Top  Feedback (Main, Sub)  Tips  Software  My Mac  No!CCCD  Link  更新日:2009年06月24日

ソフトウェアへのフィードバック

  redぜひ改善を! | yellow少し変です | greenThink Different (^_^;


greenフィードバック一覧

rediDVD4:イメージファイルで保存したい (2004/02/08)

iDVD4になって、SuperDrive非搭載モデルにもカスタムインストールできるようになり、プロジェクトフォルダをアーカイブファイルとして保存できるようになりました。このため、iMovieで編集してiDVDでオーサリングするまでをSuperDrive非搭載モデルで行い、DVDへの書き込みだけをSuperDirve搭載モデルで行う、という使い方が可能になりました。この改善を評価します。

しかし、DVDの作成には相変わらずSuperDriveが必須であり、この点は評価できません。SuperDrive搭載モデルのバンドルソフトならば納得できる仕様ですが、パッケージソフトとして販売する以上、外付けDVD-Rドライブなどにも対応することを望みます

他社製品との互換性を保証できないのであれば、DVDのイメージファイルを作成する機能だけでも搭載してください。ディスクイメージ形式であれば、OS付属のディスクユーティリティや、他社製のライティングソフトを使って、DVDへ書き込むことができます。ディスクユーティリティでの書き込みは無保証ということにすれば、互換性の責任を負うのは、ユーザとライティングソフトメーカーになります。

この機能がないので、iLife'04を買いそびれています。

追記 (2005/02/01)

iLife '05のiDVD 5から、ディスクイメージ形式で書き出す機能が加わりました。これは買わねば。以下、アップル社のiDVD紹介ページより引用。

iDVDにはさらに、手持ちのメディアがない場合や、SuperDrive以外のシステムでDVDをオーサリングする場合に使用するオプションも追加されています。完全エンコード済みのディスクイメージとしてプロジェクトを保存すれば、すべて解決です。ディスクイメージを使用すると、既にエンコード済みのイメージをブランクDVDにドラッグするだけで済むため、SuperDrive搭載システムに移動した後、短い時間で完成したプロジェクトをディスクに書き出すことができます。ディスクイメージはさらに、優れた読み取り専用アーカイブとしても利用できます。

これ以外にもiDVDのディスクイメージ作成機能を活用する方法があります。iDVDプロジェクトのマスターコピーを作るディスクイメージ作成機能(DVDへの書き出しやハードドライブへのバックアップが可能)には、もう1つの使い道があります。MacのDVD Playerを使えば、実際に書き出す前にDVDの内容をプレビューできます。ぜひ、この新機能を試してみてください。

情報源:アップル社のDiscussion Boardsディスクイメージで保存

greenApple Remote Desktopの廉価版を望む (2002/05/06)

Apple Network Assistant 3.5は優れたソフトウェアでした。しかし残念ながら、後継ソフトウェアであるApple Remote Desktopは日本で発売されていません。また米国でも、教育市場とビジネス市場向けの、中規模および大規模なソリューションしか販売されていません。($299の10クライアント版と$499の無制限版)

教育市場とビジネス市場に限定して販売するには、Apple Remote Desktopは惜しいソフトウェアです。廉価な2クライアント版を加え、SOHO市場やパーソナル市場向けにも販売してはどうでしょうか。$49〜$99程度に設定すれば、必ずや市場は広がるはずです。

SOHO市場やパーソナル市場向け廉価版なら、日本でも市場は存在します。ぜひ、2クライアント版の日本での発売をお願いします。

別案

管理機能を削減し、クライアントをMac OS Xのみにして1台に限ったものを、Mac OS Xの基本機能として取り込むというのも良いと思います。マルチユーザ機能の一環として、リモートログインを可能にする訳です。

関連するフィードバック:Aqua環境でのリモートログイン機能を望む

追記 (2002/09/02)

Apple Remote Desktop 1.1の日本語版の発売が開始されました。

yellowQuickTime 5:HTTPにネットワーク接続を設定できませんでした? (2002/04/22)

ルータやファイアウォールなどでUDPポートを塞いでいる場合、QuickTime設定コントロールパネルの「ストリーミング・トランスポート」画面で「自動設定」ボタンをクリックすると、次のメッセージが表示されます。(QuickTime 5.0.5日本語版)

『UDPトラフィックを受け取れなかったため、HTTPにネットワーク接続を設定できませんでした。』

このメッセージのあと、自動的に「HTTPを使用、ポートID:80」が選択されます。挙動から考えると、「HTTPにネットワーク接続を設定しました。」というメッセージのほうが理解できます。

英語版をインストールして確かめたところ、次のメッセージが表示されました。(QuickTime 5.0.5英語版)

The network connection has been set to HTTP since UDP traffic could not be received.

日本語版のメッセージの修正をお願いします。

自動設定のエラーメッセージ
QuickTime 5.0.5日本語版   QuickTime 5.0.5英語版
HTTPに設定できない   been set to HTTP

情報源:英語版メッセージについては、TADASHIさんに教えていただきました。ありがとうございます。

(考えてみれば、QuickTime英語版をインストールすれば、英語版のメッセージを簡単に確認できたんですね(^^;)

追記 (2002/09/24)

QuickTime 6日本語版で、「〜設定しました。」に修正されました。ありがとう。>アップル

yellowiDVD2:外付けSuperDriveに対応して欲しい (2002/02/10)

iDVD2は良くできたソフトですが、PowerMac G4とiMac TFTのSuperDrive内蔵モデルでしか利用できません。また、Mac OS XのDVD-ROM作成機能もSuperDrive内蔵モデルでしか利用できません。これらをFireWire接続の外付けSuperDriveにも対応させてください。

SuperDrive搭載機の販売促進にiDVD2を役立てたいのは理解できます。しかしノート型マックを購入する際は、SuperDrive搭載モデルを選べません。

すべての外付けSuperDriveに対応するのは困難かもしれません。しかしiTunesで行っているように、対応ドライブの一覧をWebに掲載する方法もあります。それらをAppleStoreで『iDVD2対応』と明記して販売すれば、AppleStoreの売り上げ向上にも役立つはずです。

一日も早い対応を希望しています。

yellowiMovie2:編集できるファイル形式を増やして欲しい (2002/01/14)

iMovieは大変よくできたソフトですが、DVストリーム形式の動画しか編集できません。QuickTime Playerが扱えるすべてのデータ形式、さらにMPEG1とMPEG2のデータを読み込んで編集できるようにしてください。

一般ユーザにとっての動画データの入手源は、すでにデジタルビデオカメラだけではなく、ビデオキャプチャ装置や動画撮影機能付きのデジタルスチルカメラなどに広がっています。これらの装置はMotion-JPEGやMPEG1、MPEG2などの、iMovieが扱えない形式でファイルを保存します。iMovieをデジタルハブ構想の中核に位置づけ続けるのであれば、早急にこれらの動画形式に対応させるべきです。

現在でも、QuickTime PlayerでDVストリーム形式へ変換すれば読み込めます。しかし、この方法では縦横比6:4の720x480ドットに変換されてしまい、縦横比4:3の一般の動画は画質が劣化します。読み込んだ画像のサイズとコーデックを変更せず、そのままQuickTime形式として扱う機能が必要です。つまり、QuickTime Playerの機能が必要です。

QuickTimeのProバージョンの役割を廃止することは要求しません。QuickTimeのProキーによってDVストリーム形式以外に対応する仕組みにすれば良いと考えます。

red品質管理を目的とした組織に再編すべき (2001/11/06)

1年前に、御社製品の品質低下について投稿しました。そのときは投稿しつつも、私が懸念することなど御社は当然のこととして承知していると考えていました。しかし、そうではなかったようです。情けない想いを抱きつつ、改めて投稿いたします。

このたびのiTunes 2.0 for Mac OS Xのインストーラのバグは、実に初歩的で、同時に非常に致命的です。このようなバグが発生しうることは当然予想すべきですし、御社は予防策を講ずるべきでした。(私のHDDの名称はMac OS XとMac OSであり、スペースが1つ少なければインストーラによってMac OS側を初期化されるところでした)

さらに、同ソフトのUnicodeの実装にも初歩的なバグが指摘されています。Unicodeのデータはリトルエンディアンであるのに、コード先頭のBOM(Byte Order Mark)ではビッグエンディアンを指定しているです。(iTunes 2.0.2で修正されました)

どちらも単純なバグであり、第三者による検査が行われていれば発見できたはずのものです。同ソフトが十分な動作テストも行われず、ソースコードやインストーラスクリプトに対する第三者の検査も行われていなかったことは明らかです。ことがiTunes 2ひとつであればともかく、Mac OS Xのバグのオンパレード、AirMac BaseStationの設計ミス、ACアダプタの回収など、品質管理ができない証拠には事欠きません。

製品を販売する以上、製品の開発と製造に関わるあらゆる段階で品質検査は不可欠です。しかし近年の御社はそれを怠り続け、その結果、低品質の製品を出荷するメーカーとして知れ渡り、御社の信用は地に落ちました。失った信用を取り戻すことは困難で時間がかかります。けれども御社が生き延びることを望むのであれば、品質管理を目的とした組織改革を進めるほかありません。

日本のアップル社だけではどうにもならない課題ですが、米国Apple社と共に品質管理の改善を進めることを、強く希望します。

iTunes 2.0の致命的インストーラ問題:iTunes 2.0 Installer Issue

iTunes 2.0のUnicode問題:Desire for wealth

greenデジタルハブ(2)D-VHSなどのFireWire機器に対応させよう (2001/06/11)

御社の提唱するデジタルハブ構想には、いまだ「言葉だけ」の感があります。

家電業界ではFireWire(IEEE1394)端子を備えたAV機器が次々と発売されています。たとえば、次の製品が発売されています。

しかし、マックが対応しているのはDVビデオカメラだけです。ほかの機器から映像を取り込むことも、マックで作った映像を録画することもできません。この状況を改善すれば、家電機器のなかでマックを活用するというソリューションが成立します。

DVビデオカメラ以外の機器は、まだ普及してはいません。しかし、普及してからではWindowsパソコンに先を越されます。ご検討をお願いします。

greenデジタルハブ(1)5.1chサラウンドにDVD Playerを対応させよう (2001/06/11)

御社の提唱するデジタルハブ構想には、いまだ「言葉だけ」の感があります。

DVDドライブ内蔵マックを発売していながら、Mac OS(Mac OS Xを含む)では5.1chサラウンド・システムを利用できません。5.1chサラウンドはDVDの売りのひとつです。それが御社の製品では利用できないのです。より良い音を楽しみたければ、DVDプレイヤーを使うか、さもなければWindowsパソコンを使うことになります。

Windowsパソコンの場合、5.1chサラウンドに適した光デジタル音声出力端子を備えている機種もありますが、USB対応の5.1chサラウンド機器を使うこともできます。後者の場合はOSではなく、DVD再生ソフトがUSB端子に対応しています。マックでもDVD再生ソフトを対応させることで、既存のUSB対応の5.1chサラウンド機器を使うことができるはずです。

そして、マックのDVD再生ソフトは御社の製品だけです。御社が対応しなければ、内蔵DVDドライブは本来の性能を発揮できません。

デジタルハブ構想の一層の推進を願います。

redQuickTime 5:iTunesに互換性がない (2001/06/3)

iTunes1.1日本語版で作成したMP3ファイルをQuickTime 5.01日本語版のQuickTime Playerで再生すると、日本語の曲名が文字化けします。早急に互換性を確立してください。

MP3ファイルのID3タグはISO Latin-1にしています。試しにASCIIに変換してみたところ、もっと文字化けが酷くなりました。OSはMac OS 9.1日本語版です。

後日談 (2001/11/6)

Mac OS X 10.1のQuickTime Playerで確認したところ、若干は改善されていました。文字化けさせる代わりに、ファイル名を表示します。しかし、これは誤魔化しです。根本的な解決を望みます。

Mac OS X 10.1での状況:QuickTime 5:ID3タグ解釈のローカライズ不備

yellowQuickTime 5:コントロールバーが余計なウインドウを作る (2001/06/3)

QuickTimeのコントロールバーにファイルをドロップすると、QuickTime Playerのウインドウが2つ開きます。ひとつはドロップしたファイルのウインドウ。もうひとつは「名称未設定1」です。

アプリケーションにドロップすると余計なウインドウは開きません。コントロールバーの仕様を修正してください。

redQuickTime 5:MPEGファイルの再生に障害 (2001/05/13)

QuickTime 5.01日本語版にて、一部のMPEGファイルの再生に障害があります。

特定のファイル(http://210.189.73.208/movie/images/3.mpg)をQuickTime Playerで開こうとしたところ、QuiciTime PlayerがMac OSと共にハングアップしました。同じファイルをWebブラウザで開こうとしても、QuickTime Plug-inを読み込むタイミングでハングアップします。(同サイトのMPEGファイルに共通してみられる現象です)

以前のQuickTime 4.12に戻すと正常に再生できます。

以上のことから、この障害はQuickTime 5の仕様によるものと思われます。解決をお願いします。

後日談

サポート担当氏より連絡がありました。原因の調査中です。

redQuickTime 5:MPEGムービーを編集できない (2001/05/13)

QuickTime 5.01日本語版をインストールしたところ、MPEG1形式のファイルをQuickTime Playerで編集できなくなりました。ただし、Sorenson Video形式は編集できます。以前のQuickTime 4.12に戻すと、どちらの形式のファイルも編集できます。また、Mac OS XのQuickTime PlayerでもMPEG1形式のファイルのみ編集できません。

以上のことから、この障害はQuickTime 5の仕様によるものと思われます。明らかな機能低下ですので早急な解決をお願いします。

後日談 Thanks!

QuickTime 5より仕様が変更されてMPEG1形式のファイルは編集できなくなったと、回答をいただきました。そういえばQuickTime 4でもMPEGファイルは上手く編集できないことがありました。けれど、機能をあっさり捨てるなんて。(呆)

また、QuickTime 5のProキーを発行しているページに機能削減の記述がないのは詐欺紛いの行為です。判っていれば、QuickTime 4 Proのままにすることを選択する人がいるはずです。Webページの記述を早急に修正するよう要望しました。

後日談2 (2001/8/6)

このページを読んでいただいた方から、次のメールをいただきました。抜粋して引用いたします。

海賊版VCDを作成するにはMpeg1をサポートしていれば充分ですから、映画業界がMpeg1オーサリング環境を目の敵にしているのだと思います。そこで異常に低価格なQuickTimeのMpeg1編集機能が目障りに見え始めたと言う事ではと、、、、。

初めは「なんでQucikTimeだけが? 日本製の各種MPEG1編集ソフト(ぜんぶWindows用)はお咎めなしか?」と疑問に思いました。しかし映画業界にMacを売り込みたいAppleの立場を考えると、彼らの機嫌を慮って自主規制している可能性を想像できます。(真相は如何に?)

rediTunes:MP3化にノイズが乗る (2001/01/28)

iTunesでMP3エンコードすると、プチプチという雑音が混ざります。そこで、次のテストを行いました。

  1. iTunesで、CDから MP3に変換。iTunesで再生。
  2. iTunesで、CDから AIFFに変換。iTunesで再生。
  3. QuickTime Playerで、CDから AIFFに変換。iTunesで再生。

    この結果、テスト1で雑音が多く、テスト2で少なく、テスト3で皆無になりました。

次に、QuickTime Playerで作ったAIFFファイルで別のテストをしました。

  1. iTunesで、AIFFから MP3に変換。iTunesで再生。
  2. こかこ〜だ(フリーソフト)で AIFFから MP3に変換。iTunesで再生。

    どちらでも雑音は入りませんでした。

これらのテストから、iTunesにはCDからのリッピング(AIFF化)に欠陥があり、雑音が入ると考えられます。リッピングをとばして直接にMP3エンコードを行うと、状況は更に悪くなります。

iTunesの、このバグは、リッピングをQucikTimeエンジンに任せることで解決できます。Appleの手持ちの技術なのですから、iTunes 1.01程度で簡単に解決できるはずです。このままでは欠陥ソフトですので、早急な解決をお願いします。

後日談1

アップル社より詳しい状況を求めるメールが来ました。でも、まだ解決してません。私の環境が原因?

後日談2 (2002/10/22)

IBM社のHDD、DJNAシリーズを使っていたのが原因でした。

情報源:アップル社のDiscussion BoardsiTuneでCDなどをリッピングするとノイズが入ってしまいます

rediTunes:文字化け対策ほか (2001/01/26)

iTunes日本語版をダウンロードしました。良いソフトなのですが、3つ、気になることがあります。

  1. ID3タグの扱い。

    ほかのソフトで作成したMP3ファイルのID3タグが文字化けします。これを変換する機能がiTunesにあるのですが、個別に変換する必要があります。ほかのソフトで再生するときは、また、逆変換が必要になります。

    これを解決するために、ID3タグのバイト列を調べ、コードをインテリジェントに判断する仕組みを搭載してください。どちらのコードであっても問題なく再生できれば、日本語版としても使いやすくなります。

  2. CDDBの扱い

    日本語で書いたCDトラック名の情報をCDDBに送信できてしまうのは、外国のユーザにとって迷惑です。送信できないようにする機能を付けてください。

  3. プレイリストの連続演奏

    プレイリストを複数登録した場合、それらを連続して再生する機能があると便利です。

以上の改良を、次期バージョンで行ってください。よろしくお願いします。

後日談1 (2001/11/08) Thanks!

若干の進展がありました。まず、CDDBそのものがUnicodeに対応しました。iTunes 2がUnicodeに対応したため、受け取るデータがUnicode形式であれば日本語も表示できます。ただし、Shift-JIS形式のデータであれば文字化けします。ID3タグについては、Unicode化が汎用性への一歩となりますが、ほかのソフトがUnicodeを採用していないので、あまり役立ちません。

後日談2 (2008/09/20) Thanks!

iTunes 7.7で、Shift-JIS形式のID3タグを文字化けせずに表示するようになりました。7年以上かかりましたが、ようやく解決です。なお、iTunes for Windowsは、2003年のリリース時点で既に同じ機能を持っていました。

情報源:Desire for wealthiTunes 8 で設定できなくなった項目に対応した Tune-up iTunes 8 をリリース

redTCP/IPコンパネのMACアドレス表示 (1999/11/18)

「TCP/IP」コントロールパネルの「情報」ボタンをクリックして「TCP/IP情報」を表示したとき、「ハードウェアアドレス」の欄に正しいMACアドレスが表示されません。ここの表示ではアドレスの右側が欠けてしまいます。正しいMACアドレスは「Apple システム・プロフィール」で表示されます。

おそらくは、Gnevaなどの細いシステムフォントを使う米国システム用にデザインされたため、Osakaフォントを使う日本では幅が足りないのでしょう。

Mac OS 8.5から最新の Mac OS 9に至るまで改善されていません。いつまでたっても解決されないので業を煮やしています。早急な対応を希望します。

後日談 Thanks!

アップルの担当氏より、AppleTalkコントロールパネルもしくはAppleシステム・プロフィールで確認するようにという回答をいただきました。…それじゃ解決になってないって。(SIGH)

けれども、この問題はMac OS 9.04か9.1で解決しました。

redMac OS 9でのUIの混乱 (1999/11/08)

Mac OS 9には、Sherlock2のほかにもUIの混乱があります。今回の売りである「マルチユーザ」機能と、「キーチェーン」機能です。

これまでの Mac OSでは、直感的なインタフェースによる使いやすさを最大の特長としてきました。ところが、これらの機能を使おうとしても、ヘルプを読みながら手探りで操作するほかありません。機能を作り上げたあと、間に合わせのインタフェースを取り付けたように見えます。

設定する箇所も複数に別れ、日本語のメニュー名も意味不明な翻訳です。元の英語も出来が悪い可能性がありますが。

次のマイナーバージョンアップでは関連するコントロールパネルを統廃合し、インタフェースを直感的なものに改善し、判りやすいメニュー名と説明文を備えたものにしてください。

redSherlock2はMacのUIガイドライン違反 (1999/11/08)

Sherlock2のインタフェースには問題があります。

今回からはQuickTimePlayer風のデザインになっていますが、PowerPC G3を使っても描画に時間がかかる有様です。旧Sherlockならば瞬時に描画されましたから、QuickTimePlayer風のデザインに問題があると思われます。

このデザインはほかのマックのユーザインタフェースガイドラインに合致せず、使用上、大変な違和感と使いにくさが存在します。他社のアプリケーションでこのようなものがあったら、私は購入しません。

今回はOSの一部ということで仕方なく購入しましたが、旧Sherlockと置き換える方法を探して新しいSherlock2は破棄するつもりです。ファイル検索をする度に、こんなに使いにくいアプリケーションを立ち上げられたのでは迷惑です。

Mac OSの次回マイナーバージョンアップでは、機能はそのまま、インタフェースだけを他のソフトと同じプラチナデザインにしたものに変更してください。

後日談

Mac OS Xが発表されたとき、ああこれかぁ、と思いました。(苦笑)


メニュー − (iPhone (1) (2) (3) (4) / MobileMe / iPod / .Mac / ハードウェア / ソフトウェア / サービス) top
文責:野尻隆裕 (Twitter @TakaNojiri)