Top  Feedback (Main, Sub)  Tips  Software  My Mac  No!CCCD  Link  更新日:2012年11月11日

ハードウェアへのフィードバック

  redぜひ改善を! | yellow少し変です | greenThink Different (^_^;


greenフィードバック一覧

yellowEFI:GUI付きのメモリテスト機能を望む (2006/02/15)

カーネルパニックが発生する場合、ほとんどはメモリボードの品質に原因があります。しかし、原因をメモリボードと特定するのは、容易なことではありません。Apple Hardware Test CDにおいても、メモリボードの問題は往々にして見逃されます。

テスト用プログラムをマルチタスクOS上で動作させているのが、メモリのテストが不十分になる原因でしょうか?

もしそうならば、メモリテスト機能をハードウェア上に、具体的にはIntel MacのEFI (Extensible Firmware Interface)に実装してはどうでしょうか? どのみち起動時には簡易なメモリテスト機能が必要になるのです。ならば、十分に高精度なメモリテスト機能を実装してGUIを設けることで、ユーザによるトラブルシュートを容易にできます。

(お前はEFIを理解していない!というご指摘は、ぜひメールで。…教えてください。(^^;)

yellowMac mini:BTOの選択肢に高速HDDを望む (2005/03/19)

Mac miniは魅力的なパソコンです。しかし、4,200 rpmのHDDが搭載されているのが気になります。AppleStoreのBTOで5,400 rpmのHDDを選べるようになれば、より魅力的になります。

PowerBookでも以前は同様のBTOがあり、現在は5,400 rpmに統一されました。Mac miniでもお願いします。

追記 (2012/11/11)

翌年のMac mini (Early 2006)では、HDDが5,400 rpmになりました。

更に5年後のMac mini (Mid 2011)では、オプションでSSDを選択できるようになりました。

Mac mini (Late 2012)では、オプションでFusion Driveを選択できるようになりました。SSDとHDDを仮想的に1つのドライブとして使う機能で、SSDの利点をHDDと併用できるようになりました。

yellowiMac G5:20インチモデルは背が高すぎる (2004/10/23)

店頭でiMac G5を触ってきました。20インチモデルの高さが気になります。

Cinema Display 20インチモデルの高さは41cmで、iMac G5の47cmと比べて6cmの違いがあります。画面部分の下に電源ユニットなどを収めた部分があることが、この高さの違いに繋がっています。

メニューバーが6cm高くなるので、若干ですが見上げる姿勢を強いられ、長時間使っていると疲れが溜まると予想されます。椅子の高さを調節すると、今度はキーボードが低くなりすぎます。

後継モデルでは、次のいずれかの改良を希望します。

VESA準拠のマウントアームを介して、高さ調節機能付きのスタンドを接続する方法もありえます。しかし、そのようなスタンドは発売されていません。他社からの発売を待つのではなく、高さ調節機能付きスタンドを別売オプションとしてはいかがでしょうか。

追記 (2009/10/21)

iMac (Late 2009)になって、画面の下端が下がりました。実に5年がかりでの若干の改良です。とはいえ、画面サイズも拡大したため、画面の上端はiMac G5から更に上がってしまいました。

greeniMac G5:DVI入力端子を付けて欲しい (2004/10/23)

いまはWindowsを使っている人がMacの購入を考えるとき、比較的安価なiBookやiMacを最初に検討することが考えられます。また、すでにMacを使っている人のなかにも、Windowsを併用している人は大勢います(私もその一人)。しかし、iMac G5を購入すると、Windows用とあわせて2つもディスプレイを使うことになり、狭いオフィスや家庭内では邪魔になります。

デュアルディスプレイ用のVGA出力端子に加えて、入力端子を備えてはいかがでしょうか。これがあると、別のパソコンのディスプレイとしてiMac G5を使うことができるので、複数のディスプレイを併用せずにすみます。(ミラーリング専用のVGA出力端子よりも、利用価値は大きいではないでしょうか。)

もっとも、VGA入力端子を備える場合、iMacの内部にアナログ-デジタル変換装置を追加せねばなりません。コスト増を避けるために、DVI入力端子を備えることを提案します。

なお、PowerMac G5なら1台のディスプレイをほかのパソコンと共有できますが、PowerMac G5自身が巨大なので、省スペース効果を得られません。iMac G5のディスプレイをほかのパソコンと共有できるようにするか、G4 Cubeのような省スペースのMacの発売を希望します。

追記1:省スペース機であるMac miniが、翌年の1月に発表されました。

追記2 (2009/10/21)

iMac (Late 2009)の27インチモデルになって、外部DisplayPortソースの入力に対応しました。実に5年がかりでの改良です。

yellowADC端子付きの各種グラフィックカード販売を望む (2001/09/26)

御社の提供するソリューションには、Apple Cinema DisplayやApple Studio Displayでマルチディスプレイ環境を構築する手段がありません。また一方を他社製ディスプレイにするとしても、AppleStoreのBTOでTwinView対応のNVIDIA GeForce2 MXを選択するしかありません。つまり既存のPowerMacユーザには道が閉ざされています。この状況を改善してください。

具体的には、次の4種類のグラフィックカードをApple Storeで単品販売してください。コストがかさむ場合は、最初の2種類のみでも十分です。

これらの製品を販売することで、御社にも次の2つのメリットが生じます。

  1. 直接利益:Cinema Displayの販売数の向上が期待でき、利益率の向上につながる。
  2. 間接利益:既存の顧客を大切にするメーカーとして、御社に対する顧客の信頼感を醸成できる。

2番目は特に重要です。他社よりも高価な製品を販売しているのですから、他社よりもよいサービスを提供すべきです。

同じ理由から、AGP 2X用の高速グラフィックカードの単品販売も希望します。

なお、グラフィックカードなどを提供しても、ユーザは実際にはMacintosh本体を長く使いません。部品を交換して長く使うよりも、全部を交換した方が費用対効果が優れているからです。つまり、Macintoshの売り上げに悪影響は生じません。

以上の理由から、ADC端子付きグラフィックカードの拡充を、強く要望します。ご検討をお願いします。

追記 (投稿からン時間後)

…って、投稿してから気づいたんだけど、AGPカードの端子がある面は、ADC端子を2つ備えるには狭すぎます。(大恥)

仕方がないので2つめのコネクタはグラフィックカードの基盤上に用意し、ケーブルはPowerMac内部を通ってPCIスロットから外に出してもらいましょう。(爆) それじゃあんまりだから、ADC端子2系統分とVGA端子を1つにまとめたApple Dual Display Connector(略称 ADDC)を新設し、付属の変換アダプタでADC端子2つ、またはADC端子1つとVGA端子1つに分岐するって方が良いかも。ADC端子が2つも欲しい人なら、無粋なアダプタも我慢してくれる筈だよね。…だよね。(汗)

後日談 (2002/03/04)

Power Mac G4 (QuickSilver 2002)のB.T.O.オプションとしてNVIDIA GeForce4 Titaniumが加わりました。ADC端子+DVI端子のマルチディスプレイ対応カードで、付属のアダプタでADC端子+VGA端子にもなります。サードパーティ製のアダプタを使えば、ADC端子×2にもなります。

近い将来、米国ではこのカードの単品販売も行われるとか。日本でも行われることを希望します。

このAGP 4XのカードはQuickSilverでしか動作を保証されていませんが、アップルがかつて販売していたAGP 4Xの機種専用のNVIDIA GeForce3はG4 Cubeでも使えました。(自分のマックで確認)

追記2 (2002/06/15)

NVIDIA GeForce4 Titaniumカードの発表から3ヶ月。ようやくアップルストアでの単品販売が始まりました。まずは単品販売の開始を歓迎します。

けれども、以前から分かっていたことですが、AGP 4Xの機種専用なのは残念です。Mac OS X 10.2でQuartz Extremeの最適なパフォーマンスを実現するには32MBのVRAMが必要なのですから、古いMacを対象機種に加えるか、AGP 2X用カードも販売して欲しいものです。
(追記3:Mac OS X 10.2のリリース時にVRAMの最小容量が16MBに緩和されました。ただしデスクトップ機では32MB以上のままです)

redUSB ProキーボードJISの改善 (2001/08/03)

以前にiBookのJISキーボードの設計ミスについて投稿しました。今回はApple Pro KeyboardのJIS版(以下、Proキーボード(JIS))に同様の設計ミスがあることを指摘いたします。

まずは次の画像をご覧ください。2つはアップルメニューの「キー入力」から取り込んだ画像です。「キー配列」の画像は現実のキーボードのデザインと一致しています。(投稿時は、URLを列記しました)

USB版JISキーボードの英数キーとかなキーの位置
赤線がFキーおよびJキーの位置、青線が英数キーとかなキーの位置を示す。(テンキーなどを略記)
Apple USB Keyboard (JIS)   Apple Pro Keyboard (JIS)
左右等間隔   かなキーは離れている

初期のiMacに付属していたApple USB Keyboard(JIS)では、ホームポジションであるFキーおよびJキーからそれぞれ等距離に英数キーとかなキーがありました。その距離もキーの幅にして半分程度です。

一方、現在のデスクトップ機すべてに付属しているProキーボード(JIS)では、英数キーはFキーとほぼ同じ位置(実際には0.3個分ほど外側)にあるものの、かなキーはJキーからキーの幅2つ分も外側(実際には2.3個分ほど)に離れています。

この違いは使い勝手に大きく影響します。英数キーを押して半角英数の入力モードに切り替えるのはどちらでも容易ですが、かなキーを押してひらがなの入力モードに切り替えようとするとProキーボードではホームポジションを守れなくなります。

対策は簡単です。以前のApple USB Keyboard(JIS)のようにスペースバーの右側を縮めるだけです。キーが左に移動した結果、右controlキーの隣が空いてしまいますが仕方ありません。なお、英数キーを右側にずらすことのないように、くれぐれも留意してください。これ以上右に移動すると、左手でスペースバーを押すことができなくなります。もう少し左にずらしたほうが良いくらいです。

現在の日本向けProキーボード(JIS)には上記の設計ミスがあります。御社のキーボードのデザイン担当氏に、日本向けのキーボードでもホームポジションを守れる設計が必要不可欠であるとお伝えください。御社の製品は使いやすさこそがセールスポイントです。利用者が使いやすい製品を設計されるようお願いいたします。

redPowerBook JISキーボードの改善 (2001/05/14)

最近発売されたiBookの購入するつもりで、店頭に行きました。…が、失望して帰ってきました。購入は無期延期とします。

御社のPowerBookシリーズでも言われつづけたことですが、自分で使うときになってはじめて実感しました。キーボードが、日本での使用を想定して設計されていません。これでは使用できません。

数ある意見のように、USキーボードを選択できるようにする方法もあるでしょう。しかし、これは消極的な解決策です。日本で本気で売るつもりであれば、日本語入力に適した配列にJISキーボードを改善すべきです。私の認識している問題点と、その解決案を列記します。

問題点(下図参照)

解決案(下図参照)

  1. 次のキーを文字キーと同じ幅にします。(英数キー、かなキー、Fnキー、enterキー)
    これだけの改良で、スペースバーを広げて、中央に寄せることができます。しかし、トラックパッドの問題は解決できません。
  2. 解決策1を行い、さらにdeleteキーも文字キーと同じ幅にします。
    この方法で、キーボードの中心軸をいまよりも右寄りに修正できます。他社はトラックパッドを左にずらすことで解決していますが、御社ではデザイン上の理由から不可能だと思っています。
  3. 解決策1と2を行い、さらにカーソルキーをキーボードの右下にはみ出させます。
    これによって、enterキーをさらに右に寄せることができます。

これらの解決方法は、すべて御社の既存製品(PowerBook2400)で行われていたことです。御社のキーボードのデザイン担当氏に、日本で売るためにはPowerBook2400のキー配列が必要不可欠であるとお伝えください。御社の製品は使いやすさこそがセールスポイントです。利用者が使いやすい製品を設計されるようお願いいたします。

追記 (2001/06/21)

PowerBook2400とiBook (Dual USB)のキーボードの違いを、画像で比較してみます。次の2つはアップルメニューの「キー入力」から取り込んだ画像です。「キー配列」の画像は現実のキーボードのデザインと一致しています。

JISキーボードの中心軸の比較
赤線がキーボードの中心軸(GとHの間)、青線がトラックパッドの幅とその中心線を示す。
PowerBook2400   iBook (Dual USB)
軸は揃ってる   軸がずれている

ご覧のように、PowerBook2400の2つの中心軸がほぼ揃っているのに対し、iBook (Dual USB)の中心軸は文字キー1つ分ずれています。どちらの設計が正しいかは、一目瞭然でしょう。

画像提供:サミい様(Click & Press
ありがとうございます。

yellowディスプレイに2系統の入力端子 (2001/01/27)

御社製ディスプレイの入力端子を2系統に増やしてください。G4 Cubeを買うという友人に頼まれて液晶ディスプレイを探しました。最初に考えたのは御社のApple Studio Displayでした。しかしG4 Cubeと共に既存のPowerMacも接続するつもりです。(古いCRTモニタがあるのですが、それは破棄する予定です)ADC端子を1つしか備えないApple Studio Displayでは、目的に合いません。

価格のためにはじめから対象外でしたが、ハイエンドモデルのApple Cinema Displayでさえ、驚いたことにADC端子を1つ備えるだけでした。他社の液晶ディスプレイであれば、18インチ以上の製品なら必ず2系統の入力端子を備えています。15インチの製品でも、Apple Studio Displayと同程度の価格帯であれば2系統備えるのが普通です。その点で御社の製品は「デザインのみ」で「実用性に欠ける」と云わざるを得ません。

デザインは高く評価するのですが、これでは購入できません。今回は他社の製品を勧めることになりますが、次期モデルでの抜本的な改善を期待しています。

追記 (2003/06/08)

2台のMacで1台のADCディスプレイ(およびキーボードとマウス)を共有できる。そんなADCディスプレイ切り替え機がサードパーティーより発売されました。(参照先→ ACS-1602

yellow嘆かわしい品質低下 (2000/xx/xx:記録紛失により再構成して掲載)

かつての御社の扱っていた製品は、MS-DOSパソコンより遙かに高価ではありましたが、それだけの品質を持っていました。ところが、近年の御社製品の品質低下には目を覆わんばかりのものがあります。

これらの問題は、製品の発表前に十分な品質検査を行っていれば回避できたはずのものです。最近の御社では、コスト削減によって品質検査がおざなりになっているように思えてなりません。

さらにサポート部門の対応が状況を悪化させています。不良が相次いだ時点で無償修理や交換を発表していれば、ユーザは御社に悪印象を持ちません。むしろ安心感を抱き、次回も御社製品を購入するでしょう。しかし御社の対応は逆であり、ユーザは御社に対する不信感を募らせています。サポート部門の対応に不快な思いを抱いたユーザは、次に他社製品を検討することでしょう。

古くからのユーザはまだ忠誠心があるかもしれません。けれどもiMacブームで掴んだ新規ユーザは、製品とサポートに幻滅すればすぐに離れて行くはずです。品質管理とサポートの両面で、急速かつ抜本的な改善を要望いたします。

追記

品質に不安のある製品のリストに、次の製品を追加します。情報源はすべて、アップル社のディスカッションボード掲示板です。

greeniMacにCD-R/RWドライブ (2000/08/17)

現在のiMacにはCD-ROMドライブまたはDVD-ROMドライブが装備されています。これを、上位モデルではCD-RW兼用DVD-ROMドライブにしてください。

これまでのCD-RWドライブは、次の3つの理由でMacに標準搭載するには不適当でした。

しかし、最近登場したBurn-Proof対応ドライブであれば、焼きミスはほとんどなく、Finderコピーのようにバックグラウンドでも可能で、追記も自由です。ドライブの単価も安くなりましたし、DVD-ROMドライブとの兼用型でも価格差はほとんどありません。設定の煩雑さは、アップル製(つまり使いやすい)のライティングパケットライト専用ライティングソフトを添付することで解決できます。

そのほかの複雑なフォーマットは一切サポートせず、必要なユーザには他社製ソフトを購入してもらいましょう。現在のiMacには標準のバックアップ装置がないので、これを備えることでiMacの魅力は大幅にアップすると考えます。

本提案は単純なアイデアですので、御社にてすでにご検討のことと思います。需要があるという資料として、この提案をご利用ください。自宅で使用しているiMacを買い換えたくなる、そんな魅力的な製品の発売を期待しております。

後日談 Thanks!

翌2001年の1月に新型iMacが発売されました。それまでのDVD-ROMドライブに代わって全機種CD-R/RWドライブを装備し、iTunesで音楽CDを、Disc BurnerでFinderと融合したデータCDの作成機能を備えました。さらにDVD-ROMドライブとの兼用型が、4月の新型iBookの最上位機種で採用されました。複雑なフォーマットをサポートしないところまで提案どおり。(やはり、誰もが欲しがっていたのですね(笑))

パケットライトは未サポートですが、Disc Burnerの使い勝手はこれに近いものです。本物のパケットライトはMac OS Xに期待しましょう。しっかし、iDVDは完全に予想外でした。よもやDVD-R兼用ドライブがもう登場するとは…。

greenApple Studio DisplayとCubeスピーカを合体 (2000/08/17)

G4 Cubeは小型で魅力的な製品ですが、1つ問題があります。使用時には最低限でも下記のユニットが並ぶことになり、極めて煩雑になるのです。

ディスプレイ左右のスピーカとスピーカのパワーユニットを、Apple Studio Displayと一体化できるようにしてください。それだけで上記のユニットが3つ減ります。

例えば、Apple Studio Displayの左右の脚に穴を開けます。裏からCube用スピーカをはめて取り付けられるようにするのです。スピーカ用のパワーユニットはディスプレイの背面にセットする場所を用意します。ケーブルも背面に取り付けられれば、すっきりします。パワーユニットのUSB端子は使いにくくなりますが、ディスプレイにもUSB端子はあるので問題になりません。(2001/7追記:パワーユニットにUSB端子はありません。イヤホン端子の間違いでした。ディスプレイにイヤホン端子を追加する必要があることになります)

以上の工夫で、ディスプレイの製造原価を増加させずに、製品としての魅力を向上させられます。ディスプレイそのものにスピーカを内蔵する方法もあります。その場合は、よりすっきりとしますが、製造原価は増加します。Cubeのスピーカも無駄になります。

提案は単純なアイデアですので、御社にてすでにご検討のことと思います。需要があるという資料として、この提案をご利用ください。自宅で使用しているiMacを買い換えたくなる、そんな魅力的な製品の発売を期待しております。

後日談

この投稿は、Cubeの実物を見る前に書きました(^^;)。実物のスピーカは巨大で重く、振動も大したものです。これをディスプレイに取り付けるのは、あまり良い発想ではない気がします。

なお、部品点数の削減という提案は、PowerMacG4 (Digital Audio)にてパワーユニットを本体に内蔵するという形で実現しました。

greeniMacSEにディスプレイ品質の向上 (1999/12/10)

現在のiMacのラインナップは、3つに分かれています。

このなかで、3番目の製品の付加価値は、色とメモリとHDのみとなっています。次期モデルでは、付加価値付きのモデルでは「モニタの品質」も差別化要素として取り入れてください。

iMacシリーズのモニタはシャドウマスク管ですが、アパーチャグリル管のほうが若干高品質です。特に1024×768解像度で表示するときは違いがはっきりします。

現在、iMacを使っていて一番不満に思うのがモニタの品質なので、これにコストをかけたスペシャル版が発売されれば、数万円高くてもそれを選びたいと考えています。よろしくお願いします。

後日談 (2002/01/14)

2002年1月に発表された新デザインのiMac (Flrat Panel)は、15インチCRTよりも優れた15インチTFTを装備し、ある意味では提案を実現したものといえます。CRTモデルのiMacは、廉価版iMacとして引き続き販売されることになりました。


メニュー − (iPhone (1) (2) (3) (4) / MobileMe / iPod / .Mac / ハードウェア / ソフトウェア / サービス) top
文責:野尻隆裕 (Twitter @TakaNojiri)