Top  Feedback (Main, Sub)  Tips  Software  My Mac  No!CCCD  Link  更新日:2003年10月29日

自作ソフトウェアの紹介

初心者の習作ですから、多大な期待は抱かないでください(^^;。開発にはG4 Cubeを使いました。

トップページに戻る

ソフトウェアの一覧


iconDropDigests v1.1.2 【FreeWare】 (2003/10/29)

導入

SHA-1の例アップル社のDownloadsページでは、OSのアップデータを配付する際にSHA-1ダイジェストという値を添えています。ダウンロードしたファイルのSHA-1ダイジェストの値を自分で求め、アップル社が示す値と比較します。それぞれの値が一致すれば、次の2つを確認できます。(詳しくは後述

SHA-1ダイジェストの値を求める方法は、アップル社のAdvanced Search「Mac OS X: SHA-1 ダイジェストを確認する方法」に載っています。しかし、ターミナルを(Terminal)用いるので、扱いづらい方法です。そこで、誰でも簡単に扱えるアプレット「DropDigests」を作りました。

自分のファイルをWebで公開するときにも、DropDigestsを利用できます。SHA-1ダイジェストの値を付記しておけば、ダウンロードした人がファイルを確認できます。

機能と特徴

動作環境

Mac OS X 10.2以降

ダウンロード

DropDigests.dmg (容量 444KB、SHA-1= d0a7be4e9898b77884908bc7f4c699062934fe7b)

DropDigestsはフリーウェアです。ご自由にお使いください。使い勝手への要望やバグ情報などがありましたら、Twitter @TakaNojiriにメールをお願いします。今後の参考にさせていただきます。
ところで、拡張子md5のチェックサムファイルを自動生成したり、これを読み込んで自動比較したりする方が良いでしょうか?

DropDigestsはOpen Sourceソフトウェアです。スクリプトの改良と流用は皆さんの自由です。ただし、改良せずに二次配布することは希望しません。また、なるべくなら、改良したスクリプトを私へメールしてください。

用語について

e-Words情報・通信事典の解説

RFCにおける標準化

上記RFC1321での名称が「MD5メッセージダイジェスト」であることと、アップル社の表記が「SHA-1ダイジェスト」であることから、ここでは「MD5ダイジェスト」および「SHA-1ダイジェスト」と表記しています。しかし、一般的には「ハッシュ値」「ハッシュ」「チェックサム」などと呼ばれることの方が多いようです。

Windowsパソコンもお使いの方へ

SHA-1ダイジェストとMD5ダイジェストは、OSに依存しない認証技術です。つまり、異なるOS間でファイルをやり取りするときも、受け取ったファイルが正常であることを確認できます。

インターネットで検索すれば、WindowsやUnix系OSで動作するソフトウェアが見つかります。例えば、MD5ダイジェストの値を求めるWindows用のソフトウェアは、次のサイトからダウンロードできます。

更新履歴

ver. 1.1.2 (2003/10/29)

ver. 1.1.1 (2003/08/09)

ver. 1.1 (2003/08/09)

ver. 1.0 (2003/07/30)


iconConvert2PDF v0.2.2 【FreeWare】 (2003/10/27)

機能と特徴

画面例 静止画ファイルをPDFに変換します。

動作環境

Mac OS X 10.1以降

Mac OS X 10.3以降での利用について

付属のOriginalBootPanel.pkgの利用は避けてください。Mac OS X 10.1〜10.2.8の起動画面になります。

ダウンロード

StuffItファイルをダウンロードできない場合は、BinHexファイルをご利用ください。どちらもMac OS Xに付属するStuffIt Expanderで解凍できます。

その他

Convert2PDFはフリーウェアです。ご自由にお使いください。

制限事項

以下の制限があります。

更新履歴

ver. 0.2.2 (2002/06/16)

ver. 0.2.1 (2002/06/10)

OriginalBootPanel.pkg (2002/05/07)

ver. 0.2 (2001/12/28)

ver. 0.1 (2001/12/24)


top
文責:野尻隆裕 (Twitter @TakaNojiri)