Top  Feedback (Main, Sub)  Tips  Software  My Mac  No!CCCD  Link  更新日:2007年11月02日

ファイル共有のTips


greenファイル共有のTips一覧

green ほかのマックを遠隔操作する (2004/10/20)

アップル純正の遠隔操作ソフトApple Remote Desktop 2に、オープンソースのVNC (Virtual Network Computing)機能が加わりました。これにより、VNCが扱い安くなりました。

遠隔操作したいマックにApple Remote Desktop 2.1 Client(フリー)をインストールすると、システム環境設定の「共有」パネルに「Apple Remote Desktop」が加わります。

共有パネル

これをONにすると、詳しい設定画面が表示されます。設定項目は多数ありますが、ほとんどはApple Remote Desktop 2パッケージ版を購入していないと意味がありません。「VNC利用者が画面を操作することを許可」のみをONにして、パスワードを設定しましょう。

アクセス権

続いて、「ファイヤーウォール」の設定画面にて、ポート3283およびポート5900への着信を許可します。

ファイヤーウォール

すべてのユーザ:読み書き最後に、VNCクライアントソフトウェア(フリー)を別のマックで立ち上げ、遠隔操作したいマックのIPアドレスとパスワードを入力します。すると、VNCクライアントの画面内に、別のマックの画面が表れます。

VNCクライアントソフトウェア

情報源:アップル社のDiscussion Boards遠隔地の「自分の」Macを操作できますか?

説明の一部が省略されていたに気づき、加筆しました。ありがとうございます。>snowrabbitさん (2005/05/05)

追記 (2007/11/02)

Mac OS X 10.5に「画面を共有」機能が加わり、Apple Remote Desktop 3.2 Client(フリー)が動作しているMacを遠隔操作できるようになりました。これを使う場合、上記のように「Apple Remote Desktop」をONにしたのち、アカウントごとのアクセス権を設定します。「VNC利用者が…」をONにする必要はありません。

green Mac OS 7.5.5〜8.6をサーバにする (2005/05/10)

Mac OS X 10.0〜10.0.4、およびMac OS X 10.4以降に対してサーバとなるのは、Mac OS XまたはMac OS 9がインストールされたマックだけです。Mac OS 8.6以前のマックをサーバにする(フォルダをMac OS Xでマウントできるようにする)には、Open Door Networks社のShareWay IPを使います。

使い方は簡単です。アプリケーションは2つあり、一方はOS 9のファイル共有コンパネとそっくりです。ここでファイル共有をONにしたり、設定を変更したりできます。アプリを終了するとファイル共有も終了します。もう一方はバックグラウンド専用のアプリです。常時共有する場合は、こちらをマックの起動項目に登録します。

Mac OS X側では、Finderの移動メニューの「サーバへ接続」を選び、サーバアドレス欄に「afp://サーバ機のIPアドレス/」と入力してください。よく使うサーバに登録しておけば、次からは簡単にマウントできます。

性能にも問題はありません。そもそもMac OS 9のTCP/IPによるファイル共有は、ShareWay IPをライセンス供与されたものです。79ドルと比較的安価ですし、10日間限定で試用することもできます。

Mac OS X側をサーバにするなら、セレクタやネットワークブラウザでサーバのIPアドレスを指定するとMac OS 8.6以前のマックでもマウントできます。

参考文献:アップル社のAdbanced SearchMac OS X: ファイル共有(記事ID:106461)

green Sharedフォルダの使い方 (2003/06/22)

Sharedフォルダ( /Shared )はすべてのユーザが利用できる共有領域ですが、ここにあるファイルは原則的に作成者(オーナー)以外は閲覧しかできません。しかし、ファイルのアクセス権を変更すると、ほかのユーザが修正して上書き保存できるようになります。

  1. Sharedフォルダにファイルを書き込む。
  2. そのファイルの「情報を見る」画面で、アクセス権を「すべてのユーザ:読み書き」に設定する。
    (Mac OS X 10.2以降では「その他:読み/書き」となります)

以後、このファイルはすべてユーザが読み書きできるファイルになります。ただし、削除することができるのはオーナーだけです。

green ほかのユーザがファイルを削除できるようにする (2003/06/22)

Sharedフォルダ( /Shared )では、ファイルのアクセス権をどのように設定しても、削除できるのはファイルの作成者(オーナー)に限られています。

すべてのユーザ:読み書きファイルの削除も含めた完全なアクセス権をすべてのユーザに与えるには、Publicフォルダ( ~/Public )のなかに専用のフォルダを作成します。

  1. Publicフォルダのなかに適当な名称のフォルダを作る。
  2. そのフォルダの「情報を見る」画面で、すべてのアクセス権を「読み書き」に変更し、「内包しているすべてのフォルダに適用する」の[適用]ボタンを押す。
    (Mac OS X 10.2以降では「読み/書き」となります)

以後、このフォルダに入れたファイルは、すべてのユーザが読み書きできて、削除もできるようになります。

情報源:アップル社のDiscussion Boardsすべてのユーザが書き込めるファイルをつくるには

関連情報(→Sharedフォルダのファイルを削除できない

green Windows 98の共有フォルダをマウントする (2002/08/30)

Mac OS X 10.2からSMBクライアントサービスが標準のファイル共有機能に統合され、Windowsの共有フォルダを簡単にマウントできるようになりました。

Windowsの設定ただし、Windows 95, 98, 98SE, Meでは注意点があります。

テスト環境:Windows 98SE on Virtual PC 4.0.2

追記 (2002/10/05)

アップル社のAdvanced Search(旧称:Tech Info Library)多数の情報が載りました。

green ホームフォルダをWindowsでマウントする (2002/09/24)

Mac OS X 10.2からsambaが標準装備され、ホームフォルダをWindowsでマウントできるようになりました。ただし、標準ではOFFになっているので、次の手順で共有できるようにします。

WindowsとMacを同じユーザ名で使う場合

WindowsとMacを共に一人で使っているときは、両方のユーザ名とパスワードを共通にしておくと便利です。

  1. システム環境設定の「共有」の「サービス」タブで、「Windowsファイル共有」サービスを「入」にする。
    「Windowsファイル共有」にチェック
  2. システム環境設定の「アカウント」の「ユーザ」タブで自分を選択し、「ユーザを編集」をクリックする。
  3. パスワードを再入力する。
  4. 「ユーザがWindowsからログインするのを許可する」にチェックを入れ、「OK」をクリックする。(Mac OS X 10.3以降では不要)
    「Windowsファイル共有」にチェック
  5. Windowsの共有フォルダをマウントするのと同じ操作を、Windowsで行う。

WindowsからMacが見えないときは、いったんシステム環境設定を終了してから手順4の操作をやり直し、Windowsを再起動すると見えるそうです。(情報源:Macintoshトラブルニュース2002年9月30日 (追記:2003/01/12。やぎさんありがとうございました)

パブリックフォルダを公開する場合

ほかのWindowsユーザに自分のパブリックフォルダ( ~/Public)を公開するときは、少し異なる操作をします。

  1. システム環境設定の「共有」の「サービス」タブで、「Windowsファイル共有」サービスを「入」にする。
    次のように表示されます。
    アクセス方法の説明文
  2. システム環境設定の「アカウント」の「ユーザ」タブで新規ユーザを作る。ユーザ名は、Windowsにログインするときと同じにする。
  3. 「ユーザがWindowsからログインするのを許可する」にチェックを入れ、「OK」をクリックする。(Mac OS X 10.3以降では不要)
  4. MacのIPアドレスと自分のユーザ名を、Windowsユーザに伝える。
  5. IPアドレス指定Windowsユーザは、「ネットワークコンピュータ」のアドレス欄に下のように入力する。(右図は自分のユーザ名がtestの場合)
    \\(MacのIPアドレス)\(自分のユーザ名)
  6. ホームフォルダがマウントされるので、Public内のファイルを読み出し、ファイルを保存するときは、そのなかのDrop Boxへ保存する。

ホームフォルダにアクセスできるのでギョッとしますが、アクセス権がないのでPublicフォルダ以外は開けません。ただし、ホームフォルダにアクセス権が「その他:読み/書き」のフォルダを作っていると、Windowsユーザに自由に読み書きされます。ご注意ください。

互いのパブリックフォルダを使う場合

上記の方法には、ひとつ欠点があります。DHCPサーバがあるLANでは、IPアドレスが変化することがあるのです。

そんな場合は、Mac OS X内でのファイル共有の方法を併用します。

  1. 「パブリックフォルダを公開する場合」の1〜3を行う。
  2. Windowsの共有フォルダをマウントするのと同じ操作を、Windowsで行う。
  3. 新規ユーザのホームフォルダがマウントされるので、そのなかのPublicフォルダを使ってファイルを受け渡しする。
    • Mac OS Xにファイルを渡すとき:Publicに入れる。
    • Mac OS Xからファイルを受け取るとき:あらかじめPublic\Drop Boxに入れておく。

補足事項 (共通)

テスト環境:Windows 98SE on Virtual PC 4.0.2

追記 (2002/10/05)

アップル社のTech Info Libraryに多数の情報が載りました。

green サーバを自動的にマウントする (2004/04/14)

サーバを自動的にマウントさせるには、AppleScriptが便利です。下記のスクリプトを実行すると、指定したサーバをマウントします。システム環境設定で起動項目に指定すると、起動時にマウントできます。

-- AppleShareサーバの場合
mount volume "afp://ユーザ名:パスワード@サーバ名/ボリューム名/"

-- CIFSサーバの場合(Windowsなど)
mount volume "cifs://ワークグループ名;ユーザ名:パスワード@コンピュータ名/共有名/"
(ワークグループがMacと同一の場合、ワークグループ名を省略できます。)

-- SMBサーバの場合(Windowsなど)
mount volume "smb://ワークグループ名;ユーザ名:パスワード@コンピュータ名/共有名/"
(ワークグループがMacと同一の場合、ワークグループ名を省略できます。)

アプリケーションフォルダにあるスクリプトエディタを立ち上げ、上記のテキストをコピー&ペーストします。スクリプトの日本語部分は、適切なユーザ名などで置き換えてください。マウントしたいボリュームが複数あるときは、行を増やします。異なるサーバにあるボリュームも並記できますが、同じサーバを複数のユーザ名でマウントすることはできません。

最後に「アプリケーション」フォーマットで保存します(パスワードが平文で記録されます。セキュリティが低下することをお忘れなく)

green FinderをFTPクライアントとして使う (2003/11/04)

Mac OS X 10.2.3から、日本語環境でもFinderを読み出し専用のFTPクライアントとして使うことができるようになりました。

FTPのユーザ名がひとつの場合

  1. Finderの移動メニューの「サーバに接続」で、「ftp://FTPサーバのURL」と入力する。
  2. 「FTPファイルシステムの認証」画面で名前(FTPのユーザ名)とパスワードを入力する。

FTPのユーザ名が複数ある場合

上記の方法でFTPサーバをマウントすると、別の名前(FTPのユーザ名)で接続しようとしても「FTPファイルシステムの認証」画面が表示されず、名前を入力できません。そこで、次の方法で名前を使い分けます。

  1. Finderの移動メニューの「サーバに接続」で、「ftp://名前@FTPサーバのURL」と入力する。
  2. 「FTPファイルシステムの認証」画面でパスワードを入力する。

関連するフィードバック:FTP接続時に名前とパスワードを求められない

Mac OS X 10.2.3〜10.2.8の場合

FTP接続を行うとFinderがフリーズすることがあります。下記の接続方法なら比較的安定しますが、Mac OS X 10.2.xのFTP機能は使わない方がよさそうです。

  1. Finderの移動メニューの「サーバに接続」で、「ftp://名前:パスワード@FTPサーバのURL/」と入力する。

green 最近使ったサーバを削除する

Finderの移動メニューの「サーバへ接続」を選ぶと、「サーバへ接続」ダイアログの「場所」ポップアップメニューに「最近使ったサーバ」がリストアップされています。これらを削除するには、「~/Library/Recent Servers」にあるInterenet Locationファイルを削除します。

情報源:アップル社のDiscussion Boards「最近使ったサーバ」を削除できない

green iDiskをより快適に使う (2001/10/26)

iDiskへのファイルをコピーする速度は、Mac OS X 10.1になっても遅いままです。いえ、むしろ10.0.4より遅くなった気さえします。けれどiDiskサーバは決して遅くありません。Mac OS XのFinderのデキが悪いのです。WebDAV対応ソフトを使えば、より短時間でファイルを転送できます。

Goliath新規接続私はGoliathを使ってみました(図はiToolsメンバー名が nojiri の場合)。操作方法はMac OSのFinderに似ていて簡単です。

どの程度の差があるか、ファイルのアップロードと削除の速度をMac OS XのFinderと比較してみました。現バージョン0.81はClassicアプリなので、Mac OS XのClassic環境で動作させています。

テスト環境

アップロード時間

削除時間

ファイル数が増えるほど差が開くようです。1000KBの単一ファイルの場合、Goliathでアップロード終了まで23秒、Finderでも50秒でした。

追記1 (2002/08/24)

Goliath 0.9.1(Mac OS X版)とMac OS X 10.2のFinderで再試験を行ったところ、Finderはアップロードと削除で共に約1/4に時間を縮めました。大幅に改良されたことが判ります。それでも、Goliath 0.9.1の倍以上の時間を要しているので、Goliathを使う意義は十分にあります。ファイル数が少ないときは、差が小さくなりますからFinderでも良いでしょう。

追記2 (2003/05/29)

Goliath 1.0で、日本語のファイル名に対応しました。

green PublicフォルダへFTPでアクセスする (2001/11/18)

Mac OS XのFTPサービスでは「自分のホームディレクトリにしかアクセスできない」と思っていませんか。(かくいう私も最初はそう思いました)

しかしFTPであっても、アクセス権はMacを直接利用するときと変わりません。ユーザとして登録されていないとユーザ名とパスワードの認証で拒否されますし、登録されたユーザであっても、他人のホームディレクトリのなかはPublicフォルダしかアクセスできません。つまり、オンラインソフトでSMBサービスを導入しなくても、Windowsユーザに対して比較的安全にファイルを公開できます。

FTPで見るほかのユーザのホーム次の手順で操作します。

  1. アクセスを認めるユーザを、システム環境設定の「ユーザ」で登録する。
    (ただし、管理者権限は与えません)
  2. 自分のPublicフォルダに、公開するファイルを置く。
  3. システム環境設定の「共有」で「FTPサービスを開始する」にチェックを入れ、IPアドレスを確認する。
  4. 適当なパソコンのFTPソフトで、次のURLでアクセスする。
    ftp://手順3で確認したIPアドレス/%2FUsers/あなたのユーザ名/Public/
  5. 確認のダイアログで、手順1で登録したユーザ名とパスワードを入力する。
    (ほかのユーザ名ではアクセスできません)
  6. Publicフォルダにあるファイルが表示されるので、必要なファイルをGetする。

なお、手順4で Public/ を省略すると、あなたのホームディレクトリが表示されます(図を参照)。ここでPublic以外のフォルダに入れそうに見えますが、アクセス権がないので入れません。公開されているのはPublicフォルダだけです。

ご注意

起動ディスク以外のパーティションや外付けディスクを使う人は、FTPサービスには注意が必要です。別のパソコンからFTPでアクセスする人には、そのMacを直接使うのと同じことができます。つまり、起動ディスク以外のパーティションや外付けディスクを自由に読み書きできるのです。

Mac OS Xのファイル共有では、管理者権限を持たないユーザは原則として自分のホームディレクトリしか読み書きできません。これと混同していると、思わぬ危険を冒すことになります。Unixを知っている人には当然のことですが、Macしか知らない人(私のこと(苦笑))はついつい誤解しがちです。

補足 (2003/11/18)

ユーザがアクセスできる場所を制限したり、非登録のユーザでもアクセスできるようにする(Anonymous FTP)には、chroot機能を使います。Mac OS X 10.2.xではchroot機能を使えませんでしたが、Mac OS X 10.3になって再び使えるようになりました。chroot機能については、下記のサイトをご覧ください。

情報源:がとらぼFreeBSDのftpdで作るFTPサーバ

green SitesフォルダをHTTPで公開する (2001/11/18)

FTPサービスを使う場合、Mac OS Xの通常のファイル共有とは違った注意が必要です上の記事を参照。目的によっては、公開するフォルダを限定する代わりに、そのフォルダをすべてのユーザに公開するほうが良いかもしれません。

このような場合は、次の手順でHTTPサービスを利用します。

  1. 自分のSitesフォルダに、公開するファイルを置く。
  2. システム環境設定の「共有」でWeb共有を開始し、IPアドレスを確認する。
  3. 適当なパソコンのWebブラウザまたはダウンロード用ソフトに、次のURLを入力する。
    http://手順2で確認したIPアドレス/~あなたのユーザ名/ファイル名 (ユーザ名の直前に「 ~ 」があります)
  4. 指定したファイルが表示、またはダウンロードされる。

この方法なら、公開されるのはSitesフォルダにあるファイルだけです。ただし、すべてのユーザのSitesフォルダが同時に公開されます。


◎Windowsファイル共有についてのAdvanced Search一覧 (2005/05/02)

アップル社のAdvanced Search(旧称:Tech Info Library)に多数の情報が載りました。ほかにも追加されているかもしれないので、同ページの検索機能を使って探してみてください。


Tipsメニュー − (トラブルシュート / OSとFinder / ファイル共有 / iPhone / その他 (1) (2) / ゴミ箱) top
文責:野尻隆裕 (Twitter @TakaNojiri)