Top  Feedback (Main, Sub)  Tips  Software  My Mac  No!CCCD  Link  更新日:2008年08月26日

.Macへのフィードバック

Mac OS 9付属のWebサービスとして2000年に始まった"iTools"は、2001年に日本語の利用とサポートに対応し、2002年には有料化されて主にMac OS X向けのWebサービス".Mac"になりました。その後、2008年には"MobileMe"に改名、WindowsとiPhoneに対応しました。
ここでは、".Mac"の期間に行ったフィードバックを掲載しています。

  redぜひ改善を! | yellow少し変です | greenThink Different (^_^;


greenフィードバック一覧

yellow Webメール:iPod touchに最適化したモードが欲しい (2007/10/04)

iPod touchのSafariで.Macにログインすると、Webメールサービスを現状でも何とか使うことができます。しかし、iPod touchを想定したインターフェースではないので、使いにくく、ストレスが溜まります。

iPod touchに最適化したインターフェースを用意し、iPod touchでログインしたときに表示するよう改善してください。同じ企業の製品とサービスが連携できない現状は、あまりにみっともないです。

red .MacのWebページに広告を掲載できますか (2007/09/28)

Tipsページに下記のトピックがあります。

さらに「.Mac規約(2007年8月改訂)には、下記の記述があります。

.Macアカウントの帯域幅とディスク容量に関する制限に加えて、以下の商業・営業用途を禁じます。

広告収入を得ることが主たる目的でなければ、.Macのホームページに広告を掲載しても構わないのでしょうか?

Apple Storeがアフィリエイトプログラムを開始した頃(2004年8月)、同様の質問をしました。その際は、広告の掲載は不可とご回答をいただきました。ご回答をいただいたのち、Apple StoreアフィリエイトプログラムのFAQに下記の文面が追加されました。

.macドメインでは現行規約上、商業利用を禁止させていただいております。そのため、アフィリエイトサイトとしての提携をお受けしておりません。ご了承ください。

.Macの利用規約、およびTipsの記事からは、.Macでアフィリエイトを利用しても良いように読み取れます。一方、Apple StoreアフィリエイトプログラムのFAQには逆のことが書いてあります。どちらが正しいのでしょうか?

なお、Apple Storeアフィリエイトプログラムについて質問した頃、.Macの利用規約は次のように記載されていました。

.Macアカウントの帯域幅とディスク容量に関する制限に加えて、以下の商業・営業用途を禁じます。

つまり、.Macの利用規約が変更された結果、Apple StoreアフィリエイトプログラムのFAQが古くなっているのではないかと考えます。

御社の公式な見解をお知らせください。

アップル社からの回答 (2008/03/28)

問い合わせから6ヶ月経って、アップル社からの回答がありました。Apple Storeの対応の一日も早い変更と、その際には.Macのニュースレターなどを用いた利用者へのわかりやすい告知を期待します。

本件につきまして、ご返答が大変遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

すでにご存知のように、現行の規約において、.Macドメインでは商業利用を禁止させていただいておりますが、Google AdSenseを正しい目的で使用する場合は禁止事項にあてはまらない、というのが現状の正式な回答となります。

しかしながら、.Macの現行規約から、Apple Store側が、.Macドメインに対し、アフィリエイトサイトとしての提携をお受けしないという状況であり、これも間違いではございません。

多少、矛盾を感じられる内容であるかとは存じますが、.Mac規約、特にアフィリエイトプログラムについて、今後変更が加えられる可能性がございます。

その際は、Web上の記載も変わりますので、期間を置いてご確認いただければ幸いでございます。

今後とも.Macをご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

red Virex 7.5.1:アンインストーラが手に入らない (2005/06/23)

.MacのWebサイトには、下記のように記載されています。

Virex 7.2.1はMac OS X v10.4 "Tiger"に対応し、Virex 7.5.1はMac OS X version 10.1.5から10.3.9までのみに対応しています。

このため、Virex 7.5.1をインストールしたままMac OS X 10.4へアップグレードしてしまった場合は、これをアンインストールする必要があります。Advanced Search(旧称:Tech Info Library)の「.Mac: Virexのアンインストール方法(記事ID:301291)」には、次のように記載されています。

1. Virexを開いている場合は終了します。
2.“Virex_7.5.1.dmg”という名前のディスクイメージファイルの場所を確認します。Virexのインストール後、このファイルを削除していた場合は、.Mac Web サイトからもう一度Virexインストーラをダウンロードしてください。
3. Virex_7.5.1.dmgをダブルクリックして、ディスクイメージとしてマウントします。
4. Virex_7.5.1のディスクイメージを開いて、“Virex Uninstall.command”ファイルをダブルクリックします。

(強調部は引用者による)

ところが、現在、Virexインストーラは.MacのWebサイトにありません。そのため、アンインストールできません。早急に単独のアンインストーラを用意し、.MacのWebサイトおよびTech Info Libraryからダウンロードできるように手配してください。

追記 (2005/07/15)

上記のTech Info Libraryの文書が7/11付けで改訂され、Virex 7.5.x Uninstallerがダウンロードできるようになりました。

red iDisk:ルートディレクトリが書き込み可能です (2005/05/15)

iDiskのルートディレクトリは、かつて書き込み禁止でした(2002年10月に確認)。しかし、いつの間にか書き込み可能になっています。これは仕様が変更されたのでしょうか?

なお、Mac OS X 10.3.xの場合、iDiskローカルコピーをONにしていると擬似的に書き込み禁止の領域として扱われます。一貫性がありません。

iDiskのウインドウ

アップル社からの回答 (2005/05/29)

連絡が遅れたことのお詫びとともに、下記の回答をいただきました。

現在の仕様といたしまして、iDiskのルートディレクトリにフォルダやファイルを作成される場合はローカルのiDiskをオフにしていただかなければなりません。

下記に情報がございます。
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=301053

最近になって仕様が変更されたようです。そのためか、現時点では上記の文書は英語版しかありません。

red .Mac 3.0:購入前に有効期限を説明されていません (2005/05/06)

.Macパッケージ版3.0を購入しました。この取扱説明書には、下記の記述があります。

.Macメンバーシップを有効にする

.Macで使用できる全てのソフトウェアとサービスをフル活用するためには、お買い求め後9ヶ月以内にメンバーシップを有効にする必要があります。このメンバーシップを有効にする方法は、現在お使いのトライアルアカウントやメール専用アカウントのアップグレード、または、すでにお持ちの.Macメンバーシップを更新するときにも使用できます。

(.Macスタートアップガイドの5ページより引用;強調は引用者による)

ところが、.Macパッケージのどこにも、有効期限9ヶ月と記述されていません。私はAppleStoreで購入しましたが、そこにも記述されていませんAppleStoreの画面 (PDF))。事前に有効期限を説明していないのは、不適切な商行為ではないでしょうか。

アップル社からの回答 (2005/05/29)

連絡が遅れたことのお詫びとともに、下記の回答をいただきました。

ご指摘いただきましたパッケージの有効期限の件でございますが、お客様が購入された.Macパッケージの起動キーに現在のところ有効期限は設定されていません。.Macパッケージを購入後、なるべく早く有効にしていただくために、有効期限の記載をとらせて頂いております。恐れ入りますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

取扱説明書に虚偽の記載を意図して行うことも、質の悪い商行為ではないでしょうか。取扱説明書の次回の増刷で上記の虚偽の記載を改めるよう、アップル社に要望しました。

red Virex 7.5.1:Mac OS X 10.4 Tigerに対応していない (2005/04/30)

御社のWebページに掲載されているように、VirexはMac OS X 10.4 Tigerに対応していません。いつ、対応版がリリースされるのでしょうか?ご連絡をお願いします。なお、.Mac販売時の説明では、これも料金の一部となっています。

アップル社からの回答

Virexは10.4には対応しておりません。現時点ではMcAfee社はMac OS X 10.4に対応したVirexのアップデートを準備する予定はございません。
そのためアップルではVirexをMac OS X 10.4上でご利用いただくことを推奨いたしておりません。またMac OS X 10.1.5〜10.3.xに対応している「Update DAT(ウィルス定義ファイル)」は.Macご利用のお客様へ2006年4月末まで引き続きご提供いたします。

Mac OS X 10.4上にVirexがインストールされている場合は、アンインストールを行ってください。

ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけいたします。アップルではウィルスのチェックを非常に重要に考えています。
.Macアカウントを使用して送信されるEmailはウィルスの拡大を防ぐために自動的にウィルスチェックがされています。

今後とも、.Macをご愛顧いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

これまでの混乱を見ていると、McAfee社の判断には驚きません。McAfee社とは縁を切って欲しかったくらいです。しかし、代わりのアンチウイルスソフトを提供しないままであれば、.Macサービスの費用対効果は確実に低下します。次回の大量更新シーズンまでにアップル社には、代わりのアンチウイルスソフトを提供するか、何らかの新サービスを開始できるのでしょうか…。

アップルストアが期間限定(2005/4/13〜5/23)で、.Macの割引キャンペーンを行っています。これがアップル社の当面の対策なのかもしれません。

追記 (2005/05/04)

パッケージ版の価格が¥13,440(税込)から¥9,800(税込)に改訂され、さらに上述のキャンペーンで¥3,000の値引きをしています。つまり、次回更新は¥6,640の引き下げ、それ以降も¥3,640引き下げることが、アップル社の考えるVirex喪失の代償のようです。

それはそれとして、Mac OS X 10.4のインストーラは下記の説明文を表示します。Mac OS X 10.4のテスティング中に、Virex 7.5.1の動作確認と、McAfee社の対応確認はできなかったのでしょうか?

●業界先端のウイルス保護
.Macのメンバーになれば、ウイルス対策ソフトウェアを入手して、ウイルスに感染したファイルの検出と修復を行い、新種のウイルスに対処できるようにMacを継続的にアップデートできます。

red iDisk:ローカルコピーを経由するとMIME-TYPEが異常になる (2005/04/22)

システム環境設定の「.Mac」で「iDiskのローカルコピーを作成する」にチェックを入れていると、iDiskにアップロードしたファイルに異常が生じます。

Firefoxの画面たとえば、HTMLファイルの場合、SafariおよびMac版のInternet Explorerでは正常に表示されますが、Firefoxではファイルの扱い方を確認するダイアログが表示され(右図)、Windows版のInternet ExplorerではHTMLのソースが表示されます。

原因は、iDiskへアップロードする際にファイルのMIME-TYPEが不適切なものになったためです。HTMLファイルは「text/html」でなければなりませんが、なぜか「application/octet-stream」になっています。これは、拡張子がbin、lha、lzh、exeなどの場合に設定されるべきMIME-TYPEです。(MIME-TYPEはGoliathで確認:下図)

Goliathの画面

Finderの代わりにGoliathを使うと、アップロードしたファイルのMIME-TYPEは正常です。

「iDiskのローカルコピーを作成する」のチェックを外しておくと、Finderを使ってアップロードしても、ファイルのMIME-TYPEは正常です。(チェックを入れ直してローカルコピーを再構築すると、再び異常になります。)

この症状は2台のマックで確認できました。そのため、私のパソコン上の環境ではなく、iDiskサーバーとMac OS Xのローカルコピー機能とのあいだで発生していると考えます。また、私の場合はたまたま4/16(Mac OS X 10.3.9のリリース日)から発生しましたが、Mac OS X 10.3.8環境と同10.3.9環境の両方で確認できたことから、OSのバージョンに関わりない問題と考えます。

さらに、すべての.Mac会員に同じ異常が発生している訳ではないので、複数あるというiDiskサーバー側のいずれかに原因があると考えます。4/16以前にアップロードしたファイルにはMIME-TYPEが設定されていないことから、これを設定するようにiDiskサーバの仕様を変更したことが、トラブルの引き金となったように思えます。

追記 (2005/05/07)

いつのまにか、MIME-TYPEが設定されない仕様に戻り、障害は復旧しました。

red 契約更新のお知らせのテキストをShift-JIS形式して欲しい (2005/02/27)

.Mac関連のメール(メールニュース.Mac Connectionなど)は、マルチパートMIME形式で送られてきます。つまり、前半パートはテキストメールで、後半パートはHTMLメールです。そのため、HTMLメールを非表示に設定しているユーザや、HTMLメール非対応のメーラーを使っているユーザの環境でも、正しく表示されます。

重要なのは、テキストパートがShift-JISでエンコードされている点です。これによって、ユニコード非対応の古いメーラーでも表示できます。

ところが、.Mac契約更新のお知らせだけは、テキストパートがユニコード(UTF-8)でエンコードされています。そのため、HTMLメールとユニコードに対応しない古いメーラーで受信すると、メール全体が文字化けして判読できません。契約更新に関わる連絡のみが文字化けするというのは、重大な問題です。

契約更新のお知らせにおいても、テキストパートをShift-JISでエンコードするようにお願いします。

yellow FreePlay Musicのファイルが壊れている (2004/10/21)

iDiskの会員限定サービスのひとつ、FreePlay Musicのファイルが壊れています。

「Hot Guitar Rock Volume 1」のなかの「Cool Shades.m4a」をiTunesで再生すると、1分53秒のところでエラーが発生し、iTunesが異常終了します。

アップル社からの回答

こちらでも同じ現象を確認いたしました。他の再生ソフトでは同じ場所の音が音飛びして再生されますので、データ自体が破損していると思われます。
担当部署に報告いたします。

追記 (2005/01/25)

いつの間にか、FreePlay MusicがiDiskから削除されていました。

yellow 「.MAC利用契約と利用規定」の誤訳 (2004/10/09)

2004年8月11日改訂の「.MAC利用契約と利用規定」に、禁止行為の具体例として次の文章があります。

この文は、日本語として妙です。.Mac機能から集めた「.Macのユーザディレクトリ」を迷惑メールの送信に使うとは、どのようなことでしょうか。

原文は、次のようになっています。

日本語版で「.Macのユーザディレクトリ」となっている「.Mac user directory」は、「.Macユーザの(メールアドレスの)名簿」を意味するものと考えられます。つまり、.Mac機能から集めた.Macユーザのメールアドレス名簿を、迷惑メール送信に使うことはできないという文章となります。

情報源:英語版ホームページの翻訳を行っている、森岡さんによるフィードバックです。

追記:2005年3月の規約改定で、上記の誤訳はなくなりました。

red 購入画面:メール専用アカウントの料金が分かりにくい (2004/09/13)

クリックすると拡大契約期間の途中でメール専用アカウントを購入する場合の料金が、「購入画面ーステップ1/3」に記載されていません。

一方、メール用の容量やiDiskの容量のアップグレードについては、次のように明記されています。

アップグレードでは、次回更新日までの残りの日数に応じた料金をお支払いいただきます。

このため、メール専用アカウントは常に年間料金を支払うように受け止められます。しかし実際には、次回更新日までの残り日数に応じた料金が請求されます(図を参照)。料金に関わる情報ですので、正確な記述を希望します。

情報源:アップル社のDiscussion Boards追加のアカウントをとった時の料金

追記 (2004/10/01)

クリックすると拡大9/30に.Macサービスが改訂され、iDiskとメールボックスの合計容量が250MBに増量されました。その際に、購入画面の表記が改善されました。

red ヘルプ:メール専用アカウントの料金体系が正しく載っていない (2004/09/13)

契約期間の途中でメール専用アカウントを購入する場合の料金が、.Macページ内のヘルプ「メール専用アカウントを追加する」にも、サポートページのヘルプ「.Mac Mail Help: メール専用アカウントを追加する方法」にも載っていません。記載されているのは、年間料金についてのみです。

.Macメンバーは、最大10個までのメール専用アカウントを購入できます。アカウントの年間料金は1個につき1,365円(本体価格1,300円)です。

一方、メール用の容量のアップグレードについては、.Macページ内のヘルプ「メール用の容量を追加する」に、次のように記載されています。

.Mac Mailの保存スペースをアップグレードする際の料金は、メンバーシップの残りの日数とご使用の保存スペースの量によって決まります。

このため、メール専用アカウントは常に年間料金を支払うように受け止められます。しかし実際には、メール用の容量のアップグレードと同じく、次回更新日までの残り日数に応じた料金が請求されます。料金に関わる情報ですので、正確な記述を希望します。

改訂の際には、iDiskの容量のアップグレードについてのサポートページのヘルプ「iDisk に容量を追加する」のように、具体的な記述を望みます。

iDisk 容量を増やした場合、課金の対象となるのは年間予約の残りの期間だけです。たとえば、年間予約のうち半年が経過している場合、新規の容量に対して半年分の料金を支払います。

red Virex 7.5:OS標準のアーカイブファイルを検査できない (2004/08/27)

アラートまず、テスト用ファイルeicar.comを、下記のツールで10種類の形式に圧縮します。次に、それぞれをデスクトップへコピーしました。

その結果、MacOS X 10.3.5の標準アーカイブファイル(拡張子zip)のみ、ウイルスアラートを表示しませんでした。

つまり、よりによってOS標準のアーカイブファイルを、Virex 7.5は検査できないということになります。

圧縮ツールと圧縮ファイルの種類(拡張子)

アップル社からの回答

この現象はVirexの不具合のようです。Virexのメーカーにはこの現象について報告いたしました。

red Virex 7.5:感染したファイルをゴミ箱に移動できない (2004/08/27)

まず、テスト用ファイルeicar.comを、上記のツール(Finderは除く)で9種類の形式に圧縮します。次に、それぞれをデスクトップへコピーしました。いずれの場合もウイルスアラートが表示されるので、「ゴミ箱に移動」をクリックしました。

すると、DropStuff 7.0.3で作成したファイル(拡張子sit、sitx、hqx、sea、exe)のみ、ゴミ箱に移動されず、デスクトップに残りました。

DropStuffは、Macにおいて最も普及した圧縮ツールです。これによる圧縮ファイル内のウイルスを正しく駆除できないのではないかと、不安になります。

アップル社からの回答

ここちらでも現象を再現できましたので、担当部署に調査依頼中をいたしました。

red Virex 7.5:Safariでダウンロードしたファイルを検査できない (2004/08/26)

あらかじめ、Virex 7.5の環境設定をデフォルトにしました。つまり、「ウィルス探知アクティブ」にチェックを入れました。次に、テスト用ファイルeicar.comをダウンロードしました。

すると、Internet Explorer 5.2.3を使うとVirexが必ずウイルスアラートを表示するのですが、Safari 1.2.3を使うと何も表示しません。より正確には、Safariでも最初の1回はアラートを表示するのですが、以後は表示しなくなります。

これでは、Safariでダウンロードしたファイルにウイルスがあっても、Virex 7.5では検出できないのではないかと不安になります。

アップル社からの回答

この現象はSafariの不具合のようで、開発担当者に報告されました。この不具合については、今後のSafariのバージョンで修正されると思います。

red Virex 7.5:iPodが自動的にマウント解除されない (2004/08/25)

iPodを接続すると、iTunes 4.6にて「ディスクとして使用する」のチェックを外しているにも拘わらず、iTunesとの同期後もiPodのマウントが解除されません(正常にマウントを解除できるときもあります)。iTunesのiPod取り出しボタンをクリックすると、すぐにマウントを解除できる場合と、マウントを解除できずにiTunesが無反応になる場合があります。

Virexの環境設定でiPodを除外設定してみましたが、効果はありませんでした。Virex 7.5をアンインストールすると、元通り正常に動作するようになりました。

追記 (2004/08/30)

デフォルト設定では現象が再現できないとアップル社から回答があり、発生条件を調べてみました。

  1. 環境設定の「高度なオプション」-「アクティブスキャナー」-「アーカイブおよび圧縮ファイルのコンテンツをスキャン」をONにすると、症状が発生します。
  2. 上記の設定でも正常にアンマウントされる場合は、iPodを取り外してからMacを再起動すると、症状が発生します。

アップル社からの回答(2004/08/31)

Virex 7.5の環境設定内の「アクティブスキャナー」の「アーカイブおよび圧縮ファイルのコンテンツをスキャン」にチェックをし、iTunesに10曲ぐらいのデータを追加した状態で、iPodと同期を行うと、同期後にiPodが自動的にアンマウントしないことを確認いたしました(追加する曲が少ない場合は現象は再現しませんでした)
この情報を担当部署に報告いたします。

red Virex 7.5:除外フォルダのパスに日本語を含められない (2004/08/24)

環境設定の「特定のディスク、ファイル、およびフォルダを除外」にて除外フォルダを指定する場合、絶対パスに日本語が含まれているフォルダはウイルス検査から除外されません。

英語圏以外の環境で動作確認を行うのは、アプリケーション制作の基本ではないでしょうか?

アップル社からの回答(2004/08/28)

USに確認させて頂きましたところお客様のいわれる通り、2バイトで付けられた名前のフォルダでは除外できないことを確認しました。アップルよりVirexの開発元へこの件を報告し、明文化して公表する様に依頼しました。

red Apple Storeアフィリエイトプログラムとの関係が明記されていない (2004/08/23)

アップル社が、Apple Storeアフィリエイトプログラムを開始しました。しかし、.Mac利用規約の次の条項に反するため、.Macサービスのホームページでは参加できません。(.Macサービスの掲示板にて、モデレータ様に確認しました)

.Macアカウントの帯域幅とディスク容量に関する制限に加えて、以下の商業・営業用途を禁じます。

しかし、Apple Storeアフィリエイトプログラムに参加できないとは、.Macのヘルプにも、.MacサポートのFAQにも、Apple Storeアフィリエイトプログラムのプログラム参加規約にも記載されていません。

担当部署が異なるとはいえ、同じ会社が行っているサービスです。それぞれの情報が互いに結びつかねば、同じ会社が行っている意味がありません。上記の3カ所への記載を希望します。(または、.Mac利用規約を改訂して、上記の第三者からアップル社を除外すべきでしょう)

ちなみに、このホームページは、下記の「拒否の主な要因」に該当します。(^^;

ブランド名又はドメイン名に、アップルによる正式な認可のないMac、Apple、或いは、Mac又はAppleの各種バリエーションを含むもの

追記 (2007/09/27)

いつの間にか、Apple StoreアフィリエイトプログラムのFAQに、下記の記述が追加されていました。おそらく、上記のフィードバックを出したのちに、それに応えてくださったのでしょう。長いこと気付かず、申し訳ない気持ちです。

.Macドメインでアフィリエイトはできませんか?

.macドメインでは現行規約上、商業利用を禁止させていただいております。そのため、アフィリエイトサイトとしての提携をお受けしておりません。ご了承ください。

red AFPサービスは終了したのに公式文書には嘘が書かれている (2003/12/22)

日本語版の.Macトップページに次のトピックが掲載されました。

「新しくなったラーニングセンターをぜひチェック」

リンク先を読んでみたところ、「iDiskを活用する」の手順2に次の記述があります。

(iDisk は Mac OS9 または Windows から開くこともできます。詳しくはこちらをクリックしてください)

Mac OS 9から開くことができるですって?開くことは開けますが、12月になってからは書き込みができません。しかも1月には、Mac OS 9標準機能では開くこともできなくなる。そう決めたのはアップル社ではないでしょうか?

それでも、WebDAVを使うツール(Goliathなど)を紹介したのかもしれないと思いつつ、リンク先を開いてみました。しかし、そこにMac OS 9とWindowsの記述はありません。…いえ、ありました。「iDiskを開く」ボタンをクリックすると、iDiskを開く方法についてのページに移動します。そこには次の記述があります。

一言だけ…リンク先の紹介だけかい!どこが「詳しくは」なんだ?(呆)

さて、この「Mac OS 9から」をクリックすると、ヘルプの「iDisk を開く」が表示されます。そこには、次の記述があります。

Mac OS 9 をお使いの場合、アップルメニューから「セレクタ」、「AppleShare」の順に選択します。 「サーバの IP アドレス...」ボタンをクリックして、「サーバのアドレスを入力」フィールドに「idisk.mac.com」と入力し、「接続」をクリックします。 .Mac メンバー名とパスワードを入力し、「接続」をクリックします。 iDisk を選択し、「OK」をクリックします。

…嘘ばっか。

ちゃんと仕事をしてください。>アップル社

ちなみに、このヘルプは、ラーニングセンターと違って.Macに未加入の人でも簡単に読めます。ヘルプを読んで、Mac OS 9で使うことを望んで加入した人には、なんといってお詫びするつもりなのでしょう。

追記1 (2004/02/08)

その後、ヘルプの内容は修正され、Goliathについて記載されました。しかし、セレクタを使う上記の方法が、なぜか併記されたままです。

追記2 (2004/02/12)

再修正され、セレクタを使う以前の記述が完全に削除されました。ありがとうございます。>担当様

green 電子メールサイニング証明書の発行サービス (2003/11/15)

Mailアプリがver.1.3から、電子メールサイニング証明書を使ったS/MIMEメッセージの送受信に対応しました。しかし、個人で使うには証明書の取得方法に難があります。VeriSignと提携したプロバイダなどで発行していますが、証明書の取得に至るまでの道のりは、各社とも分かりやすいものではありません。さらに、たいていはMacをサポート対象外としています。

.Macにて証明書を発行してはどうでしょうか?実際の発行はVeriSignやThawte Communicationsでも構いませんし、Appleが行うこともできるかもしれません。会員にセキュアなメール送受信の方法を提供するのは、.Macにふさわしいサービスだと思います。

参照先:Advanced SearchMac OS X 10.3: Mail - 安全な電子メールサイニング証明書(デジタル署名)を使用する方法(記事ID:25555)

関連するフィードバック:キーチェーン:秘密鍵の生成機能が欲しい

red iDisk:3日間連続使用するとエラーがおきます (2003/11/10)

Mac OS X 10.3の新機能ローカルiDiskは、.Macの利便性を高める重要な機能のひとつです。しかし、FAQに掲載されたいくつもの制限、とりわけ「3日間連続使用するとエラーがおきます」というバグのため、実用性が損なわれています。ログアウトせずに3日以上使うのは、ごく普通のことです。バグの早急な修正を要望します。

yellow .Macからのお知らせをテキストメールでも受け取りたい (2003/10/16)

会員向けメールニュース「.Mac Connection」や.Mac契約更新の連絡など、.Macサービスからは様々な連絡がメールで届きます。これらのメールはすべてHTMLメールです。

しかし、世の中のメーラーは必ずしもHTMLメールに対応しているとは限りません。特に古いメーラーは、HTMLメールに対応していない上、ユニコードにも非対応の場合があります。

そのような環境で.Macからのメールを受信すると、HTMLメールのテキスト部分がユニコード(UTF-8)で書かれているためもあって、メール全体が文字化けして判読できません。契約更新に関わる連絡では、特に重大な問題です。

一方、アップル社からのメールニュースは、HTML版とテキスト(JIS)版があり、購読者が自由に選択できるようになっています。

.MacからのメールにもHTML版とテキスト版を設け、.Macのアカウント設定画面で自由に選択(または両方を指定)できるようしてはどうでしょうか。

追記 (2005/02/27)

内容の誤りをご指摘いただきました。そこで本項目を削除し、新たな内容でフィードバックしなおしました。

情報源:K.M.さんにご指摘いただきました。ありがとうございます。

red アップル社に聴く耳はあるのか? (2003/07/13)

Mac OS X Jaguar のオンライントレーニングプログラムとは?」というフィードバックを行ないました。

ところが、9日後に御社から届いたメールには、日本語版には存在しないMac OS Xのオンライントレーニングのことが、またもや書いてあります。

以下に、御社からのメールを引用します。(強調部は引用者による)

お客様におかれましては、.Mac サービス開始当初よりご利用いただいておりますこと、誠にありがとうございます。昨年7月にMacのためのインターネットライフの必需品として登場して以来、.Macは、大切なデータを共有、保護、活用するためのツールを皆様にお届けして参りました。各主要サービスの機能改善はもとより、同期機能を備えた.Macアドレスブックなど、数々の新サービスも随時提供しております。さらに、画期的なMac OS Xトレーニングプログラムなど、US$150以上に相当する追加特典の数々もお楽しみいただいていることと存じます。今後もさらに便利な機能の開発に尽力して参りますので、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

以前に伝えた改善要望にも拘わらず、アップル社は同じ過ちを繰り返す訳です。

失礼ですが、フィードバック窓口のご担当者様には、アップル社のサポート部門の上司へ提言する権限がないのでしょうか?または、サポート部門というのは、ユーザを適当にあしらうのが仕事で、他部門へ業務改善の要望を出すこともできないのでしょうか?

この手の初歩的誤りかつ、結果的には詐欺紛いの虚偽の勧誘行為をアップル社に改めていただくには、原田社長宛に親展または内容証明郵便を送るしかないのでしょうか?それでしたら、その旨を表明してください。

追記 (2003/08/07)

アップル社の.Mac Support担当者により、会員専用ボードへ下記の報告がなされました。改善したことは評価します。今後このような失態のないよう、社内の情報伝達機構を改善することを希望します。

更新が近付いた方に送信しているお知らせメール内の表現につきましては、今後発送される分より、日本語で送信される分については削除されるか、あるいは英語で提供される旨の注記がついた形に変更されます。

情報源:日本語版Premium Discussion Boards【.Mac会員専用】

red Mac OS X Jaguar のオンライントレーニングプログラムとは? (2003/07/04)

告知ページの一部2003年7月3日より、お友達紹介キャンペーンなるものが始まりました。このキャンペーンで友人たちへ送られるメールには、次の文章が含まれています。

それに、この時期に .Mac に加入すれば、あなたは Mac OS X Jaguar のオンライントレーニングプログラムを無料で利用でき、紹介者である私は自分のメンバーシップを割引料金で更新できます。

「Mac OS X Jaguar のオンライントレーニングプログラム」とは何でしょうか?英語版にある「Mac OS X Jaguar training」のことでしょうか?2003年3月19日より始まった同ページは、いまも日本語に翻訳されていません。

有料サービスの勧誘情報に虚偽の記述を混ぜるのは、重大な問題です。至急、上記の文面の変更を希望します。

アップル社のローカライズ品質は、近年、とみに低下しているように感じます。翻訳は、決してローカライズではありません。

情報源:アップル社のディスカッションボード友達紹介キャンペーン

追記 (2003/08/07)

お友達紹介キャンペーンの告知文から上記の引用部分が削除され、アップル社の.Mac Support担当者により会員専用ボードへ報告されました。修正に一ヶ月も要するのは呆れたものですが、改善したことは評価します。

情報源:日本語版Premium Discussion Boards【.Mac会員専用】

red Backup:外付ドライブ対応に戻すべきです (2003/06/28)

Backup 1.2.2のメッセージバージョン1.2.2になって、Backupアプリの対応ドライブが純正内蔵ドライブのみに制限されました。外付ドライブは、これまで使えていたドライブであっても認識しません。他社製品での安定動作に問題があるのだとしても、iTunesと同じドライブは利用できるようにすべきです。

従来のバージョンよりも機能を低下させるとは何事でしょうか。SuperDriveなどを内蔵したマックの購入へ繋げたいのかもしれませんが、ユーザは.Macサービスに対価を支払っているのです。

予告なく機能を変更することは、.Macの利用許諾契約に認められた行為ではあります。しかし、商習慣上、望ましい行為ではありません。Macを使い続けるユーザであっても.Macサービスを更新し続けるとは限らないことを、正しく認識すべきです。

解決 (2003/09/05)

Backup 2 Public Betaがリリースされ、この問題が解決しました。安心して、.Macサービスを更新できます。

green メンテナンス予定をメールしてください (2003/04/07)

メンテナンスが予定されている場合、現在は次の2箇所に掲示されています。

これらの掲示は重要です。しかし、これらには共通の欠点があります。自分でこれらのページを見ない限り、メンテナンス予定を.Mac会員が知ることはないのです。そのため、.Mac会員は「またトラブルが発生した」と誤解し、.Macサービスに対して不信感を頂きます。

これらの掲示に加え、メンテナンス予定を.Mac会員宛にメールしてください。会員のメールアドレスは判っているのですから、上記のページの掲示する内容を自動的にメールすることは容易です。「.Mac Connection」という宣伝メールよりも、.Mac会員にとって有益であり、喜ばれるはずです。

yellow 無償配布する他社製ソフトのサポートは? (2003/02/17)

.Macの会員特典として、さまざまな他社製ソフトウェアが無償配布されています。これらのソフトウェアのサポートはどこが行なうのか、.Macのページには説明がありません。

クリックすると拡大たとえば、シェアウェアDropStuffの無償版が配付されています。このソフトの日本でのサポートは、提供元の米国Aladdin社でしょうか。日本語版を販売している日本のアクト・ツー社でしょうか。それともアップル社でしょうか。.Macのページに明記してください。

なお付属するReadMeファイル(英文のみ)の記述から、米国Aladdin社がサポートの義務を負うことは確認できました。しかし、米国Apple社もサポートするかどうかは判りませんし、日本でのサポートをどこが担当するのかは判断できません。

補足

DropStuffの無償配布には、さらに問題があります。.Macで配付されたDropStuff 7.0.1には、日本語環境での重大なバグがあるのです。日本で販売しているアクト・ツー社のWebページより引用します。

少なくとも日本版の.Macでは、ユーザに上記のバグを伝えてからダウンロードさせるべきです。

追記 (2003/03/08)

サポートはアクト・ツー新しいインストーラが配付されるようになりました。このインストーラでは「ソフトウェア使用許諾契約」の画面に「日本でのお問い合わせ先:株式会社アクト・ツー」と表示されます。また、DropStuffのiSupportメニューからはアクト・ツーのホームページへリンクするようになりました。サポート先が明確になったことを歓迎します。

しかし、現時点のバージョン7.0.1では上記のバグは解決しておらず、そのことを告知しないまま配付を続けています。これは問題です。

情報源:日本語版Premium Discussion Boards【.Mac会員専用】

red 追加アカウントの販売画面は紛らわしい (2003/01/23)

.Macに加入すると、年間10 USドルでメール専用の追加アカウントを購入できます。この追加アカウントの購入画面の記述には重大な欠陥があります。

クリックすると拡大追加アカウントの数を選択するメニューはありますが、その容量については一言も触れられていません。選択メニューのすぐ下にはメール用の容量の選択肢がありますが、15MBからはじまる容量が追加アカウントに適用されないと判断できる記述は一箇所もありません。(画像をクリックすると拡大表示できます)

この画面だけを読めば、追加アカウントも15MBであると誤解するほうが自然です。しかし実際は、追加アカウントのメールボックスは5MBで、増量の手段すらありません。

Apple社がユーザの誤解を意図的に狙っているとは思いませんが、そのように受け取られても仕方のない構造です。至急、下記の改善をお願いします。

情報源:日本語版Premium Discussion Boards【.Mac会員専用】

追記 (2003/02/17)

クリックすると拡大その後、追加アカウントの購入画面が変更され、次の文章が追加されました。誤解を防止するための改善として評価しますが、抜本的な解決を希望します。

(メール専用アカウントでは 5 MB の保存スペースを使用できますが、この容量を増やすことはできません。)

red Virex 7.1日本語版は動作しない (2002/09/23)

7月中にリリースすると.Macのページで予告されていたVirexの日本語版。9月になってようやくリリースされました。しかし、このバージョンは使い物になりません。ローカルボリュームを検査すると、必ず処理が停止します。しかも、「停止」ボタンを押してもキャンセルできません。明白なバグです。

単なるバグなら理解できます。しかし、バグの報告がPremium Discussion Boardsに多数寄せられてから半月以上過ぎた今も、.Macのページで配付し続けています。これは担当者の職務怠慢以外の何物でもありません。現バージョンの配付を即刻停止し、その後、バグフィックスしたバージョンを配付し直すことを要望します。

バグ報告:日本語版Premium Discussion Boards【.Mac会員専用】

バグ報告:アップル社のDiscussion BoardsVirexについて教えてください

回避策 (2002/12/20)

3ヶ月が過ぎた今も、改善がありません。呆れ果ててました。

現状の欠陥ソフトVirex 7.1日本語版も、Virexの環境設定の「詳細な結果情報を表示」のチェックを外すことで辛うじて使うことはできます。しかし、スキャンするファイル名によってはスキャンに失敗することがあるなど、その品質は商品と呼ぶことなどできないレベルです。

解決 (2003/04/11)

Virex 7.1日本語版のリリースから約7ヶ月。ようやくVirex 7.2.1日本語版がリリースされ、この問題が解決しました。解決したことを歓迎します。

しかし、2バイト文字に関するバグを解決するのに半年以上を費やし、Virex 7.2では単純なバグ(Finkの動作環境を破壊する)をリリース前に発見できず、その単純なバグを修復するのに2ヶ月も要する、そんなMcAfee社との契約を続けるべきか、Apple社には真剣に考えて欲しいものです。

red 日本語でのサポートが行われていない (2002/09/04)

.Macユーザ専用のDiscussion Boardsには英語版に加えて日本語版が設けられており、Apple社の日本市場に対する配慮を感じ取れます。しかし、現状は設けただけであり、実質的なサポートは何ら行われていません。現時点で、アップル社員による書き込みは1件しかありません。これでは日本人を隔離しただけです。英語版と同レベルのサポートを行うようお願いします。

すべての質問に1営業日以内に対応もし、日本語によるサポートを行えないのであれば、アップル社のWebページにある.Macサービスの宣伝文を変更してください。

メンバーのみがアクセスできる .Mac Discussion Boardsでは、.Macに関するヒントや体験を他のメンバーと交換することができます。サポートスタッフはフォーラムを常にモニターして、すべての質問に1営業日以内に対応できるよう努めています。
(右図は参考画像:AppleのWebページより引用)

後日談「1営業日がんばります宣言」 (2002/09/28)

アップル社から状況の改善を約束するメールが届きました。(.Mac会員宛のメールより引用)

(前略)
一方では、.Macのサービス開始から本日まで、ユーザの皆様からの様々なご意見、ご要望を頂戴致しました。弊社では、.Macに関する今まで頂戴しましたご意見、ご指摘を真摯に受けとめ、お客さまに今まで以上にご満足頂ける製品、サービスをご提供するよう、鋭意準備を致しております。

その最初のステップとして、.Macをご購入された方からのご要望が高かった、会員専用Discussion Boards(Premium Discussion Boards)においての充実を図ります。Premium Discussion Boards内でのお客さまからのお問い合わせに対して、弊社サポートスタッフによる1営業日以内の返答を実現致します。実施時期は、10月中旬を予定しておりますので、今しばらくお待ち頂きますようお願い申し上げます。
(後略)

大いに期待しています。>アップル

後日談2 (2002/10/18)

実際に日本語版のサポートが開始され、ユーザ同士では解決できなかった難しい質問に対して有効な回答が為されました。

red Publicフォルダに設定したパスワードが無効になる (Mac OS X 10.2: 2002/08/27)

インターネットのiDiskタブMac OS X 10.2では、システム環境設定の「インターネット」の「iDisk」タブで、Publicフォルダのアクセス権を設定できるようになりました。

しかし、ここでPublicフォルダのパスワードを設定すると、パスワードなしで誰でもアクセスできる状態になってしまいます。セキュリティ上の重大な問題です。早急にアップデートをお願いします。

対策

.MacのWebページまたはiDiskから、iDisk Utility 1.0をダウンロードします。このツールで設定しなおせばパスワードが有効になります。(古いソフトのほうが出来が良いなんて…)

後日談 (2002/09/21)

Mac OS X 10.2.1で解決しました。ありがとう。>アップル

yellow Backup:HDDへもバックアップさせてください (2002/08/24)

Backupの選択肢Backupは便利なツールですが、バックアップ先としてiDisk、CD-R、DVD-Rの3種類しか選べません。非互換のCD-R/RWドライブやDVD-Rドライブ、そして外付けHDDなどにはバックアップできません。

バックアップ先として、次の装置も加えてください。

注意

Backup 1.1以降を使いましょう。Backup 1.0はお勧めできません。バックアップ操作が何らかの理由で中断されると、以後はバックアップ不能になるバグが確認されています。この状態に陥った場合は、.Macのサポート掲示板に書き込んでアップル社に個別対応を依頼するしかありません。

解決 (2003/09/05)

Backup 2 Public Betaがリリースされ、バックアップ先として上記の1と2を選べるようになりました。3も、マウントすれば対象にできます。

yellow ウイルス定義もソフトウェアアップデートで扱いたい (2002/08/24)

Virex 7.1はその性質上、常に最新のウイルス定義ファイルをダウンロードし、アップデートしておく必要があります。しかし、ウイルス定義ファイルの更新状況を知るにも、ダウンロードするにも、.Macのホームページへ行く必要があります。この仕様は不合理です。

Virex 6.xのように、Virex自身にアップデート機能を持たせる方法も考えられます。しかし、アップルが販売する商品( .Mac)の一部なのですから、Virexのウイルス定義ファイルもソフトウェアアップデートで扱ってください。

red 店頭でも販売してください (2002/07/20)

米国版の箱.Macを利用するには、クレジットカードが必要です。しかし、さまざまな理由によりクレジットを使えない人もいますし、クレジットカードを使いたくない人もいます。米国と同じように、パッケージ商品として店頭でも販売してください。日米でサービスの内容に格差があるのは不当です。

なお、店頭で販売するためには、年会費を米ドルではなく日本円にする必要があります。

後日談 (2002/09/20)

パッケージの販売が12,800円で開始されました。iToolsユーザへは6,400円の.Mac専用クーポンが配付されるので、$49.95で契約したユーザとの間に格差はありません。満足のゆく結果となりました。ありがとう。>アップル

red 商品に選択肢を設けてください (2002/07/20)

無償のiToolsに代わるものとして、有償の.Macが開始されました。これまでiToolsの品質の低さに悩まされてきたので、サービスの有料化という方針転換を歓迎します。価格に見合った高品質のサービスを提供してください。

しかし、商品に選択肢がない点は賛成できません。すべてのMacユーザが大容量のiDiskを必要としている訳ではありません。アンチウイルスソフトを別途購入している人もいます。せめて、次の2種類の選択肢を用意すべきです。

今からでも遅くはありません。早急に改善をお願いします。


メニュー − (iPhone (1) (2) (3) (4) / MobileMe / iPod / .Mac / ハードウェア / ソフトウェア / サービス) top
文責:野尻隆裕 (Twitter @TakaNojiri)