Top  Feedback (Main, Sub)  Tips  Software  My Mac  No!CCCD  Link  更新日:2011年11月21日

Tipsのゴミ箱


以前に紹介したTipsのなかから、意義を失ったものを集めました。


Appleトラブルシュート

red 【Mac OS X 10.3.9まで】フォルダ名が英語になる (2002/08/25)

「書類」「ライブラリ」「システム」などのフォルダ名が、英語で表示されるようになった。

日本語表示英語表示

対策

拡張子は隠さないFinderの環境設定で「常にファイル拡張子を表示する」のチェックを外します。

常に拡張子を表示するということは、常に正しいファイル名を表示するということなので、フォルダ名も正しいものを表示せねばという発想なのでしょう。

red 【Mac OS X 10.3.9まで】Mail:メールが増殖する (2002/09/23)

Mailアプリケーションを使っていて、特定のメールがいくつにも増えた。増えたメールを削除しても、Mailアプリケーションを立ち上げたり、メールボックスを確認するたびに増えてしまう。

対策

メールボックスが壊れています。メールボックスメニューで新しいメールボックスを作り、正常なメールをすべて退避してから異常なメールごと古いメールボックスを削除します。

これでも正常に戻らないときは、Mailの初期設定ファイル(ホーム)/ライブラリ/Preferences/com.apple.mail.plistを削除します。Mailの設定が消えるので、メールアカウントを含めて設定しなおしてください。

red 【Mac OS X 10.3.8まで】Safari:フォームで項目を選択できない (2004/10/04)

フォーム内の項目をクリックしても、項目を選択できない。

正常:選択可能項目Cを選択; 異常:選択できないフォームがハイライト表示されるだけ

対策

サウンドなしシステム改変ツールを使ってシステムフォントを変更していると、指定したフォントによってはSafariの動作に異常が生じます。システムフォントの設定を元に戻すか、正常に動作するフォントを探してください。

TinkerToolの場合、「System (headlines)」のフォント指定を変更すると、フォントによっては、この異常が生じます。

情報源:庄司拓哉さんに教えていただきました。ありがとうございます。
オリジナルTシャツ・プリント&無地Tシャツ販売 - mono-style -

red 【Mac OS X 10.3.9まで】AppleScriptのメッセージが文字化けする (2003/11/02)

スクリプトエディタで作成したAppleScriptアプリケーションで、ダイアログの日本語が文字化けする。

対策

ScriptMenuから実行する場合

アプリケーションにせずに、スクリプトのまま使います。

アプリケーションである必要がある場合
  1. スクリプトをスクリプトエディタで開き、別名で保存する際に「アプリケーションバンドル」フォーマットを選ぶ。
  2. 作成したAppleScriptアプリケーションのパッケージの内容を表示する。
  3. Contents > Resourcesの順にフォルダを開く。
  4. Resourcesフォルダのなかに、Japanese.lprojフォルダを作る。

上記の手順で修正すると、日本語メッセージを表示できます。ただし、手順1で「アプリケーションバンドル」フォーマットを選ぶため、Mac OS X 10.3以降専用のアプリケーションになります。

Mac OS X 10.3.3からダイアログの文字化けは直しましたが、入力欄の文字化けは残っています。これについても上記の方法で対処できます。

Mac OS X 10.2.xの場合:All About Japan「日本語AppleScript

関連するフィードバック:AppleScript:日本語が文字化けする

green 【Security Update 2003-06-09】Security Updateのあとでログインできない (2003/06/12)

Security Update 2003-06-09をインストールしたら、ログインウインドウでログインできなくなった。

対策

同アップデートのバージョン2.0をインストールします。

関連するフィードバック:Security Update 2003-06-09によってログインできなくなる

green 【Mac OS X 10.2.3まで】ことえりで変換できない (2002/09/15)

ことえりで入力した文字を変換したら、虹色のカーソルが表示され続け、漢字に変換できなくなった。

対策

ディスクユーティリティ/アプリケーション/ユーティリティ/ディスクユーティリティでディスクのアクセス権を修復すると、ことえりの漢字変換機能が失われる場合があります。ディスクユーティリティのバグです。

次の場所にあるcandidateAssist.dictファイルを正常なものと交換すれば、修復できます。
/システム/ライブラリ/Components/Kotoeri.component/Contents/Support/candidateAssist.dict
ターミナルを使って修復することもできます。

情報源:アップル社のDiscussion Boardsインストール直後に不正Privilegesの確認を!

green 【Mac OS X 10.1.5まで】ファイル名がMac OS 9で化ける (2002/05/09)

Mac OS Xのクライアント機からファイルを書き込まれると、サーバ機をMac OS 9で立ち上げ直したときにファイル名が文字化けした。

対策

Mac OS Xのバグです。サーバにするMacにはMac OS 9を推奨します。Mac OS Xを使う場合は、ファイル名に半角英数字のみを使います。

関連情報(→ファイル共有機能が日本語に対応していない

green 【Mac OS X 10.1.5まで】存在しないサーバが表示される (2001/11/17)

サーバが2つずつFinderの移動メニューで選ぶ「サーバへ接続」画面で、「ローカルネットワーク」側に同一名称のサーバが2つ表示された。これらはサーバ名は同じでも、IPアドレスが異なっていた。

対策

MacのIPアドレスをファイル共有をしたまま変更したため、かつて存在したIPアドレスのサーバがリスト上にのみ残っているのです(バグです)。これを削除するには、次の手順で操作します。

  1. 重複して表示されるサーバの「システム環境設定」の「共有」を開き、「ファイルとWeb」タブでファイル共有を停止する。
  2. 「システム環境設定」の「ネットワーク」を開き、「TCP/IP」タブの「IPアドレス」欄に削除したいほうのIPアドレスを入力する。
  3. 「共有」の「ファイルとWeb」タブで、ファイル共有を開始する。
  4. ファイル共有が開始されたのを確認したら、ファイル共有を停止する。
    この時点で、「サーバへ接続」画面から不要なサーバが消えます。
  5. IPアドレスを元に戻し、必要に応じてファイル共有を再開する。

情報源:アップル社のDiscussion BoardsOS Xでのローカルネットワーク表示について

関連情報(→存在しないサーバが表示される

green 【Mac OS X 10.1.5まで】不要なホームフォルダを削除できない (2002/05/04)

システム環境設定の「ユーザ」でユーザを削除したところ、削除したユーザのホームフォルダが「ユーザ名 削除済み」となって残った(下図)。この旧ホームフォルダをゴミ箱に入れようとすると、エラーメッセージが表示された。

アップル社のAdvanced Search(旧称:Tech Info Library)には、Terminalを使ってこれを削除する方法が載っています(記事ID:106256。ところが肝心のTerminalが日本語に対応していないので、ユーザ名の末尾に「削除済み」が付いた旧ホームフォルダは削除できません。また、Finderではフォルダ名を変更できません。

対策

ユーザを削除する前に、システム環境設定を英語モードに切り替えておきます。

  1. システム環境設定を英語モードに変更して終了し、改めて立ち上げる。
    今度はSystem Preferencesと表示されます。
  2. System Preferencesの「Users」を開き、削除したいユーザを選んで[Delete User]をクリックする。
    確認のシートが表示されます。
  3. 管理者のユーザ名を選択し、[Delete]をクリックする。
    「System Administrator」を選択すると、削除したユーザのホームフォルダからファイルを回収できなくなります。
  4. System Preferencesを日本語モードに戻す。

test2 Deletedシステム環境設定を英語モードにしていたので、旧ホームフォルダの末尾に付加されるのは「削除済み」ではなく「Deleted」になります(右図)。これなら、日本語非対応のTerminalでも扱えます。

あらかじめ必要なファイルをほかのユーザのホームフォルダ内に移してから、Terminalで削除してください。

green 【2003年12月まで】iDiskのフォルダを削除できない (2001/10/15)

対策

Mac OS 9で起動すると削除できました。ただし、Mac OS 9でも削除できないという報告もあるので、必ずしも有効な方法とは限りません。

追記 (2004/03/18)

2003年12月から、AFP (Apple File Protocol)でiDiskをマウントすると読み取りしかできなくなり、翌1月にはAFPでのアクセスが終了となりました。


AppleOSとFinderのTips

green 【Mac OS X 10.1.5/10.2.8/10.3.9まで?】ゴミ箱への出し入れは移動 (2002/03/08)

ディスク間で移動できるようになったのに合わせて、ゴミ箱の仕様が変化しました。次の手順で操作してみましょう。

  1. ディスクAのファイルやフォルダを、ゴミ箱に入れる。
  2. ゴミ箱からディスクBへ、ファイルやフォルダを出す。

Mac OS 9までの場合、ファイルはディスクBへコピーされ、ゴミ箱にはディスクAのファイルが残りました。出す先がディスクAならファイルは残らないので、ゴミ箱の挙動には一貫性が欠如していました。

一方、Mac OS Xの場合、ファイルはディスクBへ移動し、ゴミ箱には残りません。出す先がどこであっても、ゴミ箱の挙動の一貫性は保たれています。

なお、Mac OS 9までのゴミ箱の実体(不可視のTrashフォルダ)がディスクごとにあったように、Mac OS Xのゴミ箱の実体(不可視の.Trashesフォルダ)もディスクごとにあります。デスクトップ~/Desktopが起動ディスクにしかなくなったこともあって、Mac OS 9までと同じ感覚でゴミ箱からデスクトップに出すと、ファイルの移動ダイアログが表示されることがあります。

情報提供:藤本隆行 様

green 【Mac OS X 10.4.1まで】Dashboard:ウィジェットを取り除く (2005/05/24)

WidgetManager動作中のウィジェットを終了するには、optionキーを押したまま、ウィジェットの左上の「×」マークをクリックします。

Dashboard下部のWidget Barからウィジェットを取り除くには、「/ライブラリ/Widgets/」または「ホームディレクトリ/ライブラリ/Widgets/」から、ウィジェットのファイルを取り除きます。

フリーウェアのWidgetManagerを使うと、より簡単に取り除くことができます。削除せず、Widget Barから一時的に取り除くこともできます。…インストール機能も欲しいな。

green 【Mac OS X 10.2.8まで】目的別 Finderの環境設定 (2001/10/05)

「OS XのFinderは使いにくい。OS 9のほうが良かった」という声をよく耳にします。けれど、Finderの環境設定を活用するだけで驚くほど改善できます。ここでは2種類の方法を提案します。

  1. カラム表示用の設定例OS 9風に使うための設定と注意点
    • 「フォルダを常に新規ウインドウとして開く」をONにする。
    • 注意点1:カラム表示の利用を避ける。
    • 注意点2:ツールバーのバグを避ける。
  2. カラム表示を活用するための設定と注意点
    • 「フォルダを常に新規ウインドウとして開く」をOFFにする。
    • 「ウインドウ内のほかのフォルダを開くときに同じ表示オプションを使用する」をONにする。
    • ファイルメニューで「新規Finderウインドウ」を選び、カラム表示にし、ツールバーを表示してから閉じる。
    • 注意点:アイコン表示やリスト表示のウインドウでは、ツールバーを非表示のままにする。(表示すると、OS 9風に動作しません)

1番の設定なら、ツールバーを表示しない限り、Mac OS 9との違いは無視できるほどです。ツールバーを表示すれば、それらをフォルダやアプリケーションのエイリアスのように利用できます。ただし、カラム表示を併用すると、同じフォルダを複数のウインドウに表示できてしまいます

2番の設定なら、新規Finderウインドウを表示すると常にコラム表示になり、ツールバーをクリックして簡単にそこへ移動できます。ただし、フォルダのダブルクリックとクリックに違いがないので、フォルダを新規ウインドウとして開きたいときは、commandキーを押しながらダブルクリックしてください。ツールバー非表示のウインドウとして開きます。

参照先:Mac OS X 10.1へのフィードバックFinderの環境設定を分かりやすく

green 【Mac OS X 10.1.5のみ】Carbonアプリの文字を綺麗にする (2002/06/13)

silkフリーウェアのSilkを使うと、Carbonアプリでも、Cocoaアプリのように文字を美しくスムージング表示できます。これはMac OS X 10.1.5から加わった新機能で本来は対応アプリでしか利用できませんが、Silkを使うことで、すべてのCarbonアプリで利用できるようになります。

ただし、一部のアプリでは表示に異常が生じるはずです。表示が異常になるアプリを「Global/Individual Settings」タブに登録してから、そのアプリの名前を選択し、「Enabled」のチェックを外しSilkの適用除外とします。あとh、アプリのアップデートを待つことになります。

参照先(→Silkのページ

green 【Mac OS X 10.2.8まで】システム起動時刻を指定する (2002/06/16)

Mac OS 9では、Macを立ち上げる曜日と時刻を設定できます。Mac OS Xには同機能がありませんが、Mac OS 9を併用すると予約した日時にMac OS Xを立ち上げることができます。

システム起動時刻の設定次の手順で設定します。

  1. Mac OS 9で立ち上げる。
  2. 「省エネルギー設定」コントロールパネルの「予約」タブで、システム起動時刻を設定する。
  3. 「起動ディスク」コントロールパネルで、Mac OS Xに切り替える。
  4. システムを終了する。

予約した日時になるとMac OS Xに切り替わって立ち上がります。ただし、一度でもMac OS Xで立ち上げると、上記の設定は無効化されます。

情報提供:Yoshinobu Morioka 様

参照先:Mac OS X 10.1.4へのフィードバック省エネルギー設定に「予約」タブの追加を望む

green 【Mac OS X 10.2.8まで】メモリが足りているか調べる (2001/12/05)

Mac OS Xでは常に仮想記憶が動作しており、起動時に仮想記憶ファイル(swapfile0)を作成します。swapfileの容量は決められているので、より多くのメモリが必要になるとswapfile0, swapfile1, swapfile2…と次々に作成します。

つまり、swapfileがいくつも作成されていれば物理メモリが不足している証拠で、逆に1つしかなければ余裕がある証拠になります。ただし、swapfileは不可視フォルダにあるので、TerminalやTinkerTool 2などの特殊なツールを使わない限り、swapfileの数を調べることはできません。

しかし、Finderのバグのおかげで、簡単な操作でswapfileを見ることができます。Finderの移動メニューで「フォルダへ移動」を選び、/private/var/vm/ と入力するだけです。swapfileが表示されます。

メモリを多く使っていそうなときに普通の使い方をしているときに確かめてください。swapfile0しかなければ、メモリが足りていることになります。

swapfileを表示

訂正:内容に誤りがあり、一部を削除しました。もださん、ご指摘ありがとうございます。

追記1 (2003/11/24)

Mac OS X 10.2.xまでのswapfileは、容量がすべて80,000,000バイトで一定で無数に作成されましたが、Mac OS X 10.3からは最初が64MB、続いて64MB, 128MB, 256MB, 512MBと増えてゆき、swapfileの最大容量は、起動ボリュームの空き容量の1/4、実メモリ、1GBのいずれかの最小値に制限されるそうです。

情報源:macosx-jpメーリングリスト[macosx-jp:16802], [macosx-jp:16810]

追記2 (2004/01/31)

アプリによっては、システムが許容する範囲でメモリを多用してパフォーマンスを上げているものがあります。この場合、どんなにメモリを積んでも、swapfileが作られます。また、メモリの使用量が減ったとしても、swapfileはすぐには削除されません。

なお、Mac OS X 10.3以降では、アクティビティモニタ(/Applications/Utilities/Activity Monitor.app)でメモリの使用状況を確認できます。このTipを使う意味はあまりありません。

green 【Mac OS X 10.1.5まで】CDトレイをキーを使わずに開く (2002/05/11)

PowerMac G4 (Quick Silver)やiMac (Flat Panel)では、CDドライブに排出ボタンがついていません。そのためCDなどを入れる際は、メディアイジェクトボタンを使ってCDトレイを開きます。これがないキーボードではF12キーを使います。

ところが、ファンクションキーのないキーボードでは、どちらの方法も利用できません。Mac OS 9なら付属のEjectアプリ(Power Mac G4 Install/Mac OS 特別付録/Eject Extras/Eject)を使うことになりますが、Mac OS Xでは動作しません。アップルのAdvanced Search(旧称:Tech Info Library)にはiTunesのイジェクトボタンを使うように書かれていますが(ID 25345JC)、これは不便です。

そこで、次の方法を提案します。

  1. システム環境設定の「ログイン」で、「ログイン項目」タブにiTunesを登録し、「隠す」にチェックを入れる。
  2. EjectアプリをDockまたはツールバーに登録する。
  3. CDを入れるときは、EjectアプリをクリックしてCDトレイを開ける。

Mac OS XではiTunesのイジェクト機能を、Ejectアプリが使えることを利用したTipsです。そのため、Mac OS Xの動作中はiTunesを終了してはいけません。iTunesを使ったあとは、ウインドウを閉じるかアプリを隠します。

情報源:アップル社のDiscussion Boards古いキーボードを使う方法はありませんか? msg # 5.1.1

green 【Mac OS X 10.1.xまで?】リセットしたらfsck (2001/12/18)

リセットせずに済むなら、それに越したことはありません。けれど、未だに何らかの原因でMacが反応しなくなることがあります(ほとんどはClassicとAppleTalkの不具合なんだな(T_T))。そんなときはリセットしがちですが、リセットするとファイルシステムの一部を損傷する恐れがあります。

Mac OS 9の場合、リセットすると自動的にディスクの検証が行われ、起動ディスクの損傷を修復してくれます。しかしMac OS Xには、同機能はまだ備わっていません。そこで、リセットしたら必ずシングルユーザモードでログインして、fsckコマンドで起動ディスクを修復する習慣をつけましょう。HDDが複数ある場合は、再起動してからDisk Utilityでほかのディスクも検査しておくことをお勧めします。

本当は、こんなことをしなくても済むようにOSを改良して欲しいところですけどね。

参照先:Advanced Search(記事ID106214JN)Mac OS X: ファイルシステム修復のために fsck を使用する理由とその方法

追記  (2002/10/12)

起動時にfsckによる自動診断を行い、不具合があったときは自動修復するように改良されました。

ご指摘ありがとうございました。>井上さん

参照先:System OverviewSystem Overview (PDF日本語)のP.85

green 【TinkerTool 2.0まで】スクロールバーの両端に双方向のアローを設ける (2001/10/12)

TinkerTool 2.01より、「スクロールアローの配置:両端にまとめる」が設定に加わりました。これを使うのが一番簡単です)

Mac OS 8-9では、AppleScript「set scroll bar arrow style to "constant ****dubl"」でスクロールバーの両端に双方向のアローを設ける隠し機能がありました。Mac OS X 10.1にも、同じ隠し機能があります。

同機能を有効にするには複数の方法がありますが、ここではDeveloper ToolsのPropertyListEditorを使う方法を紹介します。次の手順で操作します。

  1. TinkerTool 2やSNAXを使って隠しファイルを表示する。
  2. ~/Library/Preferences/.GlobalPreferences.plist をPropertyListEditorで開く。
  3. AppleScrollBarValiantのValue値を DoubleBoth に変更して保存する。(画面例1)
  4. ログインしなおすと、スクロールバーの両端に双方向のアローが表示されます。(画面例2)
設定操作とその結果
画面例1 画面例2
PropertyListEditorの画面 双方向のアロー

情報源:desktopper dot netOS X tips > ダブルスクロールアロー このほかの方法も紹介されています。

green 【Mac OS X 10.0.4まで】Classicアプリが起動してしまうときの対処

Jeditのように同じクリエータを担当するClassicアプリとOS Xアプリが併存するとき、ファイルをダブルクリックするとClassicアプリが起動するようになる場合があります。これを解決するには、次の操作をします。

  1. Mac OS X で起動し、Classicアプリを一度ゴミ箱に移します(カラにしない!)。
  2. Mac OS X で再起動し、OS Xアプリと同じフォルダにある同アプリのファイルをダブルクリックします。OS Xアプリが起動するはずです。
    (別のフォルダにあるファイルでも良いのですが、まれにClassicアプリが立ち上がることがあります)
  3. ゴミ箱にあるClassicアプリを元の場所に戻します。

情報源:アップル社のDiscussion Boardsclassic で立ち上がる・・・

green 【Mac OS X 10.0.4まで】前面のアプリケーションのすべてのウインドウを隠す

optionキーを押しながらメニューバークロックをクリックし、復帰するにはメニューバーをクリックします。

Classic Mac OSでは、前面のアプリケーションのすべてのウインドウをシェードするTipsがありました(option+シェードボックスをクリック)。その代わりとなるTipsです。ただ、分かりやすさはイマイチ。

情報源:アップル社のDiscussion Boardsクリックしたウインドウしか手前に表示されないのは不便

green 【Mac OS X 10.1.5まで】PDFを作る (2002/02/28)

Mac OSでPDFを作成するには、Adobe社のAcrobatを使用するか、シェアウェアのPrintToPDFなどを使用します。しかし、Mac OS Xではもっと安上がりにPDFを作成できます。PDFを保存する画面

  1. PDFにしたい文書を開き、ファイルメニューから「プリント」を選ぶ。
  2. プリントダイアログの「出力オプション」で「ファイルとして保存」にチェックを入れ、[保存]ボタンをクリックする。
  3. PDFの保存場所を指定する。

たった、これだけの操作でPDFを作成できます。また、画像をPDFに変換するには、Convert2PDFをご利用ください。

green 【Mac OS X 10.4.11まで】USBプリンタを共有する (2002/02/28)

USB Printer SharingMac OS 9にはUSB Printer Sharingという機能があり、USB端子に接続したプリンタをLANにあるほかのMacと共有することができます。Macが複数あるところでは非常に便利な機能なのですが、残念ながらMac OS Xには同機能が欠けています。

しかし、ちょっとした手間を惜しまなければ、Mac OS XでもUSBプリンタを共有できます。

プリンタを共有するMacの設定

共有プリンタを利用するMacの設定と操作

ただ、USBプリンタ共有機能は、経験上、Classic環境で使うと安定性に欠ける気がします。

追記1 (2002/08/30)

Mac OS X 10.2でUSBプリンタの共有機能が実装されました。しかし、この機能で共有できるのは、10.2以降のMac同士だけです。それ以前のバージョンと共有するときには、上記のTipsが役立つでしょう。

追記2 (2002/10/05)

アップル社のAdvanced Searchに同様の情報が掲載されました。

参照先:Advanced SearchMac OS X 10.2: Mac OS 9 コンピュータとプリンタを共有する方法(記事ID:107060)

green 【Mac OS X 10.4.11まで】Mac OS X非対応プリンタで印刷する (2002/04/21)

Mac OS X 10.2.8までの場合

Mac OS X対応プリンタは確実に増えつつあります。しかし、PostScriptプリンタ以外のネットワークプリンタは、まだ多くがMac OSでしか使えません。USB接続のプリンタであっても、数年前の製品はMac OSでしか使えないものが珍しくありません。

しかし、Mac OS用のプリンタドライバさえあれば、プレビューを経由することでMac OS Xネイティブなアプリケーションからも印刷できます。(Classic環境のアプリケーションなら、そのままで印刷できます)

  1. Print Centerを立ち上げ、IPアドレスを指定して架空のLPRプリンタを設定する。
    (架空のプリンタを作るのは、プリンタがないと用紙設定できないためです)
  2. Acrobat Reader 5.0.5以降を、常にClassic環境で立ち上げておく。
  3. Mac OS Xネイティブアプリで、印刷せずにプレビューする。
    • ファイルメニューに「プレビュー」があるアプリでは、それを選びます。(独自のプレビュー機能を持つInternet Explorerなどでは意味がありません)
    • そのほかのアプリでは、プリントダイアログで[プレビュー]をクリックします。
  4. Classic環境のAcrobat Readerでプレビューされるので、そのまま印刷する。

PDFを保存してから、Classic環境のAcrobat Readerで開いて印刷することもできます。しかし上記の方法では、PDFを保存する操作と開く操作を省略できます。印刷前にプレビュー画面で確認する習慣がある人なら、いつもと同じ感覚で印刷できます。

情報源:やぎさんに教えていただきました。ありがとうございます。

補足 (2003/01/19, 2003/11/10)

PostScriptプリンタの場合、メーカーが非対応機種としていても、PPDファイルさえあれば一応は印刷できる傾向があるそうです。PPDファイルはMac OS 9のシステムフォルダの初期設定フォルダから流用し、「/Library/Printers/PPDs/Contents/Resources/ja.lproj」に入れます。他機種のPPDファイルでも対応できる場合もあります。

ただし、メーカーに非対応扱いにされたのには何らかの理由があると考えられます。一見正常に印刷されて見えても、特定の条件で線の太さや位置が狂ってしまうかもしれません。用途を限って使うことをお勧めします。

そのほか、CUPSGimp-Print、GhostScript10.1用, 10.2以降用という方法もありますが、こちらを使う場合も同じ危険を留意してください。

情報源:千田さんに教えていただきました。ありがとうございます。

Mac OS X 10.3以降の場合 (2005/06/02)

上記の手順3でPDFとして保存し、それをClassic環境のAcrobat Readerで印刷してください。「プレビュー」ボタンをクリックすると、プレビューアプリケーションが立ち上がります。また、Gimp-PrintドライバがOSに備わっています。

情報源:Acrobatでは表示できないと兼子さんにご指摘いただきました。ありがとうございます。

green 【Mac OS X 10.4.11まで】起動時の画面を変更する (2005/05/27)

Mac OS X 10.3.9まで

BootPanelMac OS Xの起動時に表示される画像(右図)を、別の画像に変更できます。この画像は、下記の場所にあるBootPanel.pdfというPDFファイルです。

変更は簡単で、差し替える画像を同じ名称のPDFファイルとして用意し、元のファイルを別の場所に移して代わりに入れておくだけです。差し替える画像の大きさや形は自由です。ただし /System のなかはアクセス権が制限されているので、Finderの移動メニューで「フォルダへ移動」を選び、次のパスを入力します。
/System/Library/CoreServices/SystemStarter/QuartzDisplay.bundle/Resources/

BootPanel.pdfのアクセス権も制限されているので、別の場所を移す前に、「情報を見る」ウインドウを表示してアクセス権を変更してください。

参照先:Terminalで書き換える方法起動画面を取り替える

Mac OS X 10.4から

仕様が変更されました。下記のページをご覧ください。

情報源:padma colorsブートパネル


Appleファイル共有のTips

green 【Mac OS X 10.1.xまで】サーバを簡単にマウントする

サーバをマウントする際にはユーザ名とパスワードを入力する画面が表示され、この入力が面倒です。「サーバへ接続」のアドレス欄に afp://ユーザ名:パスワード@サーバIP と入力すると、ユーザ名とパスワードを要求されません。次回からは「最近使ったサーバ」から選ぶだけです(セキュリティが低下することをお忘れなく)

同様にWindowsサーバをマウントするときは、smb://ワークグループ名;ユーザ名:パスワード@コンピュータ名/共有名 と入力すると即座にマウントされます。しかし、ワークグループ名やパスワードを入力すると、「最近使ったサーバ」に記録されません。

Mac OS X 10.2以降も有効ですが、ユーザ名とパスワードがキーチェーンに登録されるので、ほとんど意義がありません。

green 【Mac OS X 10.1.5まで】Windowsの共有フォルダをマウントする (2001/10/21)

Mac OS X 10.1からSMBクライアントサービスが搭載されたため、Windowsの共有フォルダをマウントできるようになりました。次の手順で操作します。(Mac OS Xの共有フォルダにWindowsから接続することはできません)

  1. Finderの移動メニューから「サーバへ接続」を選ぶ。
  2. アドレス欄に smb://コンピュータ名/共有名 と入力し、[接続]ボタンをクリックする。
    • コンピュータ名は、Windowsのネットワークのプロパティで設定します。IPアドレスでも代用できます。
    • 共有名は、共有するフォルダのプロパティで設定します。
    • 大文字と小文字の違いは気にしなくても大丈夫です。
  3. 各欄にワークグループ名、ユーザ名、パスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックする。
    Windows側の設定によってはワークグループ名を省略できるようです。

Windowsの設定SMBログインウインドウ

これでマウントできますが、注意すべき点が4つあります。

テスト環境:Windows 98SE on Virtual PC 4.0.2

参照先:Advanced SearchMac OS X で Windows ファイル共有を設定する方法(記事ID:107083)

green 【Mac OS X 10.1.5まで】ファイル共有のコピー速度を向上させる (2001/10/03)

サーバに接続ネットワーク内にMac OS 9とMac OS Xのマックが混在するとき、"AppleTalk"と"ローカルネットワーク"(TCP/IP)のどちらを選べば良いでしょうか?(OS 9なら「ネットワークブラウザ」で、OS Xなら移動メニューの「サーバに接続」で"AppleTalk"と"ローカルネットワーク"が表示されます)

結論からいうと、どちらのOSでも"AppleTalk"からサーバ機を選択するのが無難です。マウントするサーバ機がOS 9の場合、"ローカルネットワーク"にあるTCP/IP接続を選ぶと大幅にパフォーマンスが低下します。逆にサーバ機がOS Xの場合、どちらを選んでもほとんど違いはありません。

またAppleShare IP Serverなどの専用ソフトを使わない限り、OS 9をサーバ機にするとパフォーマンスが極端に低下します。常用するMacはOS 9にしていても、サーバ機にするMacにはOS Xを入れることをお勧めします。

テスト結果→別ページを参照

ご注意 (2002/08/26)

Mac OS X 10.0〜10.1.xにはバグがあります。同OSをサーバ機し、同OSのクライアント機からファイルを書き込まれると、サーバ機をMac OS 9で立ち上げ直したときにファイル名が文字化けします。

Mac OS X 10.2では修復されています。Mac OS X 10.2と10.1.5の2台で互いをサーバにするテストをしたところ、文字化けは発生しないことを確認できました。

関連情報(→ファイル共有機能が日本語に対応していない

green 【Mac OS X 10.1.5まで】Mac OS 8.6以前の日本語名のサーバをマウントする (2002/12/01)

Mac OS XはAppleTalkサーバをマウントできますが、それは次のいずれかの場合に限ります。

つまり、Mac OS 8.6以前のMacでサーバ名に日本語を使っている場合は、Mac OS Xでマウントできません。解決するにはサーバ名を半角英数字に変更するのが近道ですが、サーバ名ですから簡単には変更できない事情もありえます。

セレクタそんなときは、Classic環境でセレクタを使うと解決できます。セレクタには上記のサーバが表示され、もちろんマウントもできます。

なお、セレクタに代わるものとしてMac OS 8時代に登場したネットワークブラウザは、Classic環境で動作しません。

関連するフィードバック:AppleTalkクライアントが日本語のサーバ名に対応していない

情報源:岡崎さんに教えていただきました。ありがとうございます。

green 【Mac OS X 10.0.4まで】Mac OS 7.5.5〜8.6をサーバにする (2001/12/22)

Mac OS Xに対してサーバとなるのは、Mac OS XまたはMac OS 9がインストールされたマックだけです。Mac OS 8.6以前のマックをサーバにする(フォルダをMac OS Xでマウントできるようにする)には、Open Door Networks社のShareWay IPを使います。

使い方は簡単です。アプリケーションは2つあり、一方はOS 9のファイル共有コンパネとそっくりです。ここでファイル共有をONにしたり、設定を変更したりできます。アプリを終了するとファイル共有も終了します。もう一方はバックグラウンド専用のアプリです。常時共有する場合は、こちらをマックの起動項目に登録します。

なお、OS X側の「サーバに接続」画面の「ローカルネットワーク」には、ShareWay IPをインストールしたマックが表示されません。マウントするには、アドレス欄に「afp://サーバ機のIPアドレス/」と入力してください。共有ボリュームのエイリアスを作っておけば、次からは簡単にマウントできます。

性能にも問題はありません。そもそもMac OS 9のTCP/IPによるファイル共有は、ShareWay IPをライセンス供与されたものです。79ドルと比較的安価ですし、10日間限定で試用することもできます。

Mac OS X側をサーバにするなら、セレクタやネットワークブラウザでサーバのIPアドレスを指定するとMac OS 8.6以前のマックでもマウントできます。(Mac OS X 10.1以降は、IPアドレスを指定せずにAppleTalkでマウントできるようになりました)

green 【2010/11/08まで】iDiskからファイルをダウンロードする (2002/03/08)

iDiskの特定のフォルダに入れたファイルは、Webブラウザなどを使ってダウンロードできます。ただし、ダウンロードできるのはファイルのデータフォークのみです。リソースフォークが削られるので、アプリケーションなどは壊れてしまいます。JPEGファイルや圧縮ファイルなどに限って使うことをお勧めします。

Siteフォルダの場合

http://homepage.mac.com/アカウント名/ファイル名

Webページを公開するときのURLです。

Publicフォルダの場合

http://homepage.mac.com/アカウント名/.Public/ファイル名

Publicの前にドットを入れるのがポイントです。また、iDisk Utilityなどを使うとPublicフォルダをパスワードで保護できますが、この方法でURLを指定するとパスワードは無効になります。

Picturesフォルダなどの場合

http://homepage.mac.com/アカウント名/.Pictures/ファイル名

Picturesフォルダ、Musicフォルダ、Moviesフォルダに入れたファイルも、Publicフォルダと同じ方法でダウンロードできます。ただし、Documentsなどその他のフォルダからはダウンロードできません。

.MacのHomePageサービスを使ったことのある人には自明のTipsですが、割とFAQのようなので、ここに掲載することにしました。


AppleQuickTime PlayerのTips

green 【iPhone OS 2.1まで】英語キーボードのスペルチェックを無効にする (2008/08/07)

Webページで何らかのログイン画面が表示される場合、IDを英字で入力することになります。このとき、日本語キーボードを使うと、変換候補が表示されて邪魔です。かといって、英語キーボードに切り替えると、スペルチェックが働くため別の単語に変更されかねません。

次の設定を行うと、漢字変換とスペルチェックに煩わされません。

  1. 「設定」-「一般」-「キーボード」-「各国のキーボード」にて、日本語は「フルキーボード」だけを「オン」にし、「テンキー」と他言語のキーボードをすべて「オフ」にする。
  2. キーボードを使う際に、地球儀キーをタップして「QWERTY」キーボードを表示する。

QWERTYキーボードは英語キーボードと似ていますが、スペルチェックが無効になっています。

情報源:アップル社のDiscussion Boardsメール入力時に気付いたこと


AppleQuickTime PlayerのTips

green 【QuickTime 6.xまで】MPEG-1およびMPEG-2からQuickTime形式へ変換する (2003/12/21)

サウンドなしMPEG-1形式やMPEG-2形式のファイルをQuickTime Playerで開き、QuickTime形式(またはMPEG-4形式)に変換して書き出すと、音声トラックが失われます。これを防ぐには、次の方法を使います。

なお、MPEG-2形式のファイルを開くには、MPEG-2再生コンポーネントが必要です。

  1. bbDEMUXなどで映像と音声を分離する。
    後述する理由から、映像ファイルは使いません。
  2. 音声ファイルのクリエータを「なし(none)」に変更する。AmSetFileTypeCMXが便利)
  3. 音声ファイルをiTunesに登録し、詳細設定メニューの「選択項目をAIFF形式に変換」を選ぶ。(メニューに項目がないときは、iTunesの環境設定で「読み込み方法」を変更します)
  4. 作成したAIFFファイルをQuickTime Playerで開き、編集メニューの「すべてを選択」と「コピー」を順に選ぶ。
  5. 元のMPEGファイルをQuickTime Playerで開き、編集メニューの「拡大/縮小して追加」を選ぶ。
  6. ファイルメニューの「書き出し」で、QuickTime形式(またはMPEG-4形式)を選んで書き出す。

ファイルの容量が2GBを越える場合は

音声を追加すると書き出す際にエラーが生じます。いったん、映像だけのQuickTimeムービーと、音声だけのQuickTimeムービーを書き出しましょう。QuickTimeムービー同士であれば、簡単に合成できます。

MPEG-4形式にする場合は、MPEG-4コーデックのQuickTimeムービーとして映像と音声をそれぞれ書き出します。映像と音声を合成したら、書き出しの際に「オプション」で「そのまま」を選択します。

CaptyTVで作成したMPEG-2ファイルは

付属のPixeDVでAIFFファイルを分離すると、手順1〜3を一度に行えます。

別売のCapty MPEG Editなら、音声を失うことなくQuickTime形式やMPEG-4形式などに変換できます。それもそのはず。Capty MPEG EditのQuickTime変換機能は、上記の手順を自動化したものです。ただし、何らかの理由でPhotoJPEGコーデック+AIFFコーデックのQuickTimeファイルをいったん作成し、次に指定した形式へ再変換しています。

分離した映像ファイルを使わないのは

bbDEMUXなどで分離した映像ファイルをQuickTime Playerで開くと、ファイル容量によっては開くまでに大変な時間がかかります。そこで上記のように、元のMPEGファイルを使う方法を提案しました。AIFFファイルを追加した時点で音声が二重になりますが、書き出しの際にMPEGファイル内の音声が消えるので問題になりません。

情報源:アップル社のDiscussion Boards難題?: MPEG1->MPEG4

情報源:アップル社のDiscussion Boardsデジカメから...

green 【QuickTime 6.0.2まで】高品位のMPEG-4ファイルを作成する (2002/12/14)

「MPEG-4ビデオ」コーデックのQuickTimeファイルを書き出す場合、圧縮の種類を高品位圧縮と高速圧縮から選択できます。一方、MPEG-4ファイルを書き出す場合、ビデオトラックで高品位を選択しても、QuickTimeファイルの高速圧縮相当でしかありません。

そこで、いったんMPEG-4ビデオコーデックのQuickTimeファイルを作成することで、通常よりも高品位のMPEG-4ファイルを作成できます。

詳しくは、Desire for wealth(11月13日の記事)をご覧ください。

追記1 (2003/01/29)

MPEG-4ビデオコーデックにあった圧縮の種類の選択肢は、QuickTime 6.1で削除されました。これに伴う画質の変化について、少し調べてみましたので報告します。

QuickTime 6.1ではMPEG-4圧縮のアルゴリズムが見直されたらしく、同6.0.2での高品位圧縮とも高速圧縮とも異なる結果になります。そして、QuickTime 6.0.2の高品質圧縮が同6.1より高品位であるとは、必ずしもいえません。

元となる映像の性質と書き出し時の設定によっては、Desire for wealthの1月11日の記事に示されるようにQuickTime 6.1で作成したMPEG-4ファイルで画質が劣る場合があります。一方、元となる映像と書き出し時の設定を変更すると、下記に示されるようにQuickTime 6.1のMPEG-4ファイルの方が高品位になる場合もあります。

一般論を導けるほどのテストは行なっていませんが、画質を維持することを目的にQuickTime 6.0.2に留める必要はなさそうです。

MPEG-4圧縮のQuikcTimeファイル(拡大率200%)
QuickTime 6.0.2(高品位圧縮)   QuickTime 6.1   書き出し時の設定
QuickTime 6.0.2の高品位圧縮   QuickTime 6.1   圧縮:MPEG-4ビデオ
品質:最適
フレーム数:30
基準フレーム数:5
データレート:128Kbytes/秒

映像ソース:春風亭工房による同人デモビデオ。

備考

2003/1/13の時点は、Desire for wealthの記事を参考に、QuickTime 6.1でMPEG-4の画質が低下したと報告していました。その後、高嶋秀則さんから逆ではないかとのメールをいただきまして、上記のテストを行ないました。

高嶋秀則さんは、ご自身のホームページ内の「暫く特集:動画編集パラノイアMPEGうんたら編-」で、この件を論じています。ご覧ください。

追記2 (2004/01/05)

QuickTime 6.5あれから1年。QuickTimeのバージョンは6.5になりました。その過程での改善ぶりを確認するため、上記の実験を行ってみました。常にこの画質とはゆきませんが、目に見えて向上しています。


AppleiPod

green 【iTunes 4.9まで】任意の曲をシャッフル再生から除外する (2004/11/23)

iPod miniおよび第4世代以降のiPodでは、メニューの「曲をシャッフル」を選ぶと、全曲を対象としてシャッフル再生できます。しかし、シャッフル再生から除外したい曲はないでしょうか?

たとえばアラーム機能。この機能では、任意のプレイリストをアラーム音に指定できます。アラーム音に使う曲を、シャッフル再生から除外したくはありませんか?

このような場合、除外したい曲をオーディオブック形式に変換します。オーディオブック形式の曲はiPodの「ミュージック」画面で「オーディオブック」に分類されるようになり、シャッフル再生の対象外となります。

注意点

オーディオブック形式の曲の再生を中断すると、次回は続きから再生します。そのため、途中から再生されると困る曲には、このTipは適しません。

特にアラーム音に使う曲の場合、再生直後に曲の終わりに至ってはアラームの役に立ちません。このような場合、次のいずれかの対策をお勧めします。

iTunes 5より、曲の情報ウインドウの「オプション」に、設定項目「シャッフル時にスキップ」が追加されました。


AppleiTunesのTips

green 【iTunes 1.xからの移行】31文字以上の曲名を付ける (2001/11/06)

iTunes 1.xでは、半角英数字で30文字まで全角文字で15文字までの曲名しか付けられませんでした。iTunes 2では、ID3タグのバージョンをv2.3にすると、より長い曲名を付けることができます。バージョンv2.3でUnicodeを利用するお陰です。次の手順で操作します。

  1. iTunes 2のウインドウで、長い曲名にする曲を選択する。
  2. 高度な操作メニューで「ID3タグを変換」を選ぶ。
  3. プルダウンメニューで「v2.3」を選び、[OK]ボタンをクリックする。
  4. 曲名を変更する。

ただし、iTunes 2.01のUnicode実装にはバグがあり、他社のUnicode対応ソフトで文字化けします。単純なバグなので、早晩、修復されることでしょう
 2001/11/17追記:iTunes 2.0.2で修復されました。ただし、iTunes 2.0〜2.0.1で作成したv.2.3のID3タグは、曲の再生時に文字化けします。iTunesではこれを修復できないので、再生する前に改めてID3タグを変換してください)

iTunes 2のUnicode問題:Desire for wealth


AppleAddress BookのTips

green 【Mac OS X 10.1まで】Mailからアドレス帳に登録できないときの対処

Mailのメッセージメニューの「差出人をアドレス帳に追加」が機能しないときは、Address Bookの表示プルダウンメニューを「カードを一時的に作成」に変更し、「すべて」に戻します。以後は正常に動作します。→参照先

情報源:アップル社のDiscussion Boards差出人をアドレス帳に追加するには?


AppleAppleCare Protection Plan

green 旧パッケージユーザはサービスが追加される (2003/01/19)

AppleCare Protection Planは、2002年11月27日より新パッケージに移行しました。これに伴い、従来のパッケージを購入した人は、次の追加サービスを利用できるようになりました。

  1. ポータブル製品の修理に、ワールドワイド保証が追加される。
  2. デスクトップコンピュータの修理に、出張修理サービスが追加される。
  3. PowerBookユーザは、アップル製ディスプレイ1台も保証対象となる。従来パッケージのPowerMacユーザは、アップル製ディスプレイが2台まで保証対象となる。
  4. AppleCare Protection Plan CDがMac OS 9、Mac OS Xに対応した。

3〜4の追加サービスを得るには、アップル社コールセンターへの電話が必要です。

情報源:アップル社のAppleCare Protection Plan会員限定ページ(URLは付属の説明書に記載)


AppleVirex(.Mac付属のアンチウイルスソフト)のTips

green フォルダやファイルを指定して検査する (2003/03/15)

Virexアプリケーションにファイルをドロップすると、ファイルを指定してウイルスを検査できます。しかし、フォルダはVirexにドロップできません。

下記のAppleScriptならば、ファイルだけではなく、フォルダを指定して検査できます。検査したいファイルやフォルダは、このAppleScriptにドロップしてください。自動的にVirexが立ち上がって検査します。

on open object_list

repeat with object in object_list

tell application "Finder" to set the_alias to object as alias

tell application "Virex 7.2" to open the_alias

end repeat

end open

tell application "Virex 7.2" to activate

--このAppleScriptはVirex 7.2用です。ほかのバージョンを使う場合は、文中のVirex 7.2 を変更してください

AppleScriptの使いかた

アプリケーションフォルダにあるスクリプトエディタを立ち上げ、上記のテキストをコピー&ペーストします。次に「アプリケーション」フォーマットで保存します。

情報源:KAPPAさん

追記:Virexのスキャンボタンへドロップできると、やぎさんよりご指摘をいただきました。目からウロコ…。(2003/07/03)


AppleInput MethodのTips

green 起動直後から日本語を入力できるようにする (2003/01/05)

システム終了時に鉛筆メニューを表示していれば、次回、OSの起動直後から日本語を入力できます。システム終了時の状態に拘わらず入力できるようにするには、次のファイルをシステム環境設定の「ログイン」のログイン項目に登録します。

OSの起動直後でも、かなキーを押せばInput Methodの立ち上がりを待たずに日本語を入力できます。OSのバージョンとInput Methodの種類によっては、USモードでOSが立ち上がっても操作パレットが表示されていたり、英数キーを押しても最初だけは半角英数入力にならないなど、やや妙なところがありますが動作に支障はありません。

とはいえ、Mac OS 10.1でInput Methodの立ち上がりが早くなったので、このTipsを使う必要はあまりないでしょう。

◆ことえりの場合(Mac OS 10.0.x〜10.1.x)

/System/Library/Components/KotoeriUIServer

◆ことえりの場合(Mac OS 10.2.x)

/System/Library/Components/Kotoeri.component/Contents/Support/KotoeriUIServer

◆ATOK14の場合

/Library/Components/ATOK14.component/JUSTSYSTEM/ATOK14(ATOK14.componentの中はパッケージを開いて表示します)

◆EGBRIDGE12の場合

/Library/Components/EGBRIDGE12.component/Contents/SharedSupport/Engine(EGBRIDGE12.componentの中はパッケージを開いて表示します)

◆EGBRIDGE13の場合

同じ場所にEGBRIDGE13JETServerの2つのアプリケーションがあります。これらを登録すると良いようですが、元から十分に早いので違いを体感できませんでした。

情報源:アップル社のDiscussion Boards起動してから最初に日本語入力に切り替える際のもたつき解消法

情報源:アップル社のDiscussion BoardsEGBRIDGEを起動時にONにしたい

green 【ATOK14 ver.1.0.2まで】ATOK14:日本語を入力できなくなったときの対処 (2001/12/14)

ATOK14 for Mac OS Xを使っていると、メニューバーの鉛筆メニューが消えて、日本語を入力できなくなることがあります。IMのメニューでことえりなど他のIMを選ぶと回復することがありますが、障害が酷いときはアプリケーションの再立ち上げが必要になり、さらに酷いときはMac OS Xをログインしなおすまで回復しません。

システム環境設定の「地域情報」でATOK14のチェックを外すか、ATOK14をアンインストールすると、障害を回避できます。

無反応かつ鉛筆メニューが消えたJedit4

green 【ATOK14 ver.1.0.2まで】ATOK14:アプリケーションが反応しなくなったときの対処 (2001/12/14)

IE 5.1を使っていると、通常は白黒のビーチボールカーソル(待ち状態を示すカーソル)がカラーになり、そのまま長時間待たされることがあります。また、JeditやiTunesでも、アプリケーションが長時間の無反応状態に陥ることがあります。原因は、ATOK14 for Mac OS Xにあります。

上記の2つの問題についてジャストシステム社のサポートに問い合わせたところ、改善を試みたテスト版を送っていただけました。しかしテスト版を使っても、IEやJeditが反応しなくなったり、鉛筆メニューが消える現象が発生しました。同社によると対策の目処は今のところないそうです。

関連情報:アップル社のDiscussion Boards(ATOK14 for Mac OS Xが重くなるATOK for MacOSXの不具合について。

関連するフィードバック:(かな漢字変換ができなくなるiTunes2:「曲の情報」ダイアログの入力欄が消える

追記(2002/04/13):ATOK14 for Mac OS X バージョン 1.1.0へのアップデータが配布され、バグは解消しました。


AppleInternet Explorer

green ウインドウがDockに隠されたときの対処 (2001/??/??)

Dockの仕切線をクリックすると、ドックに重ならないようにウインドウが移動&縮小します。

Dockの欠点をアプリケーションが補っています。(SIGH)

関連情報:アップル社のDiscussion BoardsIEのウインドウ縮まるって知ってました?


AppleCaptyTV(MPEGキャプチャ装置)

green 【Mac OS X 10.2.3まで】消えたボタンを復活させる (2002/12/14)

付属アプリPixeDV for Mac 2.5.1のインタフェースは独特(率直に言わせて貰えば、異常)で、Dockを非表示にしたうえ、メニューバーがあるべき位置にボタンを並べます。

このアプリをMac OS X 10.2以降で使う場合、困ったバグがあります。「command+tab」でほかのアプリに切り替えると、PixeDVに戻ったときにメニューバーの位置にあるボタン群が消えてしまい、モード切り替えはもちろん、PixeDVの終了さえ不可能になります。

こんなときは、次の順にキーを押すと元の状態に戻ります。

  1. control+F1(フルキーボードアクセスをONにする)
  2. control+F2(アップルメニューを表示する)
  3. Esc(メニュー表示をキャンセルする)

あらかじめフルキーボードアクセスをONにしている場合は、手順1は不要です。フルキーボードアクセスの設定を変更している場合は、手順2の操作は異なります。

情報源:Desire for wealth(12月9日の記事)


Tipsメニュー − (トラブルシュート / OSとFinder / ファイル共有 / iPhone / その他 (1) (2) / ゴミ箱) top
文責:野尻隆裕 (Twitter @TakaNojiri)