Top  Feedback (Main, Sub)  Tips  Software  My Mac  No!CCCD  Link  更新日:2007年01月31日

サービスへのフィードバック

  redぜひ改善を! | yellow少し変です | greenThink Different (^_^;


greenフィードバック一覧

redフィードバックページが古いままです (2006/09/20)

御社のフィードバックページから投稿する際に書いていたのですが、もう1年以上、何ら対処が為されないので、改めて投稿します。

アップルお客様窓口のページの一番下をご覧ください。そこからリンクしている各フィードバックのページについてです。

OSのバージョンやアプリケーションのバージョンの選択肢が酷く古いままになっています。OSは10.3ばかりで、iTunesなどバージョン4.7.1が最新版です。

これでは「古いページを放置してます。メンテナンスはしておらず、フィードバックは実は受け付けていません。ユーザの声は聞きません。」と断言しているも同然です。

それぞれのページを米国同様に更新するか、いっそ削除すべきではないでしょうか。ただし、削除した場合は、マイナスイメージを避けられません。せめて米国のページにリンクを貼り、英語でのフィードバックを受け付けるべきでしょう。

追記1 (2006/10/08)

いつの間にか新しいフィードバックページが作られ、アップルお客様窓口からのリンクが設定されました。米国版のフィードバックページと同じ作りになりました。

現時点では下記の問題が残っているので報告しましたが、すぐに修正されることでしょう。

  1. TOPから「Mac OS X 」-「フィードバック」と辿ったOS Xのフィードバックページには、古いフィードバックページへのリンクが貼られたままです。
    TOPから「Mac OS X」-「フィードバック」と辿ると、新しいフィードバックページに入るよう修正することを提案します。(米国版の構造は、かえって分かりにくいと考えます。)
  2. アップルお客様窓口には、「フィードバックフォーム」という言葉が2ヶ所で使われています。一方は製品とサービスに関するフィードバック、もう一方はWebのリンク切れなどに関するフィードバックですが、同じ言葉なので混乱しがちです。後者を「WEBサイトフィードバック」と記載してはいかがでしょうか。
  3. 新しいフィードバックページの記述が、既に古くなりつつあります。OSの選択肢に「10.4.8」がありません。iTunesの選択肢にも「7.0.1」がありません。
  4. iTunesフィードバックをSafari 2.0.4で見ると、「iTunesサポート」の枠が「コメント」欄に重なります。GarageBandのページでも、同様の現象が発生しています。

追記2 (2006/11/03)

上記の1番は、反映されていました。2番は、「フィードバックフォーム」というリンク元の用語はそのままですが、リンク元の記述を改善していました。3番は、OSの選択肢に「10.4.8」が加わっていました。4番のレイアウトの崩れはそのままですが、Safari側の問題のようです。Firefox 2.0では正常に表示されます。

redAppleCareサービス&サポートライン:NTTのひかり電話では利用できない (2005/10/20)

AppleCareサービス&サポートラインの電話番号(0070-800-27753-1)についての要望です。

NTTのBフレッツのオプションサービスに、ひかり電話というものがあります。現在、NTTではBフレッツを契約する際に、通常の電話を解約してこのサービスを利用するよう推奨しています。

ところが、ひかり電話を利用する場合、KDDI (0070)を指定できません。別の電話番号も用意していただけないでしょうか。

それまでの間、「お勤め先や学校等の電話交換機」並びに「インターネット電話」からコールセンターをご利用頂く際のご注意(ヒント)」のページに、ひかり電話について追記してください。

情報源:よくある質問|ひかり電話|NTT東日本ひかり電話でかけることができない(つながらない)電話番号はありますか?

フリーダイヤルでなくても、せめて連絡手段だけは提供して欲しい…。

追記 (2007/01/31)

2006/12/22から、AppleCareサービス&サポートラインの電話番号が「0120-27753-5」に変更されました。NTTのひかり電話でも通話できるようになりました。感謝します。>アップル社

redDiscussion Boards:Virexの記述が古すぎる (2005/06/19)

Discussion BoardsのVirexボード(Home > .Mac > Virex)に、下記の記述があります。

McAfee社よりVirex 7.5.1がリリースされました。iDiskの「Software」フォルダ、もしくはwww.mac.comのVirexのページからダウンロードが出来ます。

しかし、www.mac.comではVirex 7.5.1の配布を終了しており、iDiskからも削除されています。DATファイルの配布ページに下記のように記載されています。

現在、Appleでは、既にVirexをダウンロードしたメンバーの皆様に対して、ウィルス定義(DAT)ファイルをひき続き提供しています。Virex 7.2.1はMac OS X v10.4 "Tiger"に対応し、Virex 7.5.1はMac OS X version 10.1.5から10.3.9までのみに対応しています。

つまり、Virexアプリケーションは7.2.1も7.5.1も配布を終了したが、DATファイルのみは提供し続けると読みとれます。

Discussion BoardsのVirexボードの記述も、上記の内容に置き換えるべきではないでしょうか。その際には、アプリケーションの配布を終了した旨を、明記していただくようお願いします。

greenDiscussion Boards:iPod掲示板内にiTunes掲示板へリンクを (2005/01/23)

iPodが好調な売れ行きを示しているおかげで、Macを使わないiPodユーザが増えてきました。そのためか、ディスカッションボードのiPod掲示板にて、iPod付属のiTunesについて質問する人が増えています。

iPod掲示板内に、iTunes for Mac掲示板とiTunes for Windows掲示板へのリンクを設定してはいかがでしょうか?これによって、iTunesに関する質問と回答が、各種iPodの掲示板に分散する事態を減らすことができるはずです。

追記 (2005/01/25)

上記の提案が採用されました。

yellowサポートせずに料金を徴収?! (2004/07/20)

.Mac会員専用のDiscussion Boardsにて、下記の書き込みがありました。

この掲示板の存在を知る前に、アップルコールセンターに電話でお尋ねしたのですが、5250円お支払いして教えていただいたのが、この掲示板に用件を書いて下さいとのことでした。

.Macのサポートは会員専用Discussion Boardsとなっていますから、コールセンターで対応できないは理解できます。しかし、有料のチケットを購入させて「掲示板を見ろ」ではあんまりです。自分たちの業務外であると分かっているのですから、お金を取る前に本来の窓口へ誘導するのが仕事のはずです。>コールセンターの方々

コールセンターに連絡して、上記の投稿者へ返金させてください。

追記 (2004/07/24)

この投稿は、話の流れ上、会員専用のDiscussion Boardsにてモデレータ様宛に行いました。また、ほかにも数名から同様のコメントが寄せられました。その結果、5250円の引き落としがされないことになったと、コールセンターから投稿者へ連絡されたそうです。ありがとうございました。>モデレータ様

red翻訳前に内容を確認してください (2004/02/11)

「Mac OS X News - Japan : 2/10/2004」に、次の内容があります。(強調は引用者による)

Mailで、フォルダをZipアーカイブに自動変換
フォルダをメールに添付して送る場合、まずは圧縮ソフトで1ファイルにアーカイブ化してからメールに添付するのが従来の方法でした。Pantherでは、標準搭載のMailでのフォルダの添付がたいへん手軽に。送信メールのウインドウにフォルダをドロップするだけで、Mailが送信時に自動的にZipアーカイブに変換してくれます。最も広く使われているZipアーカイブなら、PCユーザとのやりとりもスムーズです

「PCユーザとのやりとりもスムーズです」とありますが、これは英語圏での話です。ファイル名が日本語の場合、Mac OS Xで圧縮したZipファイルは、Windows環境で正常に解凍できません。

このようなバグがあるにも拘わらず、日本語版の「Mac OS X News - Japan」に上記のような記事を載せるとは、何を考えているのでしょうか?米国版の記事を翻訳しているのだということは理解できます。しかし、翻訳する前に、内容が現地(この場合は日本)の状況に適していることを確認してください。翻訳業務を行う上での常識ではないでしょうか?

関連するフィードバック:zipファイルが他環境で文字化けする

「Mac OS X News - Japan」のWeb版:New Features in Panther #02

redバグ情報は遅滞なく告知すべきです (2003/12/18)

2003年12月15日に、QuickTime MPEG再生コンポーネントが動作しなくなるというバグが発覚しました。17日になってバグフィックス版がアップルストアにアップロードされましたが、18日現在、いまだにアップルからユーザへの告知はありません。

これは重大な問題です。バグが生じることは避けられません。バグにどのように対処するかが重要です。バグフィックスを急ぐのは当然として、その完成を待たず、バグを発見した時点でホームページで告知すべきです。さもなければ、ユーザからの信頼を失うだけです。

リスク管理の内容によって、企業の質が明らかになります。欠陥を認めて即座に対処方法を告知するのが一流の企業。欠陥を隠すのは二流。隠したうえに、そのことが周知の事実と化してしまうのは三流の企業です。アップル社は自身をブランドとすることを目指していますが、その行為は三流企業そのものです。

関連するフィードバック:ソフトウェア・アップデート:ユーザへの告知に使いましょう

追記 (2003/12/23)

上記の投稿を行った直後に、Advanced Search(旧称:)記事ID=93552に対処が掲載されました。しかし、検索しなければ見つけられないTech Info Libraryに載せるのでは、対処としては弱すぎます。

rediToolsがXserveの命運を握る (2002/05/18)

御社の商品「AppleCare Premium Service and Support Plan」の説明は、次の文章ではじまります。

会社の事業がサーバの信頼性で決まるというのなら、ダウンタイムをやむなしとすることはできません。問題解決に迅速に当たるため、アップルはXserveシステムのためのAppleCare Premium Service and Support Planをご提案します。

これだけのサービス商品を販売する以上、iToolsサービスの信頼性向上は急務です。もし、これまでのように頻繁に停止し、さらに半日から数日のダウンタイムを余儀なくされ続けるなら、iToolsサービスはXserveおよびAppleCare Premium Service and Support Planに対する最大のネガティブキャンペーンとなるでしょう。

もはや猶予はありません。我々ユーザを良い意味で驚かせてください。

yellowWebmailベータ版:先にすべきことがありませんか? (2002/04/18)

Webmailサービスそのものは大歓迎です。IMAP対応のメールソフトがなくても、いつでもどこでもメールサービスを利用できます。

しかし、その前にすべきことがあります。現在のmac.comメールサービスは、非常に不安定なサービスとしてユーザ間で有名です。そんなサービスの品質を放置したまま、さらにサーバーの負荷を増やすなど、混乱を助長するだけの行為です。まずはサーバーの安定を優先してください。

正式稼働する際にWebmailを有償サービスにするなら理解できます。その利益をmac.com全体のメンテナンスに役立ててください。ただし有償サービスにする場合は、Webmail有償サービスに登録したアカウントを優先して扱い、通常のmac.comサービスを含めて安定した品質を約束してください。サーバーが停止した場合の料金払い戻しも不可欠です。

補足

2002年4月18日から同年7月17日まで行われたβ版のWebmailサービスについては、Webmail feedbackへ投稿しました。(同年7月18日より.Macの正式サービスとなりました)

redDiscussion Boards:過去ログ削除の仕様が不完全です (2002/04/14)

Discussion Boardsでは、一定期間が過ぎた発言は自動的に削除されるようになっています。これはこれで一つの方針ですが、現状では十分に考えられた仕様とは思えません。

「ユーザ情報」画面で自分の古い投稿を確認するとき、自動削除された発言があった場所に「While loop limit reached」というメッセージが表示されます。(図1)

ところが、古い投稿が自動的に削除されても、「ユーザ情報」画面のページ切替リンク(<<prev 1 2 3 … next>>)には反映されません。古いリンクをクリックすると「While loop limit reached」メッセージだけが3回も表示されます。(図2)

次の改善をお願いします。

  1. メッセージを日本語化してください。
  2. 投稿が存在しないページへのリンクは「ユーザ情報」画面から削除してください。
無駄なリンクがある「ユーザ情報」画面
図1:本来の役割 図2:無駄な表示
LoopLimitが1回表示 LoopLimitのみ3回表示

追記

2005/04/27に行われたDiscussion Boardsの全面更新で、この問題は解決しました。

redユーザに関わる情報は原則として公開してください (2001/11/21)

アップル社のユーザの間で、ある種の不満が蓄積しています。それは、貴社が「ユーザが必要とする情報を公開しない」ことに起因しています。

思いつくままに、最近の事例を列記してみましょう。

まだまだ出てきそうです。

個々の事例にはそれなりの事情があるのかもしれませんが、全体として「知らしむべからず」といった傾向が見られる点に、ユーザの不満が蓄積しています。

パソコンを使うのであれば、もっと費用対効果に優れた選択肢は多数あります。アップル社の存在意義は、単なるパソコン販売にはなく、「Macintoshを所有し使用する満足感」を販売することにのみあります。いまではアップル社はサービス業なのです。

ユーザの満足感を維持するには、優れた製品、優れた品質管理と並んで、優れたサポートが必要です。そして優れたサポートの必要条件が、情報の公開(ユーザに関わるすべての情報の即時公開)です。何らかの情報を秘匿されていると感じたとき、ユーザはアップル社に対して不満を抱き、ひいては製品に対する不満につながります。

サポート制度を部分的に変更したときは、それをサポートページのトップに載せましょう。ただそれだけでも、貴社のご努力をユーザに伝える効果があります。改善の目途が立たない難題であっても、「改善に向けて努力しています」というだけでユーザの心象は違います。(くれぐれも空手形を乱発しないように)

情報公開の実現にはさまざまな障害があるかもしれませんが、前向きの対応をお願いいたします。

redDiscussionBoards:レスポンス低下問題に関してコメントをお願いします (2001/11/02)

Discussion Boardsのレスポンスが、10月になった頃から極端に低下しています。この件についてDiscussion Boards内で不満が続出しており、Tell Us(フィードバック窓口の旧名称)へ投稿したものの応答がないと不満を漏らしている人もいます。

改善するのに時間を要するのは理解できます。しかし、何らかのコメントを出すことはできるのではないでしょうか? たとえば「ただいまシステムの強化を行っております。しばらくお待ちください」とか。「システムの改善策を検討中です」とか。

何も応答がないために、ユーザの不満が高まっています。たとえ一言でも、何か応答すれば違います。Emailサービスのメンテナンスも、コメントがでるようになってから随分と不満が減りました。

早急に対処されることをお願いいたします。…と御社のWeb Master様にメールを出してから、すでに20日以上が経過しました。未だに何の対策もなく、メールへのご返答もありません。改めてTell Usに投稿すると共に、自分のWebページにて公開させていただきます。

後日談 (2001/11/09)

上記の投稿の直後から、レスポンスが目に見えて向上しました。1週間近く経ちますが、1分弱ならともかく、以前のように長期間の無反応状態には出会っていません。

この改善は大いに評価します。しかし、それまでの1ヶ月間を、何もコメントせずにユーザの不満が高まるに任せていたのは残念です。対策の予定があるのなら、その旨だけでもコメントしておくことをお願いします。

rediTools:メールサーバのメンテナンス記録を公開してください (2001/08/22)

御社のEmailサービス(mac.comアドレス)のメールサーバは、非常に頻繁に停止します。この状況そのものも由々しき事態ですが、停止したメールサーバのメンテナンス記録を公開しない御社の態度はさらに深刻な問題です。無償とはいえサービスを提供する以上、機能障害があればそれを報告し、障害の期間、原因、対策をすべて記録として常時公開しておくべきです。プロバイダ各社がメンテナンス情報を公開している様子をご覧ください。

現状の表示はこの程度
サポートページへの掲示
(1日で消えました)
Mac.comメールサーバ 復旧いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。
Discussion Boardsへの掲示
(2〜3日で消えました)
…現在復旧いたしております。…
  ※2つの画像はそれぞれ異なる日に掲示されたものです。

私企業であっても情報公開は時代の趨勢です。不都合な情報を秘匿したまま放置すると、御社に対する不信感がユーザ間に広がるばかりです。逆に不都合な情報であっても公開し、問題を着実に改善してゆけば、信頼感を醸成できるはずです。

別件ではありますが、御社の製品であるMac OS X Serverにセキュリティ・ホールが見つかったときも、情報公開が遅れたためにサーバ向け製品としての信頼が失墜しました。事実関係、ユーザができる暫定対策、アップデータの公開予定日などを早期に公開していれば、信頼は保てたはずです。Microsoft社の方がトラブルに慣れた分だけ優れた対応をとっています。

後日談 Thanks! (2001/09/04)

大幅に改善されました。満点ではなくても90点です。mac.comのメールサーバは相変わらず停止しますが、Discussion BoardsのiToolsページに状況と結果が報告されるようになりました。別の報告ではサーバが停止していた原因が報告されています。

今後もトラブルが生じたときは状況を随時掲載し、その記録を残し続けてゆくことを期待します。また、原因は常に明らかにすることを希望します。(残り10点分)

お礼を投稿しました。(^▽^)/

redDiscussion Boards:replyを拒否される (2001/08/17)

御社のDiscussion Boardsでは、今回の改修でWord Filterが加わり、不適切な単語を含む投稿を防止できるようになりました。といっても、メッセージが英語であることから英語圏向けの仕様が追加されただけだと思います。

この新機能のローカライズにバグがあるため、日本のDiscussion Boardsではreplyを拒否される事態が発生しています(何事もなくreplyできる投稿もあります)。問題のある単語を使わずに、たとえばタイトルを「ここをご覧ください」、本文を「以下のページを覧ください。http://til.info.apple.co.jp/」とするだけでも拒否されます。英語のメッセージによると問題のある単語は赤く表示されるそうですが、どこにも赤い文字がありません。明らかにローカライズのバグですので、早急に改善するか、元の仕様に戻してください。

たとえば、ここ(http://discussions.info.apple.co.jp/WebX?13@@.ef837e8)で試したところ、上記のタイトルと本文ではreplyできまんでした。ほかにも多くの投稿にreplyできません。

Discussion Boardsに限らず、近年の御社製品ではローカライズに際してテストしなかったと思われるものが増えています(Mac OS X, QuickTime 5など)。ユーザの信頼を失わないためには、ユーザをベータテスター扱いせず、ローカライズ後に十分なテストを行ってから出荷することが必須条件です。

後日談 Thanks!

この日のうちの復旧し、Word Filterの実装は見送られることになりました。期せずして共に抗議の声をあげてくださった皆さん、特にアップル社に電話された方に深く感謝します。

redDiscussion Boards:リンクを張るとメールアドレスが表示される (2001/07/02)

御社のDiscussion Boardsでは、Discussion Boards内のURLを投稿にて引用するとURLを「発言者名 日付 時間」の形式に置き換えて表示し、先のURLをここへリンクする機能があります。この機能は便利なのですが、多くの場合に「引用元メールアドレス 日付 時間」の形式で表示されるバグがあります。

どのような条件でバグが顕在化するのか判りませんが、このバグは重大なセキュリティ・ホールとなっています。早急な解決をお願いします。

後日談 Thanks!

多くの場合、メールアドレスは表示されなくなりました。しかし利用者によってはメールアドレスが公開されてしまうことがあり、なぜ異なった結果になるのか分かりません。しかも、この時の改修で別の問題が発生しました。困ったもんだ。(SIGH)

yellowTIL:曖昧検索ができない (2001/06/23)

御社のTech Info Libraty (TIL)の検索機能は品質が低く、あまり役に立ちません。改善をお願いします。

たとえば、「iMac アップデート 1.1」について調べたいとき、次の語で検索される可能性があります。

  1. iMac(半角スペース)アップデート(半角スペース)1.1
  2. iMac(半角スペース)アップデート1.1
  3. iMacアップデート(半角スペース)1.1
  4. iMacアップデート1.1
  5. iMac(半角スペース)Update(半角スペース)1.1
  6. iMac(半角スペース)Update1.1
  7. iMacUpdate(半角スペース)1.1
  8. iMacUpdate1.1

ところが検索に成功したのは1番と5番のみです。つまり半角スペースの有無が異なるだけで発見できないのです。これでは見つける前に諦めてしまう人が増えることでしょう。

さらに別の問題もあります。上の1番と5番で見つけたTILは、それぞれ別のTILでした。同じソフトウェアであるにも拘わらず「iMac アップデート 1.1」「iMac Update 1.1」とTILによって表記が異なるために、一方を発見しても他方を見逃す恐れがあるのです。これは大問題です。

半角の有無や表記のブレに影響されないよう、TILを曖昧検索できるように改善してください。

redTIL:日本語版に重大な問題あり (2001/06/23)

御社のTech Info Libraty (TIL)のエラーメッセージは往々にして誤って翻訳されており、検索しても適切なTILを見つけられません。改善をお願いします。

たとえばQuickTime英語版の「Required Compressor Could Not Be Found」はTIL日本語版では「必要なコンプレッサが見つかりません 」と訳されてます。しかし実際には「圧縮プログラムが見当たりませんでした」と画面に表示されます(QuickTime 4)。これではどうやっても見つけられません。

OSや自社製アプリケーションをローカライズする際は、メッセージの対訳表を作るべきです。表示する条件を整えることすら難しいメッセージであっても、対訳表があれば正しくTILを翻訳できるはずです。

また、英語版では同一のメッセージであっても、OSやアプリケーションのバージョン時に日本語では翻訳を変更する場合もありえます。このような場合もTILで見つけることが困難になります。対訳表に両バージョンでの訳語を併記してあれば、それに基づいてTIL日本語版に両バージョンのメッセージを併記できるはずです。

ローカライズ時のちょっとした工夫で、ユーザの利便性は大幅に向上します。ローカライズの工程を改善し、TILの品質を向上させてください。

余談

TIL英語版の「Compressor」がTIL日本語版やQuickTime Player日本語版でどう訳されているか調べてみたところ、「コンプレッサ」「圧縮・伸長モジュール」「圧縮プログラム」「圧縮」とまちまちでした。同様に英語版の「Codec」の訳語も「圧縮−解凍方式」「コーデック」「(英語のままの)codec」とばらばらです。何とかして欲しいものです。

yellowDiscussion Boards:HTMLソースが正しくない (2001/06/07)

御社のDiscussion Boardsでは、文頭に半角>をつけて入力するとblockquoteタグとttタグをつけて引用文とする機能があります。しかし、ttの閉じタグの半角の>が必ず半角スペースに置き変わってしまうので、タグが閉じられません。

具体的には<blockquote><tt>引用文</blockquote></tt となります。

MS-IEのようにHTMLルールの間違いに寛容なブラウザでは支障がありませんが、OmniWeb(本年度Apple Design Awards受賞ソフト)のように厳格なブラウザでは表示がおかしくなります。改善をお願いします。

後日談 Thanks!

1ヶ月後に改善されました。ttタグを閉じるのをいったん諦め、入力した>をそのまま表示(HTMLソース上は半角の&gt;に変換)するように留めることにしたようです。半歩前進というところでしょうか。

yellowWebページのボタンが左右逆です (2001/06/3)

御社のWebページのデザインは、Mac OSおよびMac OS XのUIガイドラインに反しています。たとえばTell Usのページ(フィードバック窓口の旧名称)にあるボタンは、左が[送信]ボタンで右が[クリア]ボタンです。しかし、御社のOSでは、左が[キャンセル]ボタンで右が[保存]ボタンと決められています。役割が逆になっています。

位置が逆であることは誤操作を招きます。送信するつもりでクリアすると書いたものがすべて消えてしまいます。このような誤操作を防止するために、御社のOSではボタンの位置をすべてのアプリケーション間で規定しているはずです。

御社のUIガイドラインに従っているのは、Discussion Boardsくらいでした。

左右逆のUIは、Windowsのものです。Windows用にあわせて標準化されたWebのルールに則っているのでしょうが、Mac OSを売る会社である以上、Mac OSのルールに従うべきです。

なお、Webページのデザイン、それもボタンの位置程度なら米国に打診しなくても変更できると思います。早急な対処をお願いいたします。

追記

Tell Us窓口がフィードバック窓口に吸収されたため、このフィードバックの役割は終わりました。

yellowDiscussion Boards:Edit画面が英語表示 (2001/05/21)

Discussion Boardsで自分の発言を修正しようとEditボタンを押すと、すべての文字が英語で表示されます。reply画面と同じ様に日本語で表示されるよう修正をお願いします。

Mac OS 9.1上のInternet Explorer 5、Mac OS X 10.0.3上のInternet Explorer 5.1とOmniWeb 4.0、Windows 98SE上のInternet Explorer 5で確認しました。

後日談 Thanks!

1ヶ月と経たずして日本語化されました。

greenDiscussion Boards:利用の指針 (2001/05/07)

御社のSupport Discussionsに関してお願いがあります。現在、この掲示板には利用の指針が提示されていません。Tech Exchangeと同様に技術的質問に限っていると思うのですが、その説明がありません。そこで、その旨を説明するページを作成し、各フォーラムからのリンクを設定してください。

後日談 Thanks!

本日(2001/06/28)付けで利用規約が掲示されました。いかにもな法律文書で読みにくいのですが、まあ意味は通じるでしょう。何を投稿してはいけないかは明示されていますし、アップルは何もしなくても構わないとも明記されています。(苦笑)

法的表現はともかく、規約の理想を実現すべく努力はしてくださいね。>アップル

yellowDiscussion Boards:文字が小さい (2001/04/24)

Mac OS XのDiscussion Boardsのデザインが変更されました。おおむね使いやすくなったのですが、一部、ローカライズの際に配慮が足りないと思える箇所があります。

まず、フォントサイズが小さめに設定されています。英語なら十分なサイズですが、日本語では文字が潰れてしまいます。たとえば、Mac OS X上でヒラギノフォントで表示すると、潰れて読みにくくなってしまいます。

次に、[戻る]ボタンと[メッセージ追加]ボタンが英語のまま……と、これはMac OS X上のIEでのみ見られる現象のようです。Mac OS 9上では日本語表示です。IE5.1プレビュー版のバグかもしれませんが、御社のサーバーの設定がおかしいのかもしれません。ご確認をお願いいたします。

後日談 Thanks!

文字サイズは改善されました。米国を見ると、ユーザごとの調節も可能になっていました。日本での反映もすぐかな?

greenDiscussion Boards:日米のIDとパスワードの共通化 (2001/04/04)

サポートページに、新たにDiscussion Boardsが追加されました。今はまだMac OS X専用ですが、米国同様にほかの製品のTech Exchaneを置き換えてゆくことを期待しています。

さて、現在、日本のDiscussion Boardsで作成したIDは、日本のサイトでしか使用できません。米国のDiscussion Boardsを読みたくても、新たなIDを作成しないとログインできません。この点を改善し、同一IDとパスワードを全世界の御社サイトで共用できるようにしていただきたく思います。

ただし、その場合はIDの重複が発生する可能性があります。解決方法としては、IDにiToolsのIDを使うようにする方法しか思いつきません。

後日談 Thanks!

同一のIDで米国のDiscussion Boardsにアクセスできるようになりました。漢字を正しく扱えないため名前が文字化けしていましたが、設定は日米で独立できるので気になれば修正できます。

redTech Exchange:掲示板の荒らし問題 (2001/03/21)

Tech Exchange掲示板についてお願いがあります。週末を中心に所謂「荒らし」が出没し、掲示板をメチャメチャにする状態が恒常化しています。

この掲示板は御社サポート部門の顔でもあり、ここを十分に管理できずにいるということは、御社のサポート能力が低いことを示す、と訪れる人々は解釈します。掲示板を設けた会社は多くありますが、管理できずにいたため会社のイメージダウンにつながり、結局は掲示板を廃止した例が幾つもあります。次のどちらかの方法で解決することを、ご検討いただきたく思います。

  1. 休日、夜間にかかわらず管理者を交代制で常勤させ、不適切な書き込みを削除する。
  2. 書き込む際にはAppleStoreのユーザIDとパスワードの入力を必須とし、不適切な書き込みをした人には削除の上、メールで注意する。さらに、再三の注意にかかわらず改めない場合、警告の後、そのIDでの書き込みを不可能にする。

米国Apple社の場合、管理が行き届いているのか、1番の方法に近い状態に見えます。これで解決できれば良いのですが、解決できない場合は2番の方法を導入することをお願いいたします。

後日談 Thanks!

この直後に、Mac OS X用のDiscussion Boardsとして開始されました。余計なお世話でしたね(^^;。

redTech Exchange:サポート担当者からのご回答を (2000/05/15)

TechExchangeのQuickTime会議室に対するお願いです。ほかの会議室も同様ですが、この会議室でもAppleの方がコメントされることはありません。主に私が回答を行っていますが、大変ですし、何よりWindows版 QuickTimeに関する質問に回答できません。

現在、Windows版 QuickTimeに関して質問をする方は、ほとんど回答を得られないのが実状です。QuickTimeはマックユーザには無条件で普及しています。しかし、Windowsユーザには口コミで普及させるしかありません。そのためには十分なサポートを行い、QuickTimeは良いという評判を創るしかありません。Apple社員の方々による十分なサポートをお願いいたします。社外のサポート要員を雇い、その人にサポートさせるのでも構いません。お願いします。

yellowTech Exchange:掲示板の日本語化 (1999/09/03)

Tech Exchangeがスタートしたのは良いのですが、入力ミスしたときに表示されるアラートが英語なのはいただけません。日本語化をお願いします。

後日談 Thanks!

すぐに丁寧な返事が来て、Tech Exchangeも改修されました。


メニュー − (iPhone (1) (2) (3) (4) / MobileMe / iPod / .Mac / ハードウェア / ソフトウェア / サービス) top
文責:野尻隆裕 (Twitter @TakaNojiri)