実行後、システム環境設定の「日付と時刻」でメニューバーの時計をいったん消し、表示させなおます。

defaults write "Apple Global Domain" AppleICUTimeFormatStrings -dict 2 "HH':'mm':'ss' 'M'/'dd"

移動中日付と時刻の並び順を変更したり、日付を括弧で囲むには、システム環境設定の「言語環境」の「書式」タブでカスタマイズします。

移動中

関連するTips:メニューバーの時計からAM/PMが消えた

情報源:アップル社のDiscussion Boardsメニューバーへの日付表示

追記 (2006/03/23)

上記の操作によってMailの時刻表示が異常になったという報告があります。実行前に下記もお読みください。

情報源:アップル社のDiscussion Boardsメニューバーの日付をカスタマイズしたらMailの日付表示が変わってしまいました

green メニューバーの時計を移動する (2001/11/17)

移動中メニューバーのシステムステータスアイコン(時計・サウンド・ディスプレイなど)は、表示させた順に右から並びます。ただし時計は常に右端です。ほかのシステムステータスアイコンの左に移動するには、commandキーを押しながらドラッグします。同様に、ほかのアイコンの順序も自由に変更できます。

消去中同じ方法を使うと、システム環境設定を開かずにシステムステータスアイコンを削除できます。commandキーを押しながらデスクトップにドラッグすると、Dockやツールバーのように煙りとともにアイコンが消えます。

情報源:米国Apple社のMac OS X紹介Apple Script > ScriptMenu

green DashboardをDockから取り除く (2005/05/16)

Dashboardのメニューアプリケーションの動作中は、Dockにあるそのアイコンを削除できません。しかし、Dashboardは例外で、常に動作中であるにも拘わらず取り除くことができます。

再びDockへ登録するには、アプリケーションフォルダにあるDashboard/Applications/Dashboard.appをDockへドロップします。

green WidgetをDashboardの外で使う (2006/04/17)

Dashboardを開発者モードにすると、WidgetをDashboardから出して利用できます。Widgetをドラッグする際にF12キーを押してF12キーを押したままマウスボタンを放すと、WidgetをDashboardから出し入れできます。

開発者モードにするには本来はターミナルを使います。しかし、OnyXを使うと簡単です。

  1. 管理者アカウントでOnyXを立ち上げ、パスワードを入力する。
  2. 「アピアランス」-「DashboardとExposé」-「Enable the Developer Mode of Dashboard」にチェックを入れる。
  3. 「適用」ボタンをクリックし、OnyXを終了する。

情報源:OS X ハッキング! 第135回 虎飼い日記 その3 - Dashboardと戯れる

ほぼ1年前のネタですが、別のTipsで説明が必要になったので記載しました。

green ことえりの入力切替ショートカット (2004/05/18)

ことえりヘルプには、ことえりの操作方法を切り替えるショートカットがいくつも紹介されています。そのなかで、英数キーおよびかなキーを使った切替操作としては、次のものがあります。

しかし、実際には次のショートカットも利用できます。

green アプリを英語モードで起動する (2002/05/04)

英語モード化マルチ言語対応のアプリケーションを使う場合、システム環境設定の「地域情報」の設定によって、メニューなどの言語が変化します。日本語版のバグを回避するときに役立ちます。(苦笑)

  1. 「システム環境設定」の「地域情報」を開き、「言語」タブで「English」を1番目に移動する。
  2. 英語モードで使いたいアプリを立ち上げる。
    Finderを英語モードにするには、ログインしなおすか、Finderを強制終了します。
  3. 元に戻すには、「システム環境設定(System Preferences)」の「地域情報(International)」を開き、「言語(Language)」タブで「日本語」を1番目に移動する。

green Mac OS X 10.1の隠し機能を利用する (2001/10/12)

TinkerTool2フリーウェアのTinkerTool 2を使うと、システムフォントを変更したり、文字のスムージングを解除するなど、Mac OS X 10.1の隠し機能を利用できます。Finderに表示されない隠しファイルを表示させることもできます。

インストールは簡単です。/Library やホームディレクトリの ~/Library にPreferencePanesフォルダを作り、そこにTinkerTool.prefPaneを入れるだけです。システム環境設定を立ち上げると、「その他」グループにTinkerToolが登録されています。(2001/11/03 追記:正式版2.0よりTinkerTool付属のInstallationが日本語に対応しました。詳しい説明はそちらをご覧ください)

参照先(→TinkerTool 2のページ

green スクロールバーの両端に双方向のアローを設ける (2001/11/03)

Mac OS 8-9では、AppleScript「set scroll bar arrow style to "constant ****dubl"」でスクロールバーの両端に双方向のアローを設ける隠し機能がありました。Mac OS X 10.1にも、同じ隠し機能があります。

同機能を有効にするには複数の方法があります…と、以前はDeveloper Toolsを使う方法を紹介していましたが、もっと簡単な方法を紹介することにします。上記TinkerTool 2のバージョン2.01より「一般」タブが加わりました。ここの「スクロールアローの配置:両端にまとめる」で同じ効果を得られます。

Developer Toolsを使う方法(→Tipsのゴミ箱

green PDFを作る (2004/03/11)

文書の場合

  1. PDFにしたい文書を開き、ファイルメニューから「プリント」を選ぶ。
  2. プリントダイアログの「PDFとして保存」ボタンをクリックする。
  3. PDFの保存場所を指定する。

参照先:Mac OS X 10.1.5までの場合(→Tipsのゴミ箱 > PDFを作る

画像の場合

  1. PDFにしたい画像を付属のプレビュー(Preview.app)で開き、ファイルメニューから「書き出し」を選ぶ。
  2. PDFの保存場所を指定する。
  3. 「フォーマット」で「PDF」を選び、「保存」ボタンをクリックする。

green キーボードショートカットによるスリープや再起動 (2002/01/16)

Apple Pro Keyboardでは、次のキーボードショートカットを利用できます。以前のキーボードにあった電源ボタンの役割を、ショートカットで代用しているのです。

  1. システム終了の確認 :controlイジェクト
  2. スリープ      :commandoptionイジェクト
  3. 再起動       :commandcontrolイジェクト
  4. システム終了    :commandoptioncontrolイジェクト
  5. ログアウトの確認  :commandshiftQ

ただし、私のG4 Cubeでは2番目の操作を行え…ないことがあります。詳細は不明です。

参照先:Cubeでの障害(→キーボードショートカットでスリープできない

参照先:Advanced Searchシステム終了、再起動、およびスリープのキーボードショートカット(記事ID:106567)

green 書類にアプリケーションを貼り付ける (2001/??/??)

TextEditのウインドウにアプリケーションをDrag & Dropすると、アプリケーションのアイコンを書類に貼り付けることができます。続いて書類をRTF形式(リッチテキスト形式)で保存します。すると、書類ウインドウのアイコンをダブルクリックすると、そのアプリケーションが起動するようになります。

保存した書類を調べて見てみましょう。形式はRTFではなくRTFD(添付書類付きRTF)になっていて、容量はアプリケーションと同程度になっています。書類を選択してパッケージの内容を見ると、その理由がはっきりします。アイコンが貼り付いたのではなく、書類にアプリケーションが埋め込まれているのです。なお、複数のアプリケーションを埋め込むこともできます。

ただし、すべてのアプリケーションが埋め込める訳ではありません。CFMベースのCarbonアプリでには半端にしか埋め込めないものがあります。その場合、書類ウイドウ内のアイコンをダブルクリックしてもアプリケーションは立ち上がりません。

工夫しだいで、RTFD形式の書類には様々な使い方がありそうです。操作説明付き簡易ランチャーなんて便利かもしれません。AppleScriptがCFMベースからMach-Oベースに移行すれば、操作ボタン付きの書類も作れそうです。(HTMLファイルをパッケージしたほうが良いですか?)

情報源:アップル社のDiscussion BoardsみなさんMac OS X どう思います? msg # 17


Tipsメニュー − (トラブルシュート / OSとFinder / ファイル共有 / iPhone / その他 (1) (2) / ゴミ箱) top
文責:野尻隆裕 (Twitter @TakaNojiri)