Top  Feedback (Main, Sub)  Tips  Software  My Mac  No!CCCD  Link  更新日:2005年12月28日

CCCDって何?

「CCCD不買宣言」へ戻る


概要

パソコンユーザにとっては、パソコンで聴けず、iTuensでリッピングできず、iPodに入れられないCDモドキというところでしょうか。CDモドキというのは、CDの規格を定めた「レッドブック」を無視したシロモノだからです。つまり、CDプレーヤでも再生できないことがあり、再生できた場合も音質は必ず劣化します。ルール違反の紛いもの商品です。

CCCDの品質

どのくらい粗悪な商品かというと、例えばavexのCCCDには次の免責事項が明記されているほどです。(強調は引用者による)

コピーコントロールCDには、WindowsOSで動作する圧縮音源再生ソフトウェアが収録されておりますが、これはWindowsOSを搭載したパーソナルコンピュータすべてで動作することを保証するものではありません。また、WindowsOS、Macintoshを問わず、このCDをCD-ROMドライブに導入したことによる運用およびその結果に関しては、お客様ご自身の責任で行ってください。その結果、データならびにハードウェアへの損害が生じたとしても、弊社では一切補償しません。

WindowsOSで動作するけど、パソコンに入れるのはユーザの自己責任。…音楽CDにあるまじき逃げ口上です。もっとも、再生したCDドライブが壊れたという事例がいくつも報告されているので、この警告は冗談ごとではありません。さらに、本来は再生できねばならない携帯CDプレーヤを壊したという報告すらあります。(ただし、どの報告でも再生したCCCDとの因果関係は立証されていません)

著作権はどのように保護すべきか

著作権を守ることは大切ですから、コピー防止機構の必要性は理解できます。しかしそれならば、既存のCDプレーヤで再生したときに音質を劣化させるようなCCCDではなく、DVDオーディオなどの新しい規格の普及に努めるべきでしょう。

また、新しい規格ではパソコンとの親和性を重視すべきです。パソコンで再生する際の音質を大幅に劣化させるのでは、消費者の需要とかけ離れています。消費者に認められるには、次の仕様が不可欠です。(もちろん私見です)

現状のCCCDに対する個人的な評価

avexが先鞭をつけた現在のCCCDは、上記のすべての項目で落第です。

SONY Music EntertainmentのレーベルゲートCDでは音質が向上し、パソコンに一度だけコピーでき、ファイルのバックアップ機構が用意されるなどの改善が見られます。しかし再生のための仕様は非公開なので、携帯プレーヤはもちろん、MAGIQLIP以外のソフトではパソコンで再生できません。さらにバックアップは全曲一括なので、CCCDを購入するたびにバックアップしなおさねばなりません。到底、消費者の利便性を考慮した商品とはいえません。

(ちなみにSONYは、自社製CDプレーヤおよびパソコンでのCCCDの再生を保証していません。グループ企業内でも思惑はバラバラ…)

CCCDをGoogleで検索

下の「検索」ボタンをクリックしてください。コピーコントロールCDの最新情報をインターネット内で検索できます。

Google


その後

2004/09/17:エイベックス:CCCDの採用を弾力化へ、ソニーミュージックも追従の方向

新製品をすべてCCCDにすると豪語していたエイベックスが、方針変更を発表。CD-DAに戻りはじめました。iPod(プレスリリースに明記してある)などの普及により、CCCDでは売れないという判断です。お家騒動による社長交代の影響もあるかもしれません。
CCCD強硬派の代表格であるエイベックスとソニーが折れるということは、CCCD戦略の崩壊を期待できます。あとは、東芝EMIだ。

2004/10/01:ネットワーク認証型コピーコントロールCD“レーベルゲートCD”仕様の終了について

ソニー・ミュージックエンタテインメントが、9/30付けで正式にレーベルゲートCDの終了とCD-DAへの復帰を発表しました。SACDへの移行を積極的に行うわけではないそうです。

…という訳で、CCCD戦略の崩壊を期待したのですが、約1年後のいまも東芝EMIはCCCDを続けています。

2005/07/27:SMEがレーベルゲートCD2作品を全廃。通常CD-DA作品で再リリースへ

レーベルゲートCD2はネットワーク認証型のCCCDでした。そのため、販売を終了したあとも、既存の商品のためにサーバを維持する必要があり、SMEの無駄なコストとなっていました。そのためでしょうか、レーベルゲートCDの作品を通常のCD-DAで再リリースすることとしたようです。

2005/07/30:ソニーBMGとEMI、コピー防止付きCDの米国販売開始

ソニーとEMIは、まだCCCDを諦めていません。新たな仕様のCCCDを米国で発売しました。もちろん、iPod非対応です。いまはヒット曲に限っているのため、売れ行きは好調だそうです。

2005/08/09:東芝EMIがパソコンでの使用を考慮した音楽CDを販売に

「音楽CD」とか言っていますが、機能上はCCCD以外の何物でもありません。それにも拘わらず、従来のCCCDと仕様が異なるとか苦しい言い訳をして、CCCDロゴの使用を避けるとのこと。東芝EMIは偽CDを売るに飽き足らず、不当表示まで始めました。

iTunes Music Storeへの楽曲提供と同時にこんな暴挙を行うのは何故でしょうか?もしかすると、音楽CDという媒体を殺して、音楽配信に一本化したいと考えているのでしょうか?

2005/08/20:セキュアCDについて

東芝EMIが正式に発表しました。やはり、CCCDロゴは入れないようです。やりくちが汚い。

2005/09/01:新たなCDコントロール技術「セキュアCD」を試す

東芝の詐欺まがい製品。セキュアCDについての解説記事。CCCDロゴがないので、間違って買わないようにご注意を。

2005/11/03:ソニーBMGのCD保護対策にセキュリティの懸念噴出

今年から発売開始されたソニーBMGのCCCDには、rootkitと呼ばれる危険なソフトウェアが使われており、ウイルスなどの悪意あるソフトに容易に利用されることが明らかになりました。
批判を浴びたソニーBMGはrootkitの機能を停止するサービスパックをリリースしましたが、同サービスパックを使ってもrootkitを削除できないばかりかセキュリティホールが広げられてしまう始末。数日後にサービスパックを出し直すことになりました。
ちなみに、このソフト。オープンソースソフトを無断で使っていたという点でも、モラム皆無と批判されています。さらに、CDからリッピングする際にランダムノイズが挿入されるようになるとも批判されています。
なお、約2ヶ月後にアンインストーラが配布されました。

2005/11/18:もう1つのSONY BMG「無許可」DRMはMacにも対応

ソニーBMGの悪質なCDは、上記のXCP DRMばかりではありません。MediaMax DRMを採用したCCCDもあります。こちらはPCへ挿入した際に使用許諾契約を表示するものの、「拒否する」を選んでも自身をインストールします。削除手段はありますが、それを実行しても実際には削除されません。さらに、PCにCDを入れるたびに、ユーザー情報をメーカーへ通知します。…これはウイルスです。

2005/12/09:「ソニーBMGの『MediaMax』用パッチは適用しないように」,米EFF

上記に取り上げた、ソニーBMGのMediaMax DRMを採用したCCCD。インストールを回避できないという悪質さだけでなく、セキュリティホールもありました。これを塞ぐアンインストール・ツールが12/6に公開されたものの、それ自身にもセキュリティホールがあることが明らかになりました。現時点での対策は、ソニーBMGのCCCDをパソコンに入れないことしかありません。
なお、他社製のCCCDにもMediaMaxが採用されている可能性があるため、最善の策は、あらゆるCCCDをパソコンに入れないことです。


top
文責:野尻隆裕 (Twitter @TakaNojiri)