Top  Feedback (Main, Sub)  Tips  Software  My Mac  No!CCCD  Link  更新日:2009年04月10日

ダウンロード販売は解決策になるか?

「CCCD不買宣言」へ戻る


現状

違法コピーされた音楽がインターネット上で交換されること。これを防ぐためことを大義名分としてCCCDは登場しました。しかし、上記のように到底受け入れられるシロモノではありません。では、どうすれば良いか。その回答として、音楽のダウンロード販売が提唱されています。

ダウンロード販売に求められる仕様は、CCCDの場合と同じです。消費者の利便性を損なう形で開始されたサービスは、決して消費者に受け入れられないでしょう。たとえば、上記レーベルゲートCDのダウンロード販売版といえるMora(旧称:レーベルゲートは、開始されて随分経ったいまも、鳴かず飛ばずのままです。ExciteやOCNで開始されたWindows Media Technologyベースのダウンロード販売に至っては、OSを再インストールすると二度と再生できなくなるシロモノです。我々は曲を買いたいのであって、借りたいのではありません!(2004/6)

iTunes Music Storeに対する個人的な評価

一方、Apple社のiTunes Music Storeはかなり良い仕組みになっています。そのため、米国の市場シェアの8割を握っているとされています(2005/8)。しかしまだまだ不十分です。自社製品(iPod)の販促サービスに特化させるのではなく、積極的に他社へライセンスし、業界標準規格へ育てることを希望します。

iTunes Music Storeの特徴

アップルはiPodというHDDベースの比較的高価な携帯音楽機器を販売しています。そのため、安価なメモリーベースの携帯音楽機器を求める消費者は、このままではWindows Media系のダウンロード販売に奪われてしまうことでしょう。けれども、iPodの再生回路をライセンスすれば、この層もiTunes Music Storeに取り込めるのではないでしょうか?

iPodのOEM提供 (2004/01)

上記の文書を書いた直後に、米Hewlett-Packard社(HP)がApple社との提携を発表しました。HPブランドのiPodを発売し、HP製パソコンへiTunesをバンドルするとのことです。小さな一歩ではありますが、iTunes Music Storeで販売する音楽をApple製品に閉じ込めないというメッセージとして評価します。

HPのニュースリリース(英文):
HP and Apple Partner to Deliver Digital Music Player and iTunes to HP Customers

Appleのニュースリリース(英文):
HP and Apple Partner to Deliver Digital Music Player and iTunes to HP Customers

ただし、HP社へのOEM提供は、HP社の方針変更により2005年に終了しました。

携帯電話へのライセンス提供 (2004/07)

さらに半年後、iTunes Music Storeで購入した曲を再生できる携帯電話を、アップルとモトローラが共同開発したと発表しました。アップル製品以外へと、iTunes Music Storeの再生環境は徐々に広がりつつあります。(2004/7)

Appleのニュースリリース(英文):
Motorola and Apple Bring iTunes Music Player to Motorola's Next-Generation Mobile Phones

このiTunes携帯電話は、製品名Rokrとして1年後に発売されました。(2005/9)

iPod shuffle発売 (2005/01)

ついに、iPodファミリーにメモリーベース系の製品が加わりました。この時点では、512MBと1GBの2種。将来はメモリーベースのiPod miniが登場するかもしれません。(iPod nanoとして実現しました。(2005/9)

iPodの特徴であるUIを捨てて、さらに液晶画面まで捨てて安価な製品にしたのは、他社製の安価な携帯音楽機器の売れ行きを懸念したからでしょう。これを放置していては、安さに惹かれた消費者が最初に触れる製品がWindows Media系になってしまい、その後はDRMに縛られてiPodに移行しなくなってしまいます。

HDDベースからメモリーベースまですべての価格帯にiPodを投入したアップルですが、これで万全とはいえません。SONYのネットウォークマンはHDDベースでは惨憺たる状態ですが、メモリーベースではそれなりの存在感を示しています。やはり、iPodのDRMをライセンスすべきではないでしょうか?

日本でのサービス開始 (2005/08)

米国のでサービス開始から2年あまり。ようやく日本でのサービスが開始されました。サービス開始時の状況を以下に記録しておきます。

なお、SMEをはじめとして参加していないレコード会社が多数あります。ある種の見切り発車です。個人的には、アニソン系レーベルがまるで参加していないのが痛い…。

すべての曲がDRMフリーに…日本を除いて (2009/04)

iTunes Storeで曲を売っている22ヶ国のうち、21ヶ国ですべての曲がDRMフリーのiTunes Plusになりました。DRM付きの曲を販売しているのは、日本だけです。全世界に広がるDRMフリー化の潮流。日本の音楽業界はいつまで前世紀の遺物にすがりついているのでしょうか。そして、日本の消費者(主に携帯ユーザー)は、自分たちが不当に搾取され制約され続けていることに、いつになったら気づくのでしょうか?

MSNミュージックに対する個人的な評価 (2004/10)

米国でMSN Music ベータ版が始まったとき、このサービスの日本展開を期待しました。

米国でのサービスには、次の特徴があります。

情報源:米MSN、1曲99セントの音楽ダウンロード販売サービス開始(INTERNET Watch; 2004/09/02 15:53)

ところが、日本で始まったサービスでは、次のように変わってしまいました。

情報源:MSN、音楽配信サービス「MSNミュージック」をまもなく開始(ITmedia; 2004/10/13 10:29)

携帯プレーヤへの転送回数に制限を設けると、安心して転送できなくなります。もし、携帯プレーヤのなかのデータがクラッシュしたら、全曲を入れ直さねばならないでしょう。これを3回行ったら、もう曲を転送できません。

音楽CDを作成できないのは、論外です。将来、Windows DRM非対応機器(iPodなど)に買い替えた場合、当然、購入した曲は持ち歩けなくなります。しかし、音楽CDを作っておけば、リッピングしなおすことで対処できます。このような形ですら再生互換性を確保できないのでは、安心して購入できません。

結論

黒船来航を期待していただけに、この内容には失望しました。我が国のMSNミュージックの音楽は、現状では、ダウンロード「販売」されるのではなく、期間未定で「レンタル」されているに過ぎません。ならば、この価格は不当に高すぎます。アルバムをレンタルしてリッピングすることを考えれば、1曲10円〜20円程度でないと商品価値を見いだせません。(註:レンタルCDのダビングは、私的利用の範囲なら合法です。参考文献


top
文責:野尻隆裕 (Twitter @TakaNojiri)